グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:望月 智貴

氏名
望月 智貴(MOCHIZUKI Tomoki)
出生年月
1986年12月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命化学科(植物環境研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5739
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12608号室
Eメールアドレス
t-mochizuki(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/plantenv/index.html
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/665.pdf

学歴

2009年3月 東海大学教養学部人間環境学科卒業
2011年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科環境物質科学専攻博士前期課程修了
2014年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科環境物質科学専攻博士後期課程修了


学位

博士(環境科学)(静岡県立大学・2014年)


専門分野

大気環境科学、森林圏科学


担当科目

環境生命科学実験Ⅱ(分担)、環境生命科学実験Ⅳ(分担)、環境生命科学英語Ⅰ(分担)、植物環境学(分担)、化学実験(分担)


主要研究テーマ

・気候変動が植物の香り成分の合成と放出に及ぼす影響の解明
・森林の有機ガス交換に関する研究(フィールドワーク)
・低分子有機ガスと粒子の起源とそれらの生成量に関する研究


所属学会

日本農業気象学会
日本地球化学会
日本大気化学会
大気環境学会
生態工学会


主な経歴

2012年4月 日本学術振興会特別研究院(DC2)(静岡県立大学)
2014年4月 北海道大学低温科学研究所 学術研究員
2015年10月 北海道大学低温科学研究所 非常勤研究員
2016年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教


受賞歴

2009年 東海大学 総長賞
2011年 生態工学会(年次大会) 講演論文賞
2012年 生態工学会 奨励賞
2013年 International Symposium on Agricultural Meteorology The excellent poster award
2013年 環境科学会 優秀発表賞
2014年 静岡県立大学 学長賞


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
[12] Mochizuki T, Watanabe M, Koike T, Tani A, Monoterpene emissions from needles of hybrid larch F1 (Larix gmelinii var. japonica × Larix kaempferi) grown under elevated carbon dioxide and ozone, Atmospheric Environment, 148. 197-202, 2017
[11] Mochizuki T, Kawamura K, Aoki K, Sugimoto N, Long-range atmospheric transport of volatile monocarboxylic acids with Asian dust over a high mountain snow site, central Japan, Atmospheric Chemistry and Physics, 16, 14621-14633, 2016.
[10] Tyagi P, Kawamura K, Bikkina S, Mochizuki T, Aoki K, Hydroxy fatty acids in snow pit samples from Mount Tateyama in central Japan: Implications for atmospheric transport of microorganisms and plant waxes associated with Asian dust, Journal of Geophysical Research: Atmospheres, 121. 13641-13660, 2016.
[9] Mochizuki T., Kawamura K., and Aoki K.; Water-soluble organic nitrogen in high mountain snow samples from central Japan. Aerosol and Air Quality Research, 16, 632-639, 2016.
[8] Mochizuki T., Miyazaki Y., Ono K., Wada R., Takahashi Y., Saigusa N., Kawamura K., and Tani A.: Emissions of biogenic volatile organic compounds and subsequent formation of secondary organic aerosols in a Larix kaempferi forest. Atmospheric Chemistry and Physics, 15, 12029-12041, 2015.
[7] Mochizuki T., Saito T., Hirai G., Miwa M., Yonekura T., and Tani A.: Development of a reliable method to determine monoterpene emission rate of plants grown in an open-top chamber. Journal of Agricultural Meteorology, 71(4), 100-104, 2015.
[6] Mochizuki T., Tani A., Takahashi Y., Saigusa N., and Ueyama M.: Long-term measurement of terpenoid flux above a Larix kaempferi forest using a relaxed eddy accumulation method. Atmospheric Environment, 83, 53-61, 2014.
[5] Matsunaga S., Niwa S., Mochizuki T., Tani A., Kusumoto D., Utsumi Y., Enoki T., and Hiura T.: Seasonal variation in basal emission rates and composition of mono- and sesquiterpenes emitted from dominant conifers Japan. Atmospheric Environment, 69, 124-130, 2013.
[4] Chang J., Ren Y., Shi Y., Zhu Y., Ge Y., Hong S., Jiao L., Lin F., Peng C., Mochizuki T., Tani A., Mu Y., and Fu C.: An inventory of biogenic volatile organic compounds for a subtropical urban-rural complex. Atmospheric Environment, 56, 115-123, 2012.
[3] Matsunaga S., Mochizuki T., Ohno T., Endo Y., Kusumoto D., and Tani A.: Monoterpene and sesquiterpene emissions from Sugi (Cryptomeria japonica) based on a branch enclosure measurements. Atmospheric Pollution Research, 2, 16-23, 2011.
[2] 望月智貴, 谷晃, 安田倫己, 植山雅仁, 鱧谷憲, 高橋善幸, 米村正一郎, 奥村智憲, 東野達, 深山貴文, 小南裕志. : 可搬型簡易渦集積採取装置の開発とカラマツ林のテルペン類フラックス測定への応用. Eco-Engineering, 23(3), 81-88, 2011.
[1] Mochizuki T., Yukiko E., Matsunaga S., Chang J., Ge Y., Huang C., and Tani A.: Factors affecting monoterpene emission from Chamaecyparis obtuse. Geochemical Journal, 45, e15-e22, 2011.


教育・研究に対する考え方

地球環境を考える上で、フィールドワーク等を含めた森林などの自然環境に直接触れること、都市大気で起こる大気汚染を実際に見て感じることなどが大切です。それでこそ、問題点や原因を特定でき、その解決に向けた取り組みができると考える。また、自然環境だけでなく、社会的・政治的なことも含めて広い視野をもって教育・研究活動をしていきたい。未知なることを明らかにしていく「面白さ」を常に持ち続けたい。


研究シーズ集に関するキーワード

テルペン、有機酸ガス、有機エアロゾル、樹木、気候変動


モバイル表示

PC表示