グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:中野 祥吾

氏名
中野 祥吾(NAKANO Shogo)
出生年月
1984年9月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品蛋白質工学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
Eメールアドレス
snakano(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/proeng/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/56aitounakano.pdf

学歴

2007年3月 広島大学理学部化学科卒業
2009年3月 広島大学大学院理学研究科博士課程前期修了
2012年3月 広島大学大学院理学研究科博士課程後期修了


学位

理学博士(広島大学・2012年)


専門分野

酵素化学、構造生物学、計算化学、バイオインフォマティクス


担当科目

食品科学英語Ⅱ、バイオインフォマティクス、酵素学、蛋白質工学、食品化学実験


主要研究テーマ

・コンピュータを用いた人工タンパク質設計法の開発とその機能解析
・様々な酵素の構造と機能の解明


所属学会

日本生化学会
日本農芸化学会
日本生物物理学会
Protein Society


主な経歴

2012年4月 ERATO浅野酵素活性分子プロジェクト研究員
2015年4月~ 静岡県立大学食品栄養科学部助教
2015年~ 静岡県工業技術研究所沼津工業技術支援センター 外部研究員
2016年~ 立教大学非常勤講師


受賞歴

2009年 日本生化学会優秀プレゼンテーション賞(第82回日本生化学会大会)
2011年 鈴木紘一メモリアル賞(第84回日本生化学会大会)
2015年 Outstanding Reviewer Status (Journal of Molecular Catalysis. B, Enzymatic, Elsevier)


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文
1. Origin of stereoselectivity and substrate/ligand recognition in an FAD-dependent R-selective amine oxidase, J. Phys. Chem. B., 120, 10736-10743, (2016) 
2. In Silico Identification for α-Amino-ε-Caprolactam Racemases by Using Information on the Structure and Function Relationship, Appl. Biochem. Biotechnol.., 176, 1303-1314 (2015)
3. Structural and computational analysis of peptide recognition mechanism of class-C type penicillin binding protein, alkaline D-peptidase from Bacillus cereus DF4-B, Sci Rep., 5: 13836 (2015)
4. Protein evolution analysis of S-hydroxynitrile lyase by complete sequence design utilizing the INTMSAlign software. Sci Rep., 5: 8193 (2015)
5. Tailoring D-Amino Acid Oxidase from the Pig Kidney to R-Stereoselective Amine Oxidase and its Use in the Deracemization of alpha-Methylbenzylamine. Angew Chem Int Ed Engl 53(17): 4428-4431 (2014)
6. Binding of NAD+ and L-Threonine Induces Stepwise Structural and Flexibility Changes in Cupriavidus necator L-Threonine Dehydrogenase." J Biol Chem 289(15): 10445-10454 (2014)
7. Structural and functional analysis of hydroxynitrile lyase from Baliospermum montanum with crystal structure, molecular dynamics and enzyme kinetics." Biochim. Biophys. Acta 1844(12): 2059-2067 (2014)
8. X-ray crystallographic evidence for the presence of the cysteine tryptophylquinone cofactor in L-lysine epsilon-oxidase from Marinomonas mediterranea." J Biochem 154(3): 233-236 (2013)
9. X-ray crystal structure of a mutant assimilatory nitrite reductase that shows sulfite reductase-like activity." Chem Biodivers 9(9): 1989-1999 (2012)
10. The reductive reaction mechanism of tobacco nitrite reductase derived from a combination of crystal structures and ultraviolet-visible microspectroscopy." Proteins 80(8): 2035-2045 (2012)
11. Structure-function relationship of assimilatory nitrite reductases from the leaf and root of tobacco based on high-resolution structures." Protein Sci 21(3): 383-395 (2012)
12. Structural implication for the impaired binding of W150A mutant LOX-1 to oxidized low density lipoprotein, OxLDL." Biochim Biophys Acta 1824(5): 739-749 (2012)
13. The hydrophobic core of FliG domain II is the stabilizer in the Salmonella flagellar motor." Microbiology 158(Pt 10): 2556-2567 (2012)

○日本語総説・解説
1. ウェット・ドライ融合によるタンパク質工学研究の今、生物工学会誌 バイオミディア(日本生物工学会)95, 22 (2017)
2. 光学活性アミンを合成する酵素 -自然界にない新しいアミン酸化酵素の開発, 化学, 69, 45-49 (2014)

○特許
特願2016-234857


教育・研究に対する考え方

教育:与えられた課題について、自ら解決法を考え、それを実行できる力を持った人材を育成したい。
研究:様々な分野の研究者との共同研究を通して、その考え方を学び、実践することで新たな研究領域を切り開いていきたい。


研究シーズ集に関するキーワード

蛋白質工学、酵素化学、X線結晶構造解析、コンピュータシミュレーション


モバイル表示

PC表示