グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
仲井 雪絵(NAKAI Yukie)
所属・職名
短期大学部歯科衛生学科 教授
部屋番号
短期大学部教育棟617号室
Eメールアドレス
nakai(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://oshika.u-shizuoka-ken.ac.jp/

学歴

1992年3月 岡山大学歯学部歯学科卒業
1996年3月 岡山大学大学院歯学研究科修了


学位

博士(歯学)(岡山大学・1996年)


専門分野

小児歯科学
社会歯科学
行動科学


担当科目

口腔発達学、口腔衛生学Ⅰ、口腔衛生学Ⅱ、臨床歯科医学序論、小児歯科学、齲蝕予防処置実習、歯周疾患予防処置実習Ⅰ、歯周疾患予防処置実習Ⅱ、臨床歯科診査法、地域歯科保健実習、学校歯科保健実習、障がい者歯科保健介護実習、歯科診療補助・支援実習Ⅰ、歯科診療補助・支援実習Ⅱ、歯科材料学実習、救急処置法、口腔介護予防・リハビリテーション法、臨地実習Ⅰ、臨地実習Ⅱ、臨地実習Ⅲ


主要研究テーマ

・妊娠期からのキシリトール摂取がミュータンス菌の母子伝播および齲蝕発症に及ぼす影響
・齲蝕予防の食基盤型戦略について
・小児期における歯科恐怖に関する研究
・小児歯科におけるペインコントロール


所属学会

日本小児歯科学会(専門医・指導医)
米国小児歯科学会(AAPD)
国際歯科研究学会(IADR)
日本歯科医学教育学会
日本障害者歯科学会
日本外傷歯学会(歯科衛生士認定担当理事)
日本小児保健協会
日本歯科衛生士教育学会


主な経歴

1996年4月 岡山大学歯学部助手
1997年7月~2000年5月 ワシントン大学歯学部Visiting assistant professor
2000年6月 岡山大学歯学部助手
2001年4月 岡山大学大学院医歯学総合研究科(行動小児歯科学分野)助手
2005年4月 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(行動小児歯科学分野)助手
2007年4月 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(行動小児歯科学分野)助教
2016年4月 静岡県立大学短期大学部 歯科衛生学科教授


受賞歴

1992年 黒正賞 (岡山大学歯学部 首席卒業)
2005年 トゥルク大学International Institute of Preventive Dentistry Diploma
2008年 日本小児歯科学会 優秀発表賞


主な社会活動

・2000年11月 日本小児歯科学会認定医
・2006年 9月 日本小児歯科学会認定 小児歯科専門医
・2008年 3月 日本小児歯科学会認定 小児歯科専門医・指導医
・2011年 4月 岡山県歯科保健計画策定作業部会委員(1年間)
・日本小児歯科学会中部地方会幹事
・岡山大学歯学部同窓会東海地区支部 理事
・静岡県歯科医師会 オーラルフレイル対策推進事業準備委員会 委員
・日本外傷歯学会 歯科衛生士認定担当理事
・岡山大学歯学部小児歯科学講座同門会 顧問


