グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
窪田 辰政(KUBOTA Tatsumasa)
所属・職名
薬学部薬学科(身体運動科学分野) 准教授 
電話番号
054-264-5491
部屋番号
看護学部棟(草薙キャンパス)13501号室
Eメールアドレス
kubotat(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/15kubota.pdf

学歴

1998年3月 筑波大学大学院修士課程体育研究科修了


学位

修士(体育学)(筑波大学・1998年)
博士(保健福祉学)(高崎健康福祉大学・2014年)


専門分野

健康教育学、健康管理学、健康運動心理学、ヘルスカウンセリング学、テニス


担当科目

身体運動科学、身体運動科学A、身体運動科学B、ライフスポーツ


主要研究テーマ

・青少年のためのストレスマネジメント教育に関する研究
・健康運動行動の心理社会的要因に関する研究
・身体活動・運動実践がメンタルヘルスに及ぼす効果に関する研究
・行動科学に基づいた身体活動・運動の習慣化支援に関する研究
・青少年のライフスキルを育むための体育教育プログラムに関する研究
・SAT法によるスポーツ選手の運動パフォーマンス向上に関する研究
・自己効力感を育むための教育方法に関する研究


所属学会

日本体育学会
日本保健医療行動科学会
日本精神保健社会学会
ヘルスカウンセリング学会
日本思春期学会
日本学校保健学会
日本スポーツ心理学会
日本健康教育学会
日本健康心理学会
日本運動・スポーツ科学学会
日本テニス学会
東海学校保健学会
日本スポーツパフォーマンス学会


