グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:雨谷 敬史

氏名
雨谷 敬史(AMAGAI Takashi)
出生年月
1964年2月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(大気環境研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
電話番号
054-264-5798
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12501号室
Eメールアドレス
amagai(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/atmos/lab-01.htm
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/74amagai.pdf

学歴

1986年3月 東京大学理学部化学科卒業
1992年3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了


学位

博士(理学)


専門分野

大気環境、環境化学、環境分析


担当科目

環境学総論(分担)、環境有機化学、ヒューマンエコロジー、技術者倫理(分担)、大気環境特論、環境リスクアセスメント特論など


主要研究テーマ

・有害化学物質の大気環境動態
・室内環境並びに個人暴露評価
・有害大気汚染物質の生体影響評価


所属学会

日本化学会
日本分析化学会
環境科学会
日本大気環境学会理事
日本環境変異原学会
室内環境学会
日本環境化学会(理事)


主な経歴

1992年4月 静岡県立大学助手
1998年4月 静岡県立大学助教授


主な社会活動

静岡労働基準局、粉じん対策指導委員、1999年4月~現在
静岡県環境保全協会委員、1998年7月~現在
静岡県静岡土木事務所・巴川遊水地4工区浄化対策検討会委員、2004年9月~現在
エコアクション21地域事務局ふじのくに・地域運営委員会 委員長、2005年4月~現在
国土交通省中部地方整備局総合評価審査委員会静岡県地域部会委員、2009年5月~現在
静岡県廃棄物処理施設生活環境影響評価専門委員、2012年6月~現在


主要研究業績

・Takashi Amagai, Huan Bai, Qi Wang, Yuichi Miyake, Miyuki Noguchi, and Satoshi Nakai: Determination of nicotine exposure using passive sampler and high performance liquid chromatography. Pharmaceutica Analytica Acta, 6(7), No.399 (2015). doi:10.4172/21532435.1000399
・三宅 祐一・孫 琿玢・雨谷 敬史:ピネン類の個人曝露/室内外濃度とその初期リスク評価。環境科学会誌,28(4), 283-290 (2015).
・Yuichi Miyake, Qi Wang, Takashi Amagai, Yuichi Horii: Formation Mechanism of chlorinated Pyrene in combustion of polyvinyl chloride, Organohalogen Compounds, 76, 628-631 (2014).
・Yuichi Miyake, Qi Wang, Takashi Amagai, Yuichi Horii; Formation of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in combustion of polyvinyidene chloride, Organohalogen Compounds, 75, 31-34 (2013).
・Qi Wang, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Yuichi Horii, Kiyoshi Nojiri, Nobutoshi Ohtsuka: Profiles and distribution of halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons from waste incinerators, Organohalogen Compounds, 75, 27-30 (2013).
・Takashi Amagai, Analytical Methods for Personal Exposure to PM2.5, Particulate Polycyclic Aromatic Hydrocarbons, and Solanesol Epidemiology 01/2011; 22:S43 (2011). DOI:10.1097/01.ede.0000391792.77042.f2
・Takashi Amagai: Measurement of anthropogenic VOCs and their impact on Environment. Environment and National Resources Journal, 9(1) 1-5 (2011).


教育・研究に対する考え方

わくわくする気持ちを持ち続けたい


研究シーズ集に関するキーワード

室内環境、大気汚染、環境分析、簡易計測法、高感度計測法、有害物質対策、多環芳香族炭化水素、揮発性有機化合物(VOC)、アルデヒド、揮発性有機ハロゲン化合物、有機リン化合物


モバイル表示

PC表示