主要研究業績

【学術論文】
・Antenatal health care and postnatal dental check-ups prevent early childhood caries. Tohoku Journal of Experimental Medicine 240 (4): 303-308, 2016.
・Cross-cultural validity of a dietary questionnaire for studies of dental caries risk in Japanese. BMC Oral Health, 2014, 14:1.
・Effectiveness of a simulated patient training programme based on trainee response accuracy and appropriateness of feedback. European Journal of Dental Education, 18(4), 241-251, 2014.
・Clinical evidence for polypl efficacy. Advances in Dental Research, 24(2), 112-116, 2012.
・Xylitol carryover effects on salivary mutans streptococci after 13 Months of chewing xylitol gum. Caries Research, 46(6):519-522, 2012.
・Xylitol gum and maternal transmission of mutans streptococci. Journal of Dental Research, 89(1):56-60, 2010.
・根未完成永久中切歯の外傷性嵌入を牽引整復した1例―3年間の経過観察と文献的考察―. 小児歯科学雑誌, 48(4), 526-531, 2010.
・模擬患者を活用した歯科シミュレーション教育のための教育資源データベースの開発. 日本歯科医学教育学会雑誌, 26(3), 27-32, 2010.
・Reliability and cross-cultural validity of a Japanese version of the Dental Fear Survey. BMC Oral Health, 2009, 9:17.
・露髄をともなう外傷性歯冠破折に応用した部分的生活歯髄切断法の1例―5年間の経過観察―. 小児歯科学雑誌, 47(1), 125-130, 2009.
・大学病院小児歯科の初診患児における歯科恐怖の実態―3歳児から8歳児について―. 小児歯科学雑誌, 46(5), 602-608, 2008.
・齲蝕予防管理の長期継続は歯科恐怖も予防する?. 小児歯科学雑誌, 46(1), 13-18, 2008.
・妊婦における齲蝕原性細菌数と喫煙および食事に関する実態調査. 小児歯科学雑誌, 45(5), 584-592, 2007.
・Influence of maternal xylitol consumption on mother-child transmission of cariogenic bacteria during and after pregnancy. Finnish Dental Journal, Supplement 1:12-17, 2006.
・Relatioship between caries risk and presence of cariogenic bacteria among Japanese pregnant women. Pediatric Dental Journal, 15(2), 203-206, 2005.
・Risk behaviors and their association with presence of S. mutans or S. sobrinus and caries activity in 18-month-old Japanese children. Pediatric Dental Journal, 15(2), 195-202, 2005.
・Evaluation of the Total Design Method in a survey of Japanese dentists. BMC Medical Research Methodology 2005, 5:27.
・The child dental control assessment (CDCA) in youth: reliability, validity and cross-cultural differences. European Journal of Paediatric Dentistry, 6(1), 35-43, 2005.
・Children’s Fear Survey Schedule-Dental Subscale in Japan. Community Dentistry and Oral Epidemiology, 33(3), 196-204, 2005.
・Oral manifestations of cyclic neutropenia in a Japanese child: case report with a five-year follow-up. Pediatric Dentistry, 25(4), 383-388, 2003.
・完全埋伏乳歯開窓牽引後の後継永久歯の経過. 小児歯科学雑誌, 40(5), 858-862, 2002.
・歯内歯が原因となった外歯瘻の一例. 小児歯科学雑誌, 40(1), 166-170, 2002.
・隣接面う蝕の評価法の検討 第二報 う蝕活動性と細菌学的所見の関係. 小児歯科学雑誌, 39(3), 526-531, 2001.
