グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
細川 光洋(HOSOKAWA Mitsuhiro)
出生年月
1967年4月
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 教授
国際関係学研究科 教授(兼務)
学長補佐
電話番号
054-264-5342
部屋番号
国際関係学部棟3402号室
Eメールアドレス
hosokawa(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/107ahosokawa.pdf

学歴

1990年3月 早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
1994年3月 早稲田大学大学院教育学研究科国語教育専攻修士課程修了


学位

教育学修士(早稲田大学・1994年)


専門分野

日本近代文学(吉井勇・谷崎潤一郎・寺田寅彦)、国語科教育法


担当科目

【学部】日本文学ⅡAB、原典購読ⅢAB、日本文学特殊研究、国語科教育法AB
【大学院】日本文学特殊研究


主要研究テーマ

・吉井勇・斎藤茂吉を中心とする近代歌人についての研究
・文学者の音楽体験
・寺田寅彦の文理融合教育・防災教育
・論理的な思考力を育てる国語科教育法


所属学会

日本近代文学会
昭和文学会
日本文学協会
谷崎潤一郎研究会
明星研究会


主な経歴

1994年9月 立教英国学院中学校・高等学校教諭
1997年9月 桐蔭学園中学校・中等教育学校教諭
2006年4月 高知工業高等専門学校総合科学科 准教授
2015年4月 静岡県立大学国際関係学部国際言語文化学科 教授


主な社会活動

大原富枝賞(本山町立大原富枝文学館主催)〔高校生小説・随筆の部〕 最終選考委員 2011-
小泉八雲顕彰文芸コンクール(一般の部)審査員 2016- 


主要研究業績

○学術論文
・谷崎の「むかしの仲間」-勇・白秋・杢太郎(別冊太陽『谷崎潤一郎』特集号、平凡社、pp142-144、2016.2)
・『アラビアン・ナイト』から〈歌〉へ-「蓼喰ふ蟲」の成立前後(『谷崎潤一郎 中国体験と物語の力』アジア遊学200、勉誠出版、pp123-131、2016.8)
・反歌としての短篇―『沈める瀧』と「山の魂」(「三島由紀夫研究」16、鼎書房、pp94-100、2016.4)
・吉井勇の旅鞄-昭和初年の歌行脚ノート(1)~(43)連載(「短歌研究」第67巻7号-第71巻11号、2010.7-2014.11)
・勝鬨のうづもよけれど-斎藤茂吉未発表書簡吉井勇宛24通(「短歌研究」第71巻5号、pp12-22、2014.5)
・旅鞄余滴-斎藤茂吉未発表書簡(其の一~五)(「短歌研究」第72巻1号-9号、2015.1-9隔月連載)
・人生の残夢春秋-吉井勇「戦中疎開日記抄」翻刻・解題(「短歌研究」第73巻11号、pp93-99、2016.11)
・湯川秀樹未発表書簡吉井勇宛六通(翻刻)附 吉井勇宛未発表短歌を含む九首(紀要『国際関係・比較文化研究』第14巻第1号、pp1-14、2015.9)
・蔵書の小宇宙-寅彦旧蔵書の書込み(『寺田寅彦全集』第十二巻月報12、岩波書店、pp1-4、2010.8)
・寺田寅彦は忘れた頃にやって来る(『震災と教育-学び、将来へ伝える-』早稲田教育ブックレット№7、学文社、pp25-42、2012.3)
・博学連携による文理融合型理科教育の実践:寺田寅彦を題材として(「高知工業高等専門学校学術紀要」第57号、pp17-22、2012.3、成行泰裕・津田加須子・永橋禎子との共著)
・〈タテ割り〉板書が授業を変える〔実践提案〕(「月刊国語教育」第30巻2号、pp38-41、2011.2)

○編著書
『寅彦をよむ』(単著、「心伎」発行所、126頁、2007.12)
『津浪と人間/地震雑感 寺田寅彦随筆選集』(千葉俊二氏との共編、中公文庫、pp165-183註解、2011.7)【第31回寺田寅彦記念賞】
『怪異考/化物の進化 寺田寅彦随筆選集Ⅱ』(千葉俊二氏の共編、中公文庫、pp165-197註解、2012.8)
『吉井勇全歌集』(中公文庫、pp370-395解説・年譜・校訂、2016.1)
『寺田寅彦セレクションⅠ』(千葉俊二氏との共編、講談社文芸文庫、2016.2)
『寺田寅彦セレクションⅡ』(千葉俊二氏との共編、講談社文芸文庫、pp331-343解説、2016.5)
『湯川秀樹歌文集』(講談社文芸文庫、pp302-314解説および作品選、2016.10)


教育・研究に対する考え方

「文学」を学ぶ/読むことは、言葉を通して先人たちから引き継いだ思考の「しぐさ」(知恵)を学ぶことでもあります。世界をありのままに〈見る〉ための手段として、科学的な方法とともに「ことば」の持つ役割も今なお有効性を失ってはいません。講義を通じて、各人が持つ「ことば」の可能性をさらにひろげることができればと考えています。
研究面では、地域に根ざした研究を心がけてきました。調査の結果を地域に還元し、〈文化的記憶〉として残してゆくことが大切だと考えます。


研究シーズ集に関するキーワード

防災、地震、津浪、文学、文理融合教育


モバイル表示

PC表示