グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:島田 剛

氏名
島田 剛(SHIMADA Go)
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 准教授
国際関係学研究科 准教授(兼務)
Eメールアドレス
go.shimada(ここに@を入れてください) u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://researchmap.jp/goshimada
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/106ashimada.pdf

学歴

1992年3月 同志社大学経済学部卒業
1999年12月 マンチェスター大学大学院経済学部修了
2014年9月 早稲田大学アジア太平洋研究科後期博士課程修了


学位

学術博士(早稲田大学・2014年)


専門分野

国際経済学、開発経済学、産業開発、ソーシャル・キャピタル、国連研究


担当科目

【学部】経済学入門A・B 、国際経済学A・B、国際関係学入門、地域づくりの理論
【大学院】国際経済学研究Ⅰ 、国際経済学研究Ⅱ


主要研究テーマ

・途上国の経済構造転換と産業開発戦略
・JICA研究所研究プロジェクト(研究代表)経営的人的資本(Managerial Capital)向上による中小企業振興インパクト分析
・JICA研究所研究プロジェクト(研究代表)アフリカ小農民の商業化による貧困緩和の実証研究 ―行動経済学的アプローチ
・震災復旧・復興におけるソーシャル・キャピタルの役割についての経済学的分析 ―日本の事例にもとづく実証分析と東日本大震災への政策含意


所属学会

国際開発学会(編集委員)
人間の安全保障学会(理事)
アメリカ経済学会


主な経歴

2015年4月(現在に至る) JICA研究所 招聘研究員
2014年3月(現在に至る) 米国コロンビア大学 客員研究員
2014年10月(現在に至る) 早稲田大学 招聘研究員
2013年3月 JICA(国際協力機構)研究所 主任研究員
2011年8月 JICA研究所 企画課長およびGDN(Global Development Network)-Japan事務局長 
2008年8月 JICA産業開発・公共政策部 産業貿易課長
2007年8月 JICA理事長室 理事長秘書役
2007年1月 コロンビア大学 Initiative Policy Dialogue, Shadow G7 タスクフォースメンバー
2005年2月 国際連合日本政府代表部 一等書記官
2002年8月 JICA人事部 人事課
1999年10月 JICAインド事務所
1994年5月 JICA無償資金協力業務部
1992年 JICA 青年海外協力隊事務局


主な社会活動

コロンビア大学 客員研究員
早稲田大学 招聘研究員
JICA研究所 招聘研究員及び研究プロジェクト研究代表
国際開発学会 編集委員
JICA研修講師(アフリカ地域市場志向型農業振興)


主要研究業績

○査読付き学術論文
Shimada, Go. 2017. "A Quantitative Study of Social Capital in the Tertiary Sector of Kobe - Has Social Capital Promoted Economic Reconstruction Since the Great Hanshin Awaji Earthquake?” International Journal of Disaster Risk Reduction. Volume 22. June 2017. Pages 494-502. https://doi.org/10.1016/j.ijdrr.2016.10.002
Shimada, Go and Miki Motomura. 2017. "Building Resilience through Social Capital as a Counter-Measure to Natural Disasters in Africa: A Case Study From A Project in Pastoralist and Agro-pastoralist communities in Borena, in the Oromia Region of Ethiopia." Africa Study Monograph. Supplementary Issue. 53: 35-51. Kyoto: Kyoto University.
Shimada, Go. 2016. "The Role of Social Capital after Disasters: An Empirical Study of Japan based on Time-Series-Cross-Section (TSCS) Data from 1981 to 2012. " International Journal of Disaster Risk Reduction.14(2015)388-394. doi:10.1016/j.ijdrr.2015.09.004
Shimada, Go. 2012. The Macro Economic Impacts of Natural Disasters: A Case Study of Japan (自然災害の日本経済への影響 -1970~98年のパネルデータから), Graduate School of Asia Pacific Studies. Waseda University, Journal of Asia Pacific Studies, No. 24. 2012.
島田 剛、2009、「国連開発システムの政治経済学-ジャクソン報告から一貫性パネルまでの改革議論の変遷と今後の改革の可能性」、国連研究第10号、日本国際連合学会編「国連研究の課題と展望」、国際書院 

