グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
木村 純子(KIMURA Junko)
所属・職名
薬学研究院(医薬生命化学教室) 特任助教
薬学部薬学科(医薬生命化学分野) 特任助教(兼務)
電話番号
054-264-5700
部屋番号
薬学部棟6416号室
Eメールアドレス
jkimura(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/radiobio/mbc/Home.html

学歴

1998年3月 東海大学開発工学部生物工学科卒業
2000年3月 静岡県立大学生活健康科学研究科修士課程食品栄養科学専攻修了


学位

博士(薬学)(静岡県立大学・2015年)


専門分野

分子生物学


担当科目

 


主要研究テーマ

・柑橘類果皮成分ノビレチンの抗アルツハイマー病作用機構に関する研究
・脳機能改善作用を有する新たな天然物由来成分の研究
・健康長寿社会の実現を可能にする機能性食品の開発研究


所属学会

日本薬学会
日本分子生物学会
応用薬理研究会


主な経歴

2000年 4月 国立遺伝学研究所発生遺伝研究部門 研究生
2000年 8月 国立がんセンター研究所疾病ゲノムセンター 研究補助員
2005年 4月 株式会社アンクス(筑波大学創薬ベンチャー) 開発研究員
2008年 4月 静岡大学遺伝子実験施設 教務員
2008年12月 静岡県立大学薬学部 研究補助員
2014年 4月 静岡県立大学薬学部 客員共同研究員
2016年 5月 静岡県立大学薬学部 特任助教


主な社会活動

 


主要研究業績

○原著論文:
1. Takito J., Kimura J., Kajima K., Uozumi N., Watanabe M., Yokosuka A., Mimaki Y., Nakamura M., Ohizumi Y. Nerve growth factor enhances the CRE-dependent transcriptional activity activated by nobiletin in PC-12 cells. Can. J. Physiol. Pharmacol. 94(7):728-733 (2016)
2. Kimura J., Shimizu K., Takito J., Nemoto K., Degawa M., Yokosuka A., Mimaki Y., Oku N., Ohizumi Y. Upregulatory effects of nobiletin, a citrus flavonoid with anti-dementia activity, on the gene expression of mAChR, ChAT, and CBP. Planta. Med. Lett. 2(1):e12-e14 (2015)
3. Kimura J., Nemoto K., Degawa M., Yokosuka A., Mimaki Y., Shimizu K., Oku N., Ohizumi Y. Upregulation of N-methyl-D-aspartate receptor subunits and c-Fos expressing genes in PC12D cells by nobiletin. Biol. Pharm. Bull. 37(9):1555-1558 (2014)
4. Fujiwara H., Kimura J., Sakamoto M., Yokosuka A., Mimaki Y., Murata K., Yamaguchi K., Ohizumi Y. Nobiletin, a flavone from Citrus depressa, induces gene expression and increases protein level and activity of neprilysin in SK-N-SH cells. Can. J. Physiol. Pharmacol. 92(5):351-355 (2014)
5. Nemoto K., Ikeda A., Yoshida C., Kimura J., Mori J., Fujiwara H., Yokosuka A., Mimaki Y., Ohizumi Y., Degawa M. Characteristics of nobiletin-mediated alteration of gene expression in cultured cell lines. Biochem. Biophys. Res. Commun. 431(3):530-534 (2013)
6. Kimura J., Nemoto K., Yokosuka A., Mimaki Y., Degawa M., Ohizumi Y. 6-demethoxynobiletin, a nobiletin-analog citrus flavonoid, enhances extracellular signal-regulated kinase phosphorylation in PC12D cells. Biol. Pharm. Bull. 36(10):1646-1649 (2013)
7. Kimura J., Nemoto K., Onoue S., Yamakuni T., Yokosuka A., Mimaki Y., Yamada S., Degawa M., Ohizumi, Y. Inhibitory effects of citrus polymethoxyflavones, nobiletin and its analogues, on acetylcholinesterase activity. Pharmacometrics 81:23-26 (2011)
8. Hamada J., Kimura J., Ishida J., Kohda T., Morishita S., Ichihara S., Fukamizu A. Evaluation of novel cyclic analogues of apelin. Int. J. Mol. Med. 22(4):547-552 (2008)
9. Morikawa S., Sakiyama T., Hasegawa H., Saijo M, Maeda A., Kurane I., Maeno G., Kimura J., Hirama C., Yoshida T., Asahi-Ozaki Y., Sata T., Kurata T., Kojima A. An attenuated LC16m8 smallpox vaccine: analysis of full-genome sequence and induction of immune protection. J. Virol. 79(18):11873-11891 (2005)
10. Sakiyama T., Kohno T, Mimaki S., Ohta T., Yanagitani N., Sobue T., Kunitoh H., Saito R., Shimizu K., Hirama C., Kimura J., Maeno G., Hirose H., Eguchi T., Saito D., Ohki M., Yokota J. Association of amino acid substitution polymorphisms in DNA repair genes TP53, POLI, REV1 and LIG4 with lung cancer risk. Int. J. Cancer 114(5):730-737 (2005)

○著書
大泉 康、木村純子: 柑橘類成分ノビレチンの抗認知症機能性食品開発研究に必要な薬理学的エビデンス、脳機能改善食品素材の開発と応用、シーエムシー出版、p.141-152 (2016)


教育・研究に対する考え方

教育:自ら考え、大いに悩み、そして広い視野で学問に取り組むことのできる貴重な時間がさらに有意義であるよう、導き、支えたいと思います。
研究:生命とは何か?という単純かつ複雑な題に対し、疑問や興味を感じた初心を忘れることなく、試み、熟考し、答えを探求していきたいと考えています。


モバイル表示

PC表示