グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
菱木 麻美(HISHIKI Asami)
所属・職名
薬学部薬科学科(生命物理化学分野) 助教
薬学研究院(生命物理化学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5640
部屋番号
薬学部棟6215号室
Eメールアドレス
ahishiki(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/bukka/

学歴

2004年3月 立教大学理学部化学科卒業
2009年3月 横浜市立大学大学院国際総合科学研究科博士後期課程修了


学位

博士(理学)(横浜市立大学・2009年)


専門分野

構造生物学、タンパク質結晶学


担当科目

基礎・医用工学実習、物理系薬学実習、科学演習II、薬品物理化学特論、自然科学概論


主要研究テーマ

・DNA損傷トレランスに関わるタンパク質の構造生物学
・疾患関連タンパク質の構造生物学と創薬基盤研究


所属学会

日本薬学会
日本結晶学会


主な経歴

2009年4月 横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科 博士研究員
2012年4月 横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科 特任助教
2014年7月 米国サンフォードバーナム医学研究所(現 サンフォードバーナムプレビーズ医学研究所)博士研究員
2016年5月 静岡県立大学薬学部 助教


受賞歴

2007年 日本結晶学会平成19年(2007年)度年会ポスター賞


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
1) Yanagi T, Tachikawa K, Wilkie-Grantham R, Hishiki A, Nagai K, Toyonaga E, Chivukula P, Matsuzawa SI. Lipid nanoparticle-mediated siRNA transfer against PCTAIRE1/PCTK1/Cdk16 inhibits in vivo cancer growth. Mol Ther Nucleic Acids. (2016) vol. 5 (6), e327
2) Godoi PH, Wilkie-Grantham RP, Hishiki A, Sano R, Matsuzawa Y, Yanagi H, Munte CE, Chen Y, Yao Y, Marassi FM, Kalbitzer HR, Matsuzawa SI, Reed JC. Orphan Nuclear Receptor NR4A1 binds a novel protein interaction site on anti-apoptotic B-cell lymphoma gene-2 family proteins. J Biol Chem (2016) vol. 291 (27) pp.14072-14084
3) Ikegaya Y, Hara K, Hishiki A, Yokoyama H, Hashimoto H. Crystallographic study of a novel DNA-binding domain of human HLTF involved in the template-switching pathway to avoid the replication arrest caused by DNA damage. Acta Crystallogr F Struct Biol Commun (2015) vol. 71 (Pt 6) pp. 668-670
4) Hishiki A, Hara K, Ikegaya Y, Yokoyama H, Shimizu T, Sato M, Hashimoto H. Structure of a Novel DNA-binding Domain of Helicase-like Transcription Factor (HLTF) and Its Functional Implication in DNA Damage Tolerance. J Biol Chem (2015) vol. 290 (21) pp. 13215-13223
5) Inoue A, Kikuchi S, Hishiki A, Shao Y, Heath R, Evison BJ, Actis M, Canman CE, Hashimoto H, Fujii N. A small molecule inhibitor of monoubiquitinated Proliferating Cell Nuclear Antigen (PCNA) inhibits repair of interstrand DNA cross-link, enhances DNA double strand break, and sensitizes cancer cells to cisplatin. J Biol Chem (2014) vol. 289 (10) pp. 7109-7120
6) Masuda Y, Suzuki M, Kawai H, Hishiki A, Hashimoto H, Masutani C, Hishida T, Suzuki F, Kamiya K. En bloc transfer of polyubiquitin chains to PCNA in vitro is mediated by two different human E2-E3 pairs. Nucleic Acids Res (2012) vol. 40 (20) pp. 10394-10407
7) Punchihewa C, Inoue A, Hishiki A, Fujikawa Y, Connelly M, Evison B, Shao Y, Heath R, Kuraoka I, Rodrigues P, Hashimoto H, Kawanishi M, Sato M, Yagi T, Fujii N. Identification of small molecule proliferating cell nuclear antigen (PCNA) inhibitor that disrupts interactions with PIP-box proteins and inhibits DNA replication. J Biol Chem (2012) vol. 287 (17) pp. 14289-14300
8) Iwamoto M, Hishiki A, Shimada T, Imasaki T, Tsuda J, Kita K, Shimizu T, Sato M, Hashimoto H. Crystallization and X-ray diffraction studies of DNA-free and DNA-bound forms of EcoO109I DNA methyltransferase. Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun (2010) vol. 66 (Pt 11) pp. 1528-1530
9) Hashimoto H, Hara K#, Hishiki A# (# equally contribution), Kawaguchi S, Shichijo N, Nakamura K, Unzai S, Tamaru Y, Shimizu T, Sato M. Crystal structure of zinc-finger domain of Nanos and its functional implications. EMBO Rep (2010) vol. 11 (11) pp. 848-853
10) Hishiki A, Hashimoto H, Hanafusa T, Kamei K, Ohashi E, Shimizu T, Ohmori H, Sato M. Structural basis for novel interactions between human translesion synthesis polymerases and proliferating cell nuclear antigen. J Biol Chem (2009) vol. 284 (16) pp. 10552-10560
11) Hishiki A, Shimizu T, Hanafusa T, Ohmori H, Sato M, Hashimoto H. Initial crystallographic study of human PCNA in complex with a peptide containing the noncanonical PIP-box sequence of human DNA polymerase iota. Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun (2008) vol. 64 (Pt 10) pp. 954-956
12) Hishiki A, Shimizu T, Serizawa A, Ohmori H, Sato M, Hashimoto H. Crystallographic study of G178S mutant of human proliferating cell nuclear antigen. Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun (2008) vol. 64 (Pt 9) pp. 819-821

○総説
1) 橋本 博、菱木 麻美、原 幸大、菊池 壮太郎 DNAに傷があっても複製を続けるための分子メカニズム 生物物理 (2017) vol.57 (1) pp.015-019
2) 菱木 麻美、橋本 博 損傷乗り越え型DNAポリメラーゼとPCNAの相互作用、日本結晶学会誌 (2009) vol. 51 (5) pp.286-291
3) 菱木 麻美 FesのSH2ドメインによる新規キナーゼ活性化メカニズム、ファルマシア (2009) vol. 45 (7) pp.714-715


教育・研究に対する考え方

教育:多くの学生にとって最後の教育機関である大学・大学院での生活をより充実したものにしてもらえるよう、学生一人一人に寄り添った教育を心がけていきたい。
研究:技術や手法を幅広く取り入れ、疾患関連タンパク質の立体構造の解明から、創薬につながる研究をしていきたい。


モバイル表示

PC表示