グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
篁 宗一(TAKAMURA Soichi)
所属・職名
看護学部看護学科(精神看護学) 教授
看護学研究科(精神看護学) 教授(兼務)
Eメールアドレス
takamura@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1997年3月 東京医科歯科大学医学部保健衛生学科卒業
2003年3月 東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
2009年9月 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了

学位

保健学博士(東京大学・2009年)

専門分野

精神保健学、精神看護学

担当科目

【学部】人間関係論、生涯発達心理入門、対象の理解Ⅳ、精神看護学、精神看護学演習、精神看護学実習、卒業研究、発展看護実習、看護統合セミナーⅡ
【研究科】精神看護学特論Ⅰ、精神看護学特論Ⅱ、精神看護学特論Ⅲ、精神看護学演習Ⅰ、精神看護学演習Ⅱ、精神看護学演習Ⅲ、精神看護学応用実習Ⅰ、精神看護学応用実習Ⅱ、精神看護学応用実習Ⅲ、精神看護学特別研究、コンサルテーション論

主要研究テーマ

  • 思春期青年期のメンタルへルスに関する研究
  • 地域精神保健に関する研究
  • 学校メンタルへルスリテラシー教育に関する研究

所属学会

日本学校メンタルへルス学会
日本公衆衛生学会
日本看護研究学会
日本精神保健看護学会
日本精神科看護協会

主な経歴

1995年7月 東京都教職員互助会三楽病院 看護師
1997年4月 日本大学医学部付属練馬光が丘病院 看護師
1998年4月 東京都北区役所 保健師
2003年4月 鳥取大学 医学部保健学科 助手
2005年4月 同大学 講師
2008年10月 東京医療保健大学 医療保健学部 講師
2010年4月 聖隷クリストファー大学 看護学部 准教授
2014年4月 同大学教授
2016年4月 静岡県立大学 教授(精神看護学)

主な社会活動

日本学校メンタルへルス学会理事、評議員
静岡市認知症対策協議会会長
静岡市自殺対策連絡協議会会長
特定非営利法人風の会理事

主要研究業績

○学術論文
  • Soichi Takamura, Iwao Oshima, Koji Yoshida, Takuro Motonaga. Factors Related to Attitudes toward Seeking Professional Psychological Help among Japanese Junior High and High School Students. Yonago Acta medica 51, 39-47, 2008
  • Rieko Koichi, Yuki Miyamoto, Miki Akiyama, Soichi Takamura. Awareness of early warning signs and help-seeking behaviours among patients with schizophrenia who utilize social rehabilitation facilities in Japan. Journal of psychiatric and Mental Health Nursing16 (8), 694 -702, 2009
  • Miyamoto Y, Koichi R, Akiyama M, Takamura S. Social Support and Health-Related Quality of Life among Mental Health Service Users in Japan. SOJ Psychol1(4),1-8, 2014
  • 篁宗一、清水隆裕、猫田泰敏. 一主要新聞紙朝刊のテレビ番組表からみた自殺・メンタルヘルス関連の報道の実態. 日本公衆衛生雑誌62(2),73-81,2015
  • Miyamoto Y, Koichi R, Akiyama M, Takamura S. Mental health and social service needs for mental health service users in Japan: a cross sectional survey of client and staff perceived needs. Int J Ment Health Syst 10, 9-19, 2015

○Conference presentations
  • Sochi Takamura. Developing the mental health education program to improve mental health literacy in adolescents. 6th World Conference on the Promotion of Mental Health and Prevention of Mental and Behavioral Disorders. Washington, D.C. USA, November 2010.
  • Sochi Takamura. A Study on Factors of Suicide by Children and Adolescents. Sigma Theta Tau International, World Academy of Nursing Science. Cancun, Mexico, August 2011
  • Sochi Takamura. Factors related to distress and stress coping in junior high school students. 15th World Congress of Psychiatry. Buenos Aires, Argentina, November 2011
  • Takamura, S, Takahiro, S. The Development and Evaluation of Mental Health Education in University School Students in Japan. World Psychiatric Association International Congress. Wien, Austria, October 2013
  • 学校現場へのメンタルヘスリテラシー(MHL)教育プログム導入に向けて 学校現場へのメンタルヘスリテラシー(MHL)教育プログム導入に向けて ~効果的な立ち上げ方 ,進め方~日本精神保健看護学会 2016
  • Actual survey of the mental health status of kindergartner staff、 Soichi Takamura、 Miho Kondo、Yasutoshi Nekoda、WPA XVll WORD CONGRESS OF PSYCHIATRY BERLIN 2017. 
  • Actual survey of the mental health status of kindergartner parents、Soichi Takamura、MIho Kondo、EAFONS 21th East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing Conferences 2018
  • The development and evaluation of high school students’ mental health literacy education programs、Soichi Takamura and Yasutoshi Nekoda、TNMC & WANS International Nursing Research Conference Bangkok, Thailand, 2017

○著書
  • 篁宗一. 第5章大学生のメンタルヘルスの危機-仲間づくりの失敗. 1大学生のメンタルヘルスの現状と環境の変化, 2心の病の実態と早期介入の意義. 高校生・大学生のメンタルヘルス対策 学校と家庭でできること. 青弓社, 2013
  • 篁宗一他. 効果的な学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラム立ち上げ方、進め方ツールキット、コンボ2015
  • 篁宗一 他. 燦々の太陽を求めて. 公益財団法人全国高等学校定時制通信制教育振興会, 2015
  • 篁宗一. 生活保護について. これで大丈夫!精神科訪問看護はじめてBOOK.第1版4刷. 精神看護出版, 2015
  • 篁宗一、精神科看護の特徴.ひきこもり状態.ナースの精神医学.改訂4版. ナースの精神医学.改訂4版. 中外医学社, 2015
  • 篁宗一、秋山剛. 心の健康に関連する普及啓発.精神看護学Ⅰ精神保健学第6版. 239-245. ヌーヴェルヒロカワ, 2015
  • 「学校メンタルヘルスハンドブック」学校メンタルヘルスをめぐるその他の問題-メンタルヘルスリテラシー教育、篁宗一、日本学校メンタルヘルス学会 (大修館書店)、303-308、2017

○学会
  • 篁宗一. 学校メンタルへルスリテラシー教育プログラム・ツールキットの開発.分科会「学校現場の心理教育」日本心理教育・家族教室ネットワーク第19回研究集会. 2016年3月

教育・研究に対する考え方

教育:失敗やつらい経験程、自分を成長させてくれる機会はない。
研究:継続は力なり。

モバイル表示

PC表示