グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:水野 初

氏名
水野 初(MIZUNO Hajime)
出生年月
1979年12月
所属・職名
薬学部薬学科(生体機能分子分析分野) 講師
薬学研究院(生体機能分子分析学教室) 講師(兼務)
電話番号
054-264-5654
部屋番号
薬学部棟6221号室
Eメールアドレス
hmizuno(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/analchem/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/20amizuno.pdf

学歴

2003年3月 広島大学理学部化学科卒業
2005年3月 広島大学理学研究科博士課程前期修了
2007年3月 広島大学理学研究科博士課程後期中退


学位

博士(理学)(広島大学・2010年)


専門分野

生体分析化学、質量分析


担当科目

分析化学Ⅰ、分析化学Ⅱ、薬品分析化学、自然科学概論、科学演習Ⅰ、科学演習Ⅱ、物理系薬学実習、薬品分析学特論


主要研究テーマ

・微量成分の高感度検出・定量法の開発
・オミックス解析による新規バイオマーカー探索


所属学会

日本薬学会
日本分析化学会
日本質量分析学会
アメリカ質量分析学会
クロマトグラフィー科学会 


主な経歴

2007年4月 広島大学薬学部 助手
2013年4月 理化学研究所QBiC 研究員
2015年4月 静岡県立大学薬学部 助教
2017年9月 静岡県立大学薬学部 講師


主な社会活動

Analytical Sciences誌 編集委員


主要研究業績

○学術論文
Direct metabolomics for plant cells by live single-cell mass spectrometry., Nat. Protoc., 10, 1445-1456 (2015).
A novel approach for LC-MS/MS-based chiral metabolomics fingerprinting and chiral metabolomics extraction using a pair of enantiomers of chiral derivatization reagents., Anal Chim Acta. 898, 73-84 (2015).
Evaluation of a Novel Positively-charged Pyrrolidine-based Chiral Derivatization Reagent for the Enantioseparation of Carboxylic Acids by LC-ESI-MS/MS., Chromatography, 36, 57-60 (2015).
Live Single-Cell Plant Hormone Analysis by Video-Mass Spectrometry., Plant Cell Physiol., 56, 1287-1296 (2015).
Identification of low-dose responsive metabolites in X-irradiated human B lymphoblastoid cells and fibroblasts., J. Radiat. Res., 56, 46-58 (2015).
単一細胞ダイレクト質量分析法による細胞内小器官メタボロミクス., BUNSEKI KAGAKU, 63, 477-484 (2014). (総説)
In situ molecular analysis of plant tissues by live single-cell mass spectrometry., Anal. Chem., 84, 5221-5228 (2012).
Drug metabolite heterogeneity in cultured single cells profiled by pico-trapping direct mass spectrometry., Nanomedicine, 7, 1365-1374 (2012).
Molecular and functional analysis of cellular phenomena using single-cell mass spectrometry., Biol. Pharm. Bull., 35, 1425-1431 (2012). (総説)
Direct drug metabolism monitoring in a live single hepatic cell by video mass spectrometry., Anal. Sci., 28, 201-203 (2012).
Mass spectrometry for cellular and tissue analyses in a very small region., Anal. Sci., 27, 163-170 (2011). (総説)
Direct single-cell molecular analysis of plant tissues by video mass spectrometry., Anal. Sci., 25, 1053-1055 (2009).
Live single-cell video-mass spectrometry for cellular and subcellular molecular detection and cell classification., J. Mass Spectrom., 43, 1692-1700 (2008).
Live single-cell metabolomics of tryptophan and histidine metabolites in a rat basophil leukemia cell., Anal. Sci., 24, 1525-1527 (2008).
Live single-cell molecular analysis by video-mass spectrometry., Anal. Sci., 24, 559-561 (2008).

○著書
実験医学別冊:見つける、量る、可視化する!質量分析実験ガイド,羊土社,1細胞・1小器官の代謝を細胞動態とともに見る(分担執筆),203-209 (2013).
試料分析講座アミノ酸・生体アミン分析,丸善,1細胞ダイレクト質量分析による生体アミン分析(分担執筆),171-182(2012).
試料分析講座アミノ酸・生体アミン分析,丸善,微量細胞内アミノ酸の安定同位体標識体を使った動態追跡(分担執筆),182-191(2012).
実験医学増刊号:細胞を創る・生命システムを創る,羊土社,1細胞レベルの代謝解析から代謝再構成へ(分担執筆),1056-1062(2011).
メタボロミクス:その解析技術と臨床・創薬応用研究の最前線,メディカルドゥ,一細胞ダイレクトMS法によるメタボロミクス(分担執筆), 146-151(2010).
薬学分析科学の最前線,じほう,Live Single-cell Mass Spectrometry -1細胞生きたまま,分子変化をリアルタイムに追跡するビデオマススコープ法―(分担執筆),134-135(2009).


教育・研究に対する考え方

教育:単なる知識のつめこみではなく、物事の本質を理解することによって、様々なことに対応できる応用力のある人材の育成に努めていきたい。
研究:複雑な生命現象や病態メカニズムを分子の動きから解明するために、新規高感度分析法を開発し、生命の本質に迫る研究を行っていきたい。また、薬学分野、臨床診断などの多岐にわたって誰もが簡単に利用できる分析方法を開発し、広く社会貢献することも目指していきたい。


研究シーズ集に関するキーワード

オミックス、メタボロミクス、プロテオミクス、質量分析、LC-MS


モバイル表示

PC表示