・隣接面う蝕の評価法の検討 第一報 う蝕現症と細菌学的、形態学的および行動科学的因子との関係. 小児歯科学雑誌, 39(3), 516-525, 2001.
・Equivalence between massive versus standard varnish fluoride varnish treatments in high caries chilldren aged 3-5 years, European Journal of Paediatric Dentistry, 2(2), 91-96, 2001.
・産婦および母親の口腔内状態が子供に及ぼす影響について. 小児歯科学雑誌, 39(1), 20-26, 2001.
・Effectiveness of local anesthesia in pediatric dental practice. Journal of the American Dental Association, 131(12), 1699-1705, 2000.
・The association of dental anxiety and dental health in Japanese children. Pediatric Dental Journal, 9(1), 19-23, 1999.
・Taking bitewing radiographs in preschoolers using behavior management techniques. Journal of Dentistry for Children, 66(5), 320-324, 1999.
・放射温度計の歯科臨床応用の検討-サーモグラフとの比較-.小児歯科学雑誌, 37(3), 453-458, 1999.
・乳幼児における齲蝕活性と齲蝕罹患状況の追跡調査. 小児歯科学雑誌, 35(3), 415-421, 1997.
・歯科におけるストレス反応に関する研究-成人と小児の鼻部皮膚表面温度変化の相違について-. 小児歯科学雑誌, 34(5), 1107-1112, 1996.
・Behavioral science on dental fear in pediatric dentistry: Relationship between behavior and the nasal skin temperature. Pediatric Dental Journal, 6(1), 39-55, 1996.
【著書】
・行動科学. 平成28年度 歯科衛生士専任教員講習会I テキストp.65-68, 全国歯科衛生士教育協議会発行, 2016.
・歯科衛生学教育における医療教育ルーブリック評価の導入可能性. 新しい医学教育の流れ 16(3): 195-197. 岐阜大学医学教育開発センター 編集・発行, 2016.
・ラクに楽しく成果が出せるキシリトールの理論と実践「マイナス1歳」からはじめるむし歯予防. 出版:(株)オーラルケア. 東京. 2011.
・マイナス1歳からはじめるむし歯予防 ~ママになる前からできること~. 出版:(株)オーラルケア. 東京. 2012.
・隣接医学シリーズ「妊産婦の歯科治療」. 出版:デンタルダイヤモンド社. 東京, p.153-156, 2012.
・特集「マタニティ歯科」を学ぼう!妊娠期の患者さんへの歯科治療・歯科支援. デンタルハイジーン, 32(5), 479-494, 2012.
・仲井雪絵先生 特別講演会「マイナス1歳からはじめるむし歯予防」の実践《DVD》. 出版:(株)オーラルケア. 東京. 2012.
・根未完成歯の外傷による嵌入. デンタルダイヤモンド, 東京, 36(2), 88-89, 2011.
・チェアーサイド歯科英語. 吉備人出版. 岡山, p36-42. 2010.
・咀嚼~科学で解明する噛む健康法~《DVD》. 監修:日本歯科医師会, 製作:千代田ラフト, 企画・制作:日本チューイングガム協会. 2010.
・ミュータンス連鎖球菌の母子伝播に対するキシリトールの予防効果 ~4論文の比較と吟味~《DVD》. 出版:(株)オーラルケア. 東京. 2010.
・特集:口腔と機能性食品 う蝕予防 抗菌性食品 ―キシリトールによるう蝕原性細菌の母子伝播予防効果. 「Functional Food ―機能性食品の基礎から臨床へ―」. 4(2) (通巻12号), 120-123, フジメディカル出版, 東京, 2010.
・イオン飲料と歯科保健~運動量が増える時期の6歳臼歯~. 6歳臼歯のむし歯予防ガイドライン~食育との連携をめざして~. 岡山県保健福祉部健康対策課母子・歯科保健班 作成, p.74-76, 2008.
・新たなむし歯予防への取り組み~キシリトールを利用したむし歯予防~. 6歳臼歯のむし歯予防ガイドライン~食育との連携をめざして~. 岡山県保健福祉部健康対策課母子・歯科保健班 作成, p.44-54, 2008.
・【特別企画】う蝕予防~現在のう蝕の捉え方から探る・う蝕予防法を考える~. 歯科衛生士, 29(10), 23-32, 2005.
・トピックス4:親の喫煙は子どものむし歯に影響する?. 妊婦の歯科治療とカウンセリング. 東京臨床出版. 東京, p.253. 2004.
・妊娠期からのう蝕予防:う蝕原性菌の母子感染予防. 妊婦の歯科治療とカウンセリング. 東京臨床出版. 東京, p.147-150. 2004.
・ワシントン大学の歯学教育-私の留学体験記-. 歯界展望. 94(2), p.406-413, 医歯薬出版, 東京, 1999


教育・研究に対する考え方

教育:教育は未来への投資。日本が世界一の口腔健康国になるために貢献できる人材を一人でも多く育成することが役目と心得る。
研究:臨床現場の視点を忘れず、「理論」と「実践」を意識した臨床研究を行っている。


モバイル表示

PC表示