グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
安田 真美(YASUDA Mami)
所属・職名
看護学部看護学科(老年看護学) 准教授
看護学研究科(成人・老人看護学) 准教授(兼務)
Eメールアドレス
mami-y(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1998年3月 東海大学大学院医学系研究科医科学専攻修了
2017年3月 名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻修了


学位

医科学修士(東海大学・1998年)
看護学博士(名古屋大学・2017年)


専門分野

老年看護学


担当科目

【看護学部】基礎セミナー、対象の理解Ⅱ、老年看護学、老年看護学演習、老年看護学実習Ⅰ、老年看護学実習Ⅱ、発展看護実習、最新看護の動向、卒業研究
【看護学研究科】成人・老人看護学演習Ⅰ、成人・老人看護学応用実習Ⅰ


主要研究テーマ

・認知症高齢者に関する看護
・認知症介護職員研修の効果検証に関する研究
・高齢者施設における看護と介護の協働


所属学会

日本老年看護学会
日本看護科学学会
日本看護研究学会
日本老年社会科学学会
日本認知症ケア学会
日本保健医療学会


主な経歴

1990年4月 聖路加国際病院看護師
1999年4月 医療法人社団翠会地域医療部主任保健師(認知症疾患医療センター・介護老人保健施設、訪問看護ステーション)
2009年4月 三重県立看護大学 准教授
2014年4月 フロンティアの介護 看護師
2016年4月 静岡県立大学看護学部 准教授 現在に至る


主要研究業績

○学術論文
・One-Year Follow-up Study of Elderly Group-Home Residents With Dementia. American Journal of Alzheimer’s Disease & Other Dementias,Alzheimer's Disease & Other Dementias,2008;24(4):334-343.
・認知症高齢者に対する転倒予防を目的とした多因子介入研究の動向と看護研究の課題,看護研究.42(4).261-271,2010.
・Care staff training based on person-centered care and dementia care mapping, and its effects on the quality of life of nursing home residents with dementia.Journal of Aging and Mental Health,(IN Press 2016年)

○著書
・介護マニュアルやさしく学ぶ介護予防、NPO法人 全人教育研究所、7~18頁.2013.


教育・研究に対する考え方

高齢者が望む生活を実現するための理論と技術をともに学びたいと考えています。


モバイル表示

PC表示