グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
浅間 哲平(ASAMA Teppei)
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 講師
国際関係学研究科 講師(兼務)
部屋番号
一般教育棟2505号室
Eメールアドレス
asama(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/110asama.pdf

学歴

2001年3月 東京大学文学部言語文化学科卒業
2004年3月 東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了
2007年9月 ジュネーヴ大学文学部専門研究課程修了
2010年9月 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学
2013年5月 パリ第7大学文学・人文学研究科博士課程修了


学位

テクストとイメージの歴史・記号学博士(パリ第7大学・2013年)


専門分野

フランス文学、フランス文化


担当科目

フランス語ⅠAB、フランス語ⅢAB、原典講読VAB、ヨーロッパ文学論ⅡAB、フランス語入門


主要研究テーマ

・マルセル・プルースト研究
・フランス19世紀文学における蒐集家(コレクター)の表象
・ロマンティック・バレエ研究
・芸術におけるアマチュアリズムについて


所属学会

日本フランス語フランス文学会
日本プルースト研究会


主な経歴

2007年4月 日本学術振興会 特別研究員
2011年1月 東京大学大学院 特別研究員
2011年4月 日本学術振興会 特別研究員


主な社会活動

  


主要研究業績

○論文
マルセル・プルーストにおける精神的な人相学、仏語仏文学研究、30、73-95、2004
マルセル・プルーストにおける「小説」の誕生、仏語仏文学研究、32、139-150、2006
マルセル・プルーストにおける愛好家について、仏語仏文学研究、36、119-130、2008
プルーストの描くモネ愛好家―蒐集と巡礼―、仏語仏文学研究、38、43-57、2009
Proust et Robert de Montesquiou, Bulletin d’Études de langue et littérature, Société japonaise de langue et littérature française du Kanto, 18, 111-123, 2010
プルーストとスノビスム、仏語仏文学研究、40、59-73、2010

○著書
フランス文化事典、丸善、東京、担当項目:「フットボール」「ロマンティック・バレエ」「バレエ・リュス」「蒐集家の家」(176-177;380-381;396-397;450-451)、2012

○発表
プルーストと愛好家、日本フランス語フランス文学会関東支部大会(於 法政大学)、2009年3月
プルーストの作品と日仏の研究状況、国内会議・指名(於 北海道大学)、2013年11月


教育・研究に対する考え方

フランス文学やフランス文化を通して、自分とは異なるものにアプローチする心構えや方法を学んでほしいと思っています。フランス語を正確に読み、自分の考えをわかりやすく発信する、そのようなことを大切にしています。
「いっぱいつまった頭よりもむしろ、よくできた頭を」 。
« Plutost la teste bien faicte que bien pleine ».


研究シーズ集に関するキーワード

蒐集、コレクター、フランス、文学、所有欲、美術館、小説


モバイル表示

PC表示