グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:唐木 晋一郎

氏名
唐木 晋一郎(KARAKI Shin-ichiro)
出生年月
1974年4月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(環境生理学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5794
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12309号室
Eメールアドレス
karaki@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://physiology.u-shizuoka-ken.ac.jp/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_02_100.pdf

学歴

1998年3月 静岡県立大学薬学部薬学科卒業
2003年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科環境物質科学専攻博士後期課程修了

学位

博士(環境科学)(静岡県立大学・2003年)

専門分野

生理学(消化管生理学、環境生理学、栄養生理学)、食品機能学

担当科目

環境生命科学実験I (解剖・酵素反応)、情報科学、環境科学英語II(後期・生命科学英語)

主要研究テーマ

  • 消化管の生理機能(消化管運動、粘膜機能、生体防御)制御機構の解明
  • 消化管の管腔内化学物質受容機構に関する研究
  • 消化管における食品成分の機能性に関する研究

所属学会

日本生理学会 (学会認定 生理学エデュケーター)
アメリカ生理学会
日本栄養・食糧学会(英文誌Journal of Nutritional Science and Vitaminology 編集委員)
日本食物繊維学会
Hindgut Club Japan (評議員)
日本神経科学学会

主な経歴

2003年4月 静岡県立大学 環境科学研究所/大学院生活健康科学研究科 助手
2012年4月 静岡県立大学 環境科学研究所/大学院薬食生命科学総合学府 助教
2014年4月 静岡県立大学 食品栄養科学部/大学院薬食生命科学総合学府 助教

受賞歴

2008年 The 6th International Symposium for Young Scientists (ISYS), Lublin, Poland. Diploma for outstanding presentation

主な社会活動

学術雑誌編集委員:Journal of Nutritional Science and Vitaminology
「グランシップ音楽の広場」運営会議委員(公益財団法人 静岡県文化財団)

