グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:明正 大純

氏名
明正 大純(MYOSHO Taijun)
出生年月
1984年1月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(生態発生遺伝学研究室) 助教
電話番号
054-264-5791
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12406号室
Eメールアドレス
taijun(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2007年3月 新潟大学理学部自然環境科学科卒業
2009年3月 新潟大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了
2012年3月 新潟大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了


学位

博士(理学)(新潟大学・2012年)


専門分野

遺伝学、進化生物学


担当科目

生物学実験、発生遺伝学、環境生命科学実験


主要研究テーマ

・メダカとその近縁種を用いた性決定遺伝子の誕生の共通機構の解明
・同一個体群内に2つ性決定遺伝子を持つ野生メダカの解析


所属学会

日本動物学会
日本遺伝学会
日本発生生物学会/International Development Biologist


主な経歴

2012年4月 新潟大学理学部自然環境科学科 特任助教
2016年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
1) Turnover of sex chromosomes in celebensis group medaka fishes.
Myosho T, Takehana Y, Hamaguchi S, Sakaizumi M.
G3 (Bethesda). 2015 Oct 23. pii: g3.115.021543.
2) Co-option of Sox3 as the male-determining factor on the Y chromosome in the fish Oryzias dancena.
Takehana Y, Matsuda M, Myosho T, Suster ML, Kawakami K, Shin-I T, Kohara Y, Kuroki Y, Toyoda A, Fujiyama A, Hamaguchi, Sakaizumi M, Naruse K.
Nat Commun. 2014 Jun 20;5:4157.
3) The origin of the large metacentric chromosome pair in Chinese medaka (Oryzias sinensis)
Myosho T, Takehana Y, Sato T, Hamaguchi S, Sakaizumi M.
Ichthyol Res. 2012 59(4): 384-388.
4) Tracing the emergence of a novel sex-determining gene in medaka, Oryzias luzonensis.
Myosho T, Otake H, Masuyama H, Matsuda M, Kuroki Y, Fujiyama A, Naruse K, Hamaguchi S, Sakaizumi M.
Genetics. 2012 May; 191(1): 163-70.
5) Heritable artificial sex chromosomes in the medaka, Oryzias latipes.
Otake H, Masuyama H, Mashima Y, Shinomiya A, Myosho T, Nagahama Y, Matsuda M, Hamaguchi S, Sakaizumi M.
Heredity (Edinb). 2010 Sep; 105(3): 247-56.


教育・研究に対する考え方

学部1-3年生には、広い分野にわたる学習による分野の垣根を超えた多面的な思考の獲得。
学部4年生と大学院生には、研究テーマに関する深い基礎知識の獲得。対話を重視した指導による、研究に対する応用力と議論能力の獲得。


モバイル表示

PC表示