グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
三﨑 健太郎(MISAKI Kentaro)
所属・職名
看護学部看護学科(基礎医学分野) 助教
Eメールアドレス
kmisaki(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1999年3月 京都大学理学部化学系卒業
2001年3月 京都大学人間・環境学研究科人間・環境学専攻修士課程修了
2007年3月 京都大学工学研究科環境工学専攻博士後期課程修了


学位

工学博士(京都大学・2007年)


専門分野

環境毒性学


担当科目

健康環境論、基礎健康科学実習、基礎セミナー、実践保険医療統計学、看護統合セミナーⅠ、看護統合セミナーⅡ(災害看護演習)、静岡の健康長寿を支える人々と取り組み


主要研究テーマ

・多環芳香族化合物に対する環境毒性評価
・環境汚染物質の毒性同定評価(TIE)


所属学会

日本環境変異原学会
日本環境化学会
日本水環境学会
日本環境ホルモン学会
日本プロテオーム学会
日本化学会
日本エンドトキシン・自然免疫研究会


主な経歴

2007年4月 順天堂大学大学院医学研究科 環境医学研究所 博士研究員
2010年6月 愛媛大学沿岸環境科学研究センター(CMES) グローバルCOE研究員
2012年4月 京都大学大学院工学研究科 附属流域圏総合環境質研究センター研究機関研究員
2015年4月 静岡県立大学看護学部 助教


主な社会活動

  


主要研究業績

○学術論文
1) DEP、ナノマテリアルによる細菌毒素誘発性肺傷害への悪影響, 三﨑健太郎, 高野裕久, 金澤寛明, 井上健一郎, エンドトキシン・自然免疫研究, 19, 46-50, 2016.
2) K. Misaki, T. Takamura-Enya, H. Ogawa, K. Takamori and M. Yanagida.Tumor-Promoting Activity of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons and their Oxygenated or Nitrated Derivatives. Mutagenesis, 31(2), 205-213, 2016.
3) K. Misaki, G. Suzuki, N. M. Tue, S. Takahashi, M. Someya, H. Takigami, Y. Tajima, T. K. Yamada, M. Amano, T. Isobe and S. Tanabe. Toxic Identification and Evaluation of Androgen Receptor Antagonistic Activities in Acid-Treated Liver Extracts of High-Trophic Level Wild Animals from Japan. Environ. Sci. Technol., 49(19), 11840-11848, 2015.
4) L. H. Tuyen, N. M. Tue, G. Suzuki, K. Misaki, P. Hung Viet, S. Takahashi and S. Tanabe. Aryl hydrocarbon receptor mediated activities in road dust from a metropolitan area, Hanoi-Vietnam: Contribution of polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) and human risk assessment. Sci. Total Environ., 491-492, 246-254, 2014.
5) J. –W. Kim, N. M. Tue, T. Isobe, K. Misaki, S. Takahashi, P. H. Viet and S. Tanabe. Contamination by perfluorinated compounds in water recycling and disposal sites in Vietnam. Environ. Monit. Assess., 185(4), 2909-2919, 2013.
6) M. Okada, Y. Hozumi, K. Iwazaki, K. Misaki, M. Yanagida, Y. Araki, T. Watanabe, H. Yagisawa, M. K. Topham, K. Kaibuchi and K. Goto. DGKζ is involved in LPS-activated phagocytosis through IQGAP1/Rac1 pathway. Biochem. Biophys. Res. Commun., 420(2), 479-84, 2012.
7) K. Misaki, Y. Hisamatsu, H. Suzuki and T. Takamura-Enya. Evaluation of the mutagenicity of nitration products derived from phenalenone (1H-phenalene-1-one). Mutagenesis, 23(5), 359-366, 2008.
8) K. Misaki, M. Suzuki, M. Nakamura, H. Handa, M. Iida, T. Kato, S. Matsui and T. Matsuda. Aryl hydrocarbon receptor and estrogen receptor ligand activity of organic extracts from road dust and diesel exhaust particulates. Arch. Environ. Contam. Toxicol., 55(2), 199-209, 2008.
9) T. Matsuda, A. Matsumoto, M. Uchida, R. Kanaly, K. Misaki, S. Shibutani, T. Kawamoto, K. Kitagawa, K. I. Nakayama, K. Tomokuni and M. Ichiba. Increased formation of hepatic N2-ethylidene-2’-deoxyguanosine DNA adduct in aldehyde dehydrogenase 2 knockout mice treated with ethanol. Carcinogenesis, 28(11), 2363-2366, 2007.
10) K. Misaki, H. Kawami, T. Tanaka, H. Handa, M. Nakamura, S. Matsui and T. Matsuda. Aryl hydrocarbon receptor ligand activity of polycyclic aromatic ketones and polycyclic aromatic quinones. Environ. Toxicol. Chem., 26(7), 1370-1379, 2007.
11) K. Misaki, S. Matsui and T. Matsuda. Metabolic enzyme induction by HepG2 cells exposed to oxygenated and nonoxygenated polycyclic aromatic hydrocarbons. Chem. Res. Toxicol., 20(2), 277-283, 2007.
12) P. –H. Chou, S. Matsui, K. Misaki and T. Matsuda. Isolation and identification of xenobiotic aryl hydrocarbon receptor ligands in dyeing wastewater. Environ. Sci. Technol., 41(2), 652-657, 2007.
13) R. Tamura, D. Fujimoto, Z. Lepp, K. Misaki, H. Miura, H. Takahashi, T. Ushio, T. Nakai and K. Hirotsu. Mechanism of preferential enrichment, an unusual enantiomeric resolution phenomenon caused by polymorphyic transition during crystallization of mixed crystals of two enantiomers. J. Am. Chem. Soc. 124(44), 13139-13153, 2002.


教育・研究に対する考え方

専門知識や技術の修得はもとより、それらの学問的位置づけや背景、またどう社会と関わっているのかなどについても意識して学んでほしいです。
環境汚染物質の毒性影響や環境動態を明らかにしていくことに加え、地域・時代・文化・社会・政治の違いや実態をよく理解することによって、ヒトの健康の保全、さらには地球規模の環境問題に対してもその解決への一助となることを目指しています。


モバイル表示

PC表示