主な経歴

2005年10月 静岡産業大学経営学部専任講師
2011年4月 静岡産業大学経営学部准教授
2015年4月 静岡県立大学薬学部准教授
現在に至る


受賞歴

平成26年度日本精神保健社会学会奨励賞


主な社会活動

日本精神保健社会学会理事
磐田市テニス協会理事
日本保健医療行動科学会評議員
東海学校保健学会評議員


主要研究業績

○学術論文
窪田辰政,山本瑞希,山口桃香,山口豊:SAT法を活用した運動パフォーマンス研究に関する文献的展望,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.22,31-37,2016年10月
窪田辰政,亀川かすみ,須部宗生,浅羽浩,山本瑞希,山口桃香,百合草禎二,山本章,山口豊,大石哲夫:いかにして体育・スポーツ系学生の要約・発表能力を向上させるか-SAT自己カウンセリングシートを用いた心理教育指導の試み-,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.21,31-43,2015年10月
山口豊,窪田辰政:SATイメージ療法による身体パフォーマンス変容に関する研究-バドミントン・サービス実験から-,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.21,23-30,2015年10月 
窪田辰政,渡辺俊之,上原徹,佐藤優果,亀川かすみ,山口豊,宗像恒次:女子中学生の身体活動量の増加を促すSAT教育プログラムの開発,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.20,28-44,2014年10月
山口豊,窪田辰政,杉山三七男,橋本佐由理,松本俊彦,宗像恒次:自傷行為研究における課題,思春期学Vol.32 No.1,207-216,2014年3月
上田敏子,窪田辰政,宗像恒次:大学生の不安になりやすい特性とネガティブ自己イメージ脚本、ソーシャルサポート認知との関連,日本保健医療行動科学会雑誌第28巻第2号,68-75,2014年2月
窪田辰政,渡辺俊之,宗像恒次:行動変容技法を取り入れた身体活動介入研究における現状と課題 -中学生の身体活動量を増加させる有効な教育プログラムの開発に向けて-,「環境と経営」静岡産業大学論集第19巻第2号,139-148,2013年12月
上田敏子,窪田辰政,宗像恒次:大学生におけるディストレス気質の発現認知別にみた心理特性および精神健康,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.19,17-24,2013年10月
窪田辰政,佐藤優果,西之原舞,宗像恒次:Relationship between Self-esteem and Self-efficacy for Exercise among Junior High School Students,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.19,11-16,2013年10月
窪田辰政,渡辺俊之,宗像恒次:Relationship between Stages of Change in Exercise Behavior and Self-efficacy for Exercise among Junior High School Students,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.19,3-10,2013年10月
山口豊,窪田辰政:思春期自傷行為における性差の検討 -共分散構造分析から-,東海学校保健研究第37巻1号,29-39,2013年9月
山口豊,窪田辰政,松本俊彦,橋本佐由理,宗像恒次:思春期自傷行為と否定的自己イメージの因果モデルに関する研究,思春期学Vol.31 No.2,227-237,2013年6月
上田敏子,窪田辰政,宗像恒次:不安気質の発現認知と心理特性との関連,思春期学Vol.30 No.4,358-364,2012年12月
上田敏子,窪田辰政,宗像恒次:大学生における養育者のイメージ脚本と自己イメージ脚本との関連,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.18,33-40,2012年10月
窪田辰政,山口豊,山田幸雄,宗像恒次:テニスにおけるサービススキルを高めるためのSAT法による支援効果に関する研究,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.18,15-22,2012年10月
窪田辰政,渡辺俊之,宗像恒次:Relationship between Stages of Change for Exercise Behavior and Stress Response among Junior High School Students,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.18,23-32,2012年10月
山口豊,窪田辰政,橋本佐由理,宗像恒次:思春期女子生徒へのSATイメージ療法による「自傷行為念慮」予防支援について,ヘルスカウンセリング学会年報Vol.18,61-72,2012年9月
辻良史,窪田辰政,宗像恒次:養育者の表情イメージ脚本がアスリートの心理的競技能力に与える影響について,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.17,20-30,2011年10月
窪田辰政,上杉織美,宗像恒次:大学生を対象としたSAT気質コーチング法による対人ストレスマネジメント教育の試み,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.17,3-9,2011年10月
上田敏子,窪田辰政,宗像恒次:大学生における養育者の嫌悪系表情イメージ表象と自己否定感、特性不安、抑うつとの関連,思春期学Vol.29 No.1,139-146,2011年3月
窪田辰政,杉山康司,祝原豊,宗像恒次:Relationship between Self-esteem and Self-efficacy for Exercise in University Students,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.14,47-52,2008年11月
窪田辰政,宗像恒次:Relationship between Stages of Change for Exercise Behavior and Self-efficacy for Exercise on University Students,思春期学Vol.25 No.3,329-336,2007年9月
窪田辰政,橋本佐由理,奥富庸一:大学生とその両親における健康行動の自信感と健康習慣に関する研究,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.11,41-51,2005年10月
奥富庸一,橋本佐由理,窪田辰政:大学生とその両親の保健行動に関する相互支援と心の健康状態との関連,ヘルスカウンセリング学会年報Vol.11,41-49,2005年9月
井坂美香,窪田辰政,宗像恒次:SAT技法を用いた中学生ストレスマネジメント教育介入に関する研究,日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」Vol.10,28-46,2004年11月

○著書
宗像恒次,武藤清栄編,日本精神保健社会学会企画『ニート・ひきこもりと親-心豊かな家族と社会の実現へ』,生活書院,2008年6月 窪田担当:第5章,巻末2・3・4


教育・研究に対する考え方

健康の維持・増進を計り、社会環境との良好な関係を構築する上で必要な、知識やスキルの習得、ならびに身体活動・運動実践による心理的効果などについて研究・教育している。また、自己の持てる能力を社会の中で存分に活用しながら生きていくための基礎となる、心身の自己管理能力に優れた学生の育成を目指している。さらに、学生たちが自分らしさを発揮できる、自立した社会人としての土台作りや方向性を見出す準備としての充実した学生生活が送れるよう援助していきたいと考えている。例えば、授業の中では「体験・振り返りサイクル」等を用い、安全な空間を形成することで、失敗から挫折ではなく成功を学べるような環境作りを行っている。
「体育」を1つのツールとして、自分に対する自信やライフスキルを身に付けられる授業を実践し、それをもとに、有効なメソッドの研究・開発に努めていきたい。


研究シーズ集に関するキーワード

自己効力感、心理的サポート、成功体験、SAT法、教授法


モバイル表示

PC表示