グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
須田 孝司(SUDA Koji)
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 准教授
国際関係学研究科 准教授(兼務)
Eメールアドレス
suda@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_03_124.pdf

学歴

1996年3月 中央大学文学部文学科卒業
1999年4月 エセックス大学大学院応用言語学MA課程修了
2001年3月 群馬県立女子大学大学院文学研究科修士課程修了
2014年7月 東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了

学位

博士(文学)(東北大学・2014年)

専門分野

第二言語習得理論、心理言語学

担当科目

【学部】英語科教育法A・B、教育言語学B、英語表現法A・B、演習Ⅰ・Ⅱ
【大学院】英語統語論研究、外国語教育研究

主要研究テーマ

  • 第二言語学習者の文法能力
  • 日本人英語学習者の文処理過程
  • 文処理における認知能力の影響

所属学会

日本第二言語習得学会
日本英語学会 
認知科学会 
言語科学会
中部地区英語教育学会
全国英語教育学会

主な経歴

2004年4月 仙台電波工業高等専門学校総合科学科 講師
2009年4月 富山県立大学工学部 准教授
2015年4月 静岡県立大学国際関係学部 准教授

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  1. 初級・中級レベルの日本人英語学習者の文処理過程における言語情報の影響、名詞句と音声・音韻の習得、pp.63-96. 東京:くろしお出版. 2017.
  2. 学生の英語力と効果的な指導に対する提言、国際関係・比較文化研究 第16巻(1)、pp.19-29、2017.
  3. The acquisition of English aspects in achievement verbs by Japanese learners of English、静岡大学教育学部実践センター紀要 Vol.26、pp.201-210、2017.(共著)
  4. The interaction of animacy with the wh-extraction by Japanese learners of English. Proceedings of PacSLRF2016. pp.181-186、2017.(共著)
  5. The effect of noun animacy and topicality on L2 sentence processing. Proceedings of PacSLRF2016. pp.193-196、2017.
  6. 第二言語文処理における文法役割と意味役割の割り当て、ことばと文化 第19号、pp.39-52、2016.
  7. Occurrences of unaccusative verbs in English textbooks and their acquisition、中部地区英語教育学会紀要45、pp.35-60、2016. (共著)
  8. The influences of proficiency levels and working memory capacity on sentence comprehension by Japanese learners of English、Eurosla Yearbook 15、pp.143-163、2015.
  9. 第二言語文処理における統語構造の影響、富山県立大学紀要 第24巻、pp.66-73、2014.
  10. 初期段階における日本人英語学習者の文処理方略、言語研究 139、pp.133-144、2011.
  11. 第二言語文処理における意味役割情報の関わり、富山県立大学紀要 第21巻、pp.36- 43、2011.
  12. 新英語カリキュラムの素案の開発に向けて‐英語実力テストおよび英語に関するアンケート調査の結果より‐、富山県立大学紀要 第21巻、pp.26-35、2011. (共著)
  13. 初級・中級英語学習者の文処理方略、富山県立大学紀要 第20巻、pp.34-41、2010.
  14. 新入生の英語能力、仙台電波工業高等専門学校研究紀要 第37号、pp.40-45、2007.
  15. The acquisition of pronominal case-marking by Japanese learners of English、Second Language Research 23、pp.179-214、2007. (共著)
  16. 学生の語彙レベルに関する一考察-群馬高専との比較と課題-、仙台電波工業高等専門学校研究紀要 第36号、pp.59-62、2007.
  17. Pronominal case-marking by Japanese learners of English、Studies in Language Sciences 2、pp.227-242、2002. (共著)
  18. 初期段階の第二言語文法-日本人英語学習者による代名詞格の習得-、群馬県立女子大学英語英米文学研究 第3号、pp.47-66、2001. (共著)
  19. 日本人ピジン英語話と日本人英語学習者の語順、群馬県立女子大学英語英米文学研究 第2号、pp.39-52、2000.
  20. 生成文法理論に基づく3つの第二言語習得モデルの考察と批判-問題点と展望-、群馬県立女子大学英語英米文学研究 創刊号、pp.47-64、1999.

○著書
  1. 名詞句と音声・音韻の習得、東京:くろしお出版. 2017.(共著)
  2. 英語習得の「常識」・「非常識」、東京:大修館書店、第2章(pp.19-49)、第4章(pp.84-89)、第6章(pp.127-146)、2004.
  3. The acquisition of the nominative and accusative cases in English by Japanese learners at an early stage、Generative Approaches to the Acquisition of English by Native Speakers of Japanese (Berlin: Mouton de Gruyter)、pp.81-107、2003. (共著)

教育・研究に対する考え方

大学では、答えのない課題に取り組むことが多くなります。誰も知らなかったこと、気づかなかったことを発見し、自分なりにその解決策を模索しましょう。その過程を楽しむことができれば、有意義な大学生活を送ったと胸を張って言えるでしょう。まずは、素朴な疑問を持つことからはじめてみましょう。あれこれ鵜呑みにせず、周りに流されず、自分で考える習慣を身につけましょう。

研究シーズ集に関するキーワード

第二言語習得,形態統語論,言語処理,英語教育

モバイル表示

PC表示