グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:増田 勇人

氏名
増田 勇人(MASUDA Hayato)
出生年月
1987年10月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品工学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5525
部屋番号
食品栄養科学部棟5205室
Eメールアドレス
hayato-masuda(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/mfe/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/661.pdf

学歴

2011年3月 神戸大学工学部応用化学科卒業
2016年3月 神戸大学大学院工学研究科博士課程後期課程修了


学位

博士(工学)(神戸大学・2016年)


専門分野

移動現象工学、流体工学、食品工学、レオロジー


担当科目

食品生命科学実験(食品製造工学実験)、食品科学英語Ⅱ、食品工学Ⅱ、情報科学、食品工学特論


主要研究テーマ

・流体技術を駆使した食品加工プロセスの開発
・複雑レオロジー特性をもった食品の撹拌・混合プロセスの効率化
・複雑流体の流動ダイナミクスおよび移動現象の解明


所属学会

化学工学会
日本レオロジー学会
日本食品工学会


主な経歴

2016年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教
2016年4月 神戸大学 複雑熱流体工学研究センター(学外協力教員)


受賞歴

2014年 神戸大学大学院工学研究科 プレミアムアワード
2015年 化学工学会 粒子・流体プロセス部会 シンポジウム賞(プレゼンテーション賞)
2016年 先端膜工学研究推進機構春季講演会 ポスター賞


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
Process development of starch hydrolysis using mixing characteristics of Taylor vortices. Biosci. Biotechnol. Biochem. (in press)
Effect of Shear Rate Distribution on Particle Aggregation in a Stirred Vessel. Chem. Eng. Technol., 40, 493-497, 2017
Prediction of onset of Taylor-Couette instability for shear-thinning fluids. Rheol. Acta, 56, 73-84, 2017
Numerical analysis of the flow of fluids with complex rheological properties in a Couette-Taylor flow reactor. Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol. 63, 25-32, 2015
Process Intensification of Continuous Starch Hydrolysis with a Couette-Taylor Flow Reactor. Chemical Engineering Research and Design, 91, 2259-2264, 2013
Enhancement of Gas Hold-Up with a Taylor Vortex Flow System Equipped with Ribs. J. Chem. Eng. Japan, 46, 27-31, 2013


教育・研究に対する考え方

教育:何事にも積極的に挑戦する姿勢を大切にしてください。
研究:食品の特殊性を踏まえた上で、化学工学的手法を用いることにより、食品製造プロセスの効率化を行いたい。


研究シーズ集に関するキーワード

撹拌・混合、流体工学、食品工学、レオロジー、プロセス開発、化学反応工学、伝熱、非ニュートン流体


モバイル表示

PC表示