グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
保坂 卓臣(HOSAKA Takuomi)
出生年月
1983年12月
所属・職名
薬学部薬学科(衛生分子毒性学分野) 助教
薬学研究院(衛生分子毒性学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5680
部屋番号
薬学部棟6314号室
Eメールアドレス
hosaka(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/eisei/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/6hosaka.pdf

学歴

2006年3月 静岡県立大学薬学部製薬学科卒業
2008年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
2011年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士後期課程修了


学位

博士(薬学)(静岡県立大学・2011年)


専門分野

衛生化学、分子毒性学


担当科目

衛生薬学I 、公衆衛生学、毒性学、生物系薬学実習II、衛生分子毒性学特論


主要研究テーマ

・異物代謝酵素の発現制御機構に関する研究
・化学物質の肝毒性の機序解明と予測系開発


所属学会

日本薬学会
日本毒性学会


主な経歴

2011年4月 摂南大学薬学部 特任助教
2015年2月 静岡県立大学薬学部 助教


主な社会活動

  


主要研究業績

・Masashi Sekimoto, Shinsuke Sano, Takuomi Hosaka, Kiyomitsu Nemoto, Masakuni Degawa. Establishment of a stable human cell line, HPL-A3, for use in reporter gene assays of cytochrome P450 3A inducers. Biol Pharm Bull, 35; 677-685. (2012)
・Takuomi Hosaka, Masashi Sekimoto, Kiyomitsu Nemoto, Masakuni Degawa. Augmentation of 3-methylcholanthrene-induced bioactivation in the human hepatoma cell line HepG2 by the calcium channel blocker nicardipine. Cancer Sci, 101; 652-657. (2010)


教育・研究に対する考え方

教育: 高い問題解決能力を有し、将来就職するいずれの分野でもその職場をリードできる人材を育てたいと考えています。
研究: 衛生化学の立場から、「皆が健康に暮らす」ためには何が必要かをよく考え、その考えに基づいて研究を行い、社会に貢献できればと考えています。


研究シーズ集に関するキーワード

医薬品、薬効・副作用、薬物代謝酵素、栄養素


モバイル表示

PC表示