グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
糸川 紅子(ITOKAWA Beniko)
出生年月
1977年11月
所属・職名
看護学部看護学科(成人看護学) 講師
看護学研究科(成人・老年看護学) 講師(兼務)
部屋番号
看護学部棟(小鹿キャンパス)14402号室
Eメールアドレス
beniko-i@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_05_179.pdf

学歴

2003年 千葉大学看護学部卒業
2011年 千葉大学大学院看護学研究科博士前期課程CNSコース修了
2016年3月 聖隷クリストファー大学大学院看護学研究科博士後期課程修了

学位

看護学修士(千葉大学・2011年)
看護学博士(聖隷クリストファー大学・2016年)

専門分野

がん看護、外来看護、終末期看護

担当科目

成人看護学Ⅰ、成人看護学演習、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

主要研究テーマ

  • 化学療法を受けるがん患者の生活に関する研究
  • 終末期がん患者の倫理的問題に関する研究

所属学会

日本看護科学学会
日本がん看護学会
千葉看護学会

主な経歴

2003年4月 千葉大学医学部附属病院 看護師
2007年6月 JFE健保組合川鉄千葉病院 看護師
2011年5月 独立行政法人静岡県立病院機構 静岡県立総合病院 がん看護専門看護師

主な社会活動

 

主要研究業績

  • 大学の教養教育課程における死生観教育のあり方の検討.岡本明美、眞嶋朋子、糸川紅子他 千葉大学大学院 看護学研究科紀要、33、p1-8、2011
  • 胆嚢がんであるBさんの病状悪化に伴う家族の危機~マッカバンの家族危機モデル二重ABC-Xによる事例分析~ 危機理論による分析と看護介入事例集、p94~107、金芳堂、2013年2月

教育・研究に対する考え方

臨床で得たシーズ(種)を研究のプロセスで大切に育て、研究成果を応用できる人材育成を含めたトランスレーショナル・リサーチのシステムを構築していきたい。

研究シーズ集に関するキーワード

化学療法,副作用,末梢神経障害,運動,緩和

モバイル表示

PC表示