グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:大内 仁志

氏名
大内 仁志(OUCHI Hitoshi)
出生年月
1985年9月
所属・職名
薬学部薬学科(医薬品製造化学分野) 助教
薬学研究院(医薬品製造化学研究室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5742
部屋番号
薬学部棟6511号室
Eメールアドレス
ouchih(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://us-yakuzo.jp/

学歴

2010年3月 静岡県立大学薬学部薬科学科卒業
2015年3月 静岡県立大学大学院薬食生命科学総合学府博士後期課程薬科学専攻修了


学位

博士(薬科学)(静岡県立大学・2015年)


専門分野

有機合成化学


担当科目

 


主要研究テーマ

・生物活性を有する天然物有機化合物の合成
・天然物の生合成経路解明を目的とした機能性分子の創製


所属学会

日本薬学会
有機合成化学協会


主な経歴

2015年4月 静岡県立大学薬学部特任 助教
2015年6月 公益財団法人微生物化学研究会 博士研究員
2017年1月 静岡県立大学薬学部 助教


主な社会活動

 


主要研究業績

“Stereospecific Construction of 2-Vinyl 3-Hydroxybenzopyrane Rings: Total Synthesis of Teadenol A and B” Org. Biomol. Chem. 2016, 14, 10783-10786.
“Practical Total Syntheses of Acromelic Acids A and B” Chem. Pharm. Bull. 2016, 64, 723–732.
“Practical Total Synthesis of Acromelic acid A and B” Org. Lett. 2014, 16, 1976–1979.
“Practical Synthesis of Kainoids: A New Chemical Prove Precursor and a Fluorescent Probe” Org. Lett. 2014, 16, 564−567.
“Enantioselective Total Synthesis of Aperidine” Org. Lett. 2011, 13, 2789–2791.
“Stereocontrolled Synthesis of (+)-Methoxyphenylkainic acid and (+)-Phenylkainic acid” Org. Lett. 2011, 13, 1089–1091.


教育・研究に対する考え方

研究を進める上で大切なのは、何を行う必要があるのか考えるための知識と、それに基づき実験的事実を一つ一つ積み上げていく粘り強さであると考えています。学生の教育においては、これらの能力を伸ばし主体的に研究を進めることができる化学者となるよう指導していきたいと考えています。


モバイル表示

PC表示