○査読付きBook Chapter
Shimada, Go. 2016. Inside the Black Box of Japan’s Institution for Industrial Policy – An Institutional Analysis of Development Bank, Private Sector and Labour. In Akbar Noman and Joseph Stiglitz, eds. Efficiency, Finance and Varieties of Industrial Policy. New York: Columbia University Press.
Shimada, Go. 2016. "The Economic Implications of Comprehensive Approach to Learning on Industrial Development (Policy and Managerial Capability Learning): A Case of Ethiopia." In Akbar Noman and Joseph Stiglitz, eds. Industrial Policy and Economic Transformation in Africa. New York: Columbia University Press.

○査読無し学術論文、Discussion Paper
島田剛、2016、「開発援助による産業開発支援・包括アプローチの可能性-エチオピアにおける政策対話と品質・生産性向上プロジェクトから」、経済学論叢 第67巻第3号

○査読無しBook Chapter
Shimada, Go. 2015. "Towards community resilience - the role of social capital after disasters." In Laurence Chandy, Hiroshi Kato, Homi Kharas, eds. The last mile in ending extreme poverty, Washington D.C.: Brookings Institutions.
Shimada, Go. 2015. "What are the Macroeconomic Impacts of Natural Disasters? - The Impacts of Natural Disasters on the Growth Rate of Gross Prefectural Domestic Product in Japan." In Haddad, Lawrence. Hiroshi Kato. Nicolas Meisel. eds. Growth is Dead, Long Live Growth The Quality of Economic Growth and Why it Matters. Tokyo: JICA Research Institute
島田剛、2016、「阪神・淡路大震災20年から東日本大震災を考える ‐ レジリエンスとソーシャル・キャピタル」、鎌田薫監修、早稲田大学「東日本大震災復興研究」編集委員会編『東日本大震災復興研究-災害に強い社会の実現に科学は貢献できるか-』、早稲田大学出版会、東京。
島田剛、2013、Industrial Development of Africa- JICA's commitment at TICAD IV and its follow-up, In Inclusive and Dynamic Development in Sub-Saharan Africa, ed.Kato, H. Tokyo: JICA Research Institute. (with Toru Homma and Hiromichi Murakami)
Shimada, Go. 2012. Japan's Approach to African Development During TICAD IV: The Case of Ethiopia, (Edited by GRISP Development Forum), Policy Miniutes No. 24, Tokyo: GRIPS.

○その他
島田剛. 2017. 書評「ジャスティン・リン『貧困なき世界』」、経済セミナー4・5月号、日本評論社、東京。
島田剛.2016. 「第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)から読み解く日本と世界の未来―1993年に日本で始まった3つの試みからカイゼンまで」シノドス・ジャーナル、2016年11月(http://synodos.jp/internationa -shimada.go)
島田剛、柳沢香枝. 2007. 「途上国間で協力をする南南協力の意義とは」、Monthly JICA、2007年7月号、PP30-31
島田剛. 2007. 「国際援助のあり方を巡る駆け引き」、Monthly JICA、2007年2月号
島田剛. 2003. 「インド家庭の家計からみる公的配給制度(PDS)改革」、国際開発学会ニュースレターVol.14. No.4


教育・研究に対する考え方

私たちが生きているこの社会を少しずつ良いものにしていくために、研究によりその課題を解明し、それを実際の政策にどのように反映できるかを考えていきたい。


研究シーズ集に関するキーワード

開発途上国、国連、政府開発援助、JICA、貿易投資の促進、カイゼン、産業政策、産業開発、ソーシャル・キャピタル


モバイル表示

PC表示