主要研究業績

  • 唐木晋一郎.腸管上皮におけるマイクロバイオーム代謝産物受容と生理機能.Bio Clinica 32(11): 70-73, 2017.
  • Karaki S*, Ishikawa J, Tomizawa Y, Kuwahara A. Effects of ε-viniferin, a dehydrodimer of resveratrol, on transepithelial active ion transport and ion permeability in the rat small and large intestinal mucosa. Physiol Rep 4(9): e12790, 2016. * corresponding author
  • Iizuka Y, Kuwahara A, Karaki S*. Role of PGE2 in the colonic motility: PGE2 generates and enhances spontaneous contractions of longitudinal smooth muscle in the rat colon. J Physiol Sci 64(2): 85-96, 2014. * corresponding author
  • 唐木晋一郎.大腸の管腔内化学物質受容と消化管運動および腸液分泌Luminal chemosensing involved in the intestinal motility and fluid secretion in the large intestine.アミノ酸研究 7(1), 23-27, 2013.
  • 唐木晋一郎.腸管のケミカルセンシング―腸管粘膜における味覚受容関連分子の発現とその生理的役割についての考察―.日本病態生理学会雑誌 21(3): 32 -33, 2012.
  • Karaki SI, Kuwahara A. Propionate-induced epithelial K+ and Cl-/HCO3- secretion and free fatty acid receptor 2 (FFA2, GPR43) expression in the guinea pig distal colon. Pflugers Arch 461(1): 141-152, 2011.
  • 唐木晋一郎, 桑原厚和.消化管の管腔内化学受容と消化管機能制御.「消化管の栄養・生理と腸内細菌―Hindgut Club Japan 15周年記念誌」Hindgut Club Japan 編,アニマルメディア社,pp. 39-55, 2011.
  • Karaki SI, Kuwahara A. Role of short-chain fatty acids and their receptors in colonic motility. Bioscience Microflora 29(1): 31-40, 2010.
  • 唐木晋一郎,桑原厚和. 大腸内の短鎖脂肪酸とその受容体による大腸運動の制御―腸内細菌と生体との橋渡しによる生体ホメオスタシスの制御.化学と生物 48(4): 230-232, 2010.
  • Karaki SI, Kuwahara A. Free fatty acid receptors and their physiological roles in the colon. Medycyna Wet 66(3): 147-155, 2010.
  • Karaki SI, Tazoe H, Hayashi H, Kashiwabara H, Tooyama K, Suzuki Y, and Kuwahara A. Expression of the short-chain fatty acid receptor, GPR43, in the human colon. J Mol Histol 39: 135-142, 2008.
  • 唐木晋一郎,桑原厚和. 大腸内の短鎖脂肪酸とその受容体による大腸運動の制御―腸内細菌と生体との橋渡しによる生体ホメオスタシスの制御.化学と生物 48(4): 230-232, 2010.
  • 唐木晋一郎, 桑原厚和.腸管は管腔内の化学環境をどのように認識し生理学的応答を惹起するのか. G.I.Research 16: 45-54, 2008.
  • 唐木晋一郎, 桑原厚和.大腸の腸管神経系 Enteric Nervous System―II. 大腸運動調節、粘膜上皮における水・電解質輸送調節、および生体防御機構に対する関与―.FFIジャーナル 213: 157-168, 2008.
  • 唐木晋一郎, 桑原厚和.大腸の腸管神経系 Enteric Nervous System ― I. 腸管神経細胞の形態・機能的分類と神経回路 ―.FFIジャーナル 212: 1044-1053, 2007.
  • Karaki SI, Kaji I, Otomo Y, Tazoe H, Kuwahara A. The tight juncition component protein, claudin-4, is expressed by enteric neurons in the rat distal colon. Neurosci Lett 428: 88-92, 2007.
  • 唐木晋一郎,桑原厚和. 大腸の水・電解質輸送調節機構―腸管神経-内分泌-免疫系およびプロスタグランジンの関与―. G.I.Research 15: 43-53 (123-133), 先端医学社, 2007.
  • Karaki S, Mitsui R, Hayashi H, Kato I, Sugiya H, Iwanaga T, Furness JB, and Kuwahara A. The short chain fatty acid receptor, GPR43, is expressed by enteroendocrine cells and mucosal mast cells in the rat intestine. Cell Tissue Res 324: 353-360, 2006.
  • 唐木晋一郎,長浜真人,桑原厚和. 胃・小腸運動―迷走神経、腸管神経の関与. 「胃切除と再建術式」 三輪晃一監修, 今村幹雄編集, 医学図書出版, pp. 23-50, 2005.
  • 唐木晋一郎,鈴木裕一.イオンチャネル・起電性トランスポーター機能測定法.「生物化学実験法50 腸管細胞機能実験法」学会出版センター,pp. 54-65, 2005.
  • Karaki S, and Kuwahara A. Regulation of intestinal secretion involved in the interaction between neurotransmitters and prostaglandin E2. Neurogastroenterol Motil 16 suppl 1: 96-99, 2004.
  • 唐木晋一郎,桑原厚和.上皮膜における電解質輸送の電気生理学的測定法:短絡電流法. 日薬理誌 123: 211-218, 2004.
  • Karaki S, Hosoda Y, Kadowaki M, Kuwahara A. Effects of adenosine or 5-HT-evoked ion transport in guinea pig distal colon. In: FALK SYMPOSIUM 112 Neurogastroenterology From the Basics to the Clinics, Krammer HJ, and Singer MV (eds), Kluwer Academic Publishers, pp. 251-254, 2000.

教育・研究に対する考え方

研究は、流行にまどわされず、一方で「個性」とか「オリジナリティー」や「オンリーワン」という言葉にごまかされる(ごまかす)ことなく、本当に自分自身の好きなこと、信念を持てることを、たとえ今現在誰にも評価されなくても、今日、明日の結果ではなく、10年、100年先の学問のために朴訥と続けたい。学生の皆さんには、知識でも、夢でも、信念でも、好きなことでも、ここで何かを発見していただきたいと願っています。

研究シーズ集に関するキーワード

消化管,腸管神経系,腸内分泌系,腸管免疫系,腸内細菌叢,電気生理学,短絡電流法,免疫組織化学

モバイル表示

PC表示