グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
杉山 眞澄(SUGIYAMA Masumi)
出生年月
1957年9月
所属・職名
看護学部看護学科(公衆衛生看護学) 准教授
看護学研究科(地域看護学) 准教授(兼務)
電話番号
054-202-2664
Eメールアドレス
m.sugiyama@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2011年3月 静岡県立大学大学院修士課程看護学研究科修了

学位

看護学修士(静岡県立大学・2011年)

専門分野

公衆衛生看護学

担当科目

公衆衛生看護学概論、地区活動論、公衆衛生看護活動論Ⅰ・Ⅱ、公衆衛生看護管理論、公衆衛生看護学演習、公衆衛生基礎実習Ⅰ、公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ、発展看護実習、卒業研究

主要研究テーマ

  • 保健師現任教育
  • こども虐待予防
  • 地域住民の生活習慣病に関わる保健行動

所属学会

日本公衆衛生学会
東海公衆衛生学会
日本地域看護学会
日本思春期学会
日本公衆衛生看護学会

主な経歴

1979年4月 静岡県富士宮保健所 技師
2005年4月 静岡県総合健康センター 研究主幹
2011年4月 静岡県賀茂健康福祉センター健康増進課長
2014年4月 静岡県立東部看護専門学校 副校長
2016年4月 静岡県立大学看護学部 准教授

受賞歴

2009年 日本看護協会長表彰

主な社会活動

静岡県看護協会広報委員

主要研究業績

○論文
  • 児童養護施設における児童間の性暴力発生についての検討,静岡県立大学大学院看護学研究科 修士論文,2010.
  • ソーシャルサポートを強化したグループ参加による減量プログラムの有効性,日本公衛誌,55(5),327-340,2008
  • 地域在住高齢者の介護認定の有無に関する要因の検討,厚生労働科学研究費補助金報告書,2009
  • Physical Activity and Mortality Risk in the Japanese Elderly A Cohort Study, American Journal of Preventive Medicine,38(4),410-418,2010
  • 市町の母子保健事業に関する住民からのクレーム(苦情)の実態と保健師の受け止め,68(5),424-432,2012

教育・研究に対する考え方

公衆衛生活動の中での健康生活につながる課題を調査研究で明らかにしていくこと。また、公衆衛生分野で活動する看護職を育て、現場の保健師と共に実践知の蓄積とそれを伝えることを大切にしていきたい。

モバイル表示

PC表示