グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:川戸 勇士

氏名
川戸 勇士(KAWATO Yuji)
出生年月
1985年1月
所属・職名
薬学部薬科学科(医薬品創製化学分野) 助教
薬学研究院(医薬品創製化学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5670
部屋番号
薬学部棟6315号室
Eメールアドレス
ykawato@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/lsocus/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_01_050.pdf

学歴

2009年3月 名古屋市立大学薬学部薬学科卒業
2011年3月 東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了
2014年3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了

学位

薬学博士(東京大学・2014年)

専門分野

有機合成化学、不斉触媒化学、有機金属化学

担当科目

有機化学Ⅰ、化学系薬学実習

主要研究テーマ

  • 医薬合成を志向した新規不斉触媒反応の開発
  • 新規金属錯体触媒による酸化的分子変換法の開発
  • 生体高分子の機能制御に関する研究

所属学会

日本薬学会
有機合成化学協会

主な経歴

2012年4月 日本学術振興会特別研究員
2014年4月 静岡県立大学薬学部 助教

受賞歴

2012年 日本薬学会 第132年会優秀発表賞
2013年 日本薬学会 第133年会優秀発表賞
2014年 日本薬学会 第134年会優秀発表賞
2015年 有機合成化学協会 第一三共研究企画賞

主な社会活動

 

主要研究業績

  • "Highly Enantioselective Bromocyclization of Allylic Amides with a P/P=O Double-site Lewis Base Catalyst" Chem. Eur. J., 2016, 22, 2127.
  • "Catalytic Asymmetric Mannich-Type Reaction of N-Alkylidene-α-Aminoacetonitrile with Ketimines" Angew. Chem. Int. Ed., 2015, 54, 5183.
  • "Enantioselective Bromocyclization of Allylic Amides Catalyzed by BINAP Derivatives" Org. Lett., 17, 1244-1247, 2015
  • "Direct catalytic asymmetric addition of acetonitrile to N-thiophosphinoylimines" Chemical Communications 2013, 13, 11227-11229.
  • "Streamlined catalytic asymmetric synthesis of atorvastatin" Chemistry–A European Journal 2013, 19, 3802-3806.
  • "Anti-selective direct catalytic asymmetric aldol reaction of thiolactams" Organic Letters 2012, 14, 3108-3111.
  • "A simplified catalytic system for direct catalytic asymmetric aldol reaction of thioamides; application to an enantioselective synthesis of atorvastatin" Tetrahedron 2011, 67, 6539-6546.
  • "Catalytic asymmetric conjugate addition of α-cyanoketones for the construction of a quaternary stereogenic center" Organic Letters 2010, 12, 1484-1487.

教育・研究に対する考え方

教育:自主的に新たな方向性を創造できる人材の育成に努めたい。有機化学教育を通して、創薬研究・医薬行政・高度医療を担う薬剤師、いずれの現場においても高いレベルで活躍できる基礎を備えた学生を育てたい。
研究:研究の楽しさや成功時の喜びを共有してもらうためにも、活発な議論を通して学生から自由な発想・意見を積極的に引き出したい。学生とともに未来の化学の常識を創りあげたい。

研究シーズ集に関するキーワード

分子触媒,不斉合成,フッ素化学,酸化反応,C-H変換反応,フロー化学,生体関連分子

モバイル表示

PC表示