グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:江上 寛通

氏名
江上 寛通(EGAMI Hiromichi)
出生年月
1981年12月
所属・職名
薬学部薬科学科(医薬品創製化学分野) 講師
薬学研究院(医薬品創製化学教室) 講師(兼務)
電話番号
054-264-5781
部屋番号
薬学部棟6317号室
Eメールアドレス
hegami@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/lsocus/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_01_050.pdf

学歴

2004年3月 九州大学理学部化学科卒業
2009年3月 九州大学大学院理学府分子化学専攻博士課程修了

学位

理学博士(九州大学・2009年)

専門分野

有機合成化学、有機金属化学、触媒化学

担当科目

有機合成論、化学系薬学実習、科学演習Ⅱ

主要研究テーマ

  • 酵素をモチーフとした新規金属錯体触媒の開発
  • 分子設計に基づく有機合成反応の開発
  • 反応機構解析に基づく反応駆動原理の探求と応用

所属学会

日本薬学会
日本化学会
日本フッ素化学会
有機合成化学協会
アメリカ化学会

主な経歴

2009年4月 ERATO袖岡生細胞分子化学プロジェクト 博士研究員
2012年4月 ERATO袖岡生細胞分子化学プロジェクト グループリーダー
2013年10月 静岡県立大学薬学部 助教
2016年12月 静岡県立大学薬学部 講師

主な社会活動

 

主要研究業績

  • “Benzylic C–H trifluoromethylation of phenol derivatives” Chem. Commun., 2015, 51, 16675-16678.
  • “Asymmetric Fluorolactonization with a Bifunctional Hydroxyl Carboxylate Catalyst” J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 10132-10135.
  • “Concise synthesis of binaphthol-derived chiral dicarboxylic acids” Tetrahedron, 2015, 71, 6384-6388.
  • “Aminotrifluoromethylation via Cyclic Amine Formation of Olefins: Mechanistic Study and Application to Synthesis of Trifluoromethyl Pyrrolidines” J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 4865-4873.
  • “Trifluoromethylation of Alkenes with Concomitant Introduction of Additional Functional Group” Angew. Chem. Int. Ed., 2014, 86, 1247-1256.
  • “Dual Catalysis with Copper and Rhenium for Trifluoromethylation of Propargylic Alcohols: Efficient Synthesis of -Trifluoromethylated Enones” Chem. Eur. J., 2014, 20, 12061-12065.
  • “A “Catch-and Release” Protocol for Alkyne-Tagged Molecules Based on a Resin-Bound Cobalt Complex for Peptide Enrichment in Aqueous Media” Chem. Eur. J., 2014, 20, 8116-8128.
  • “Trifluoromethylation Reactions for the Synthesis of β-Trifluoromethylamines” Angew. Chem. Int. Ed., 2013, 52, 7841-7844.
  • “Alkene Trifluoromethylation Coupled with C–C Bond Formation: Construction of Trifluoromethylated Carbocycles and Heterocycles” Angew. Chem. Int. Ed., 2013, 52, 4000-4003.
  • “Copper-Catalyzed Trifluoromethylation of Allylsilanes” Angew. Chem. Int. Ed., 2012, 51, 4577-4580.
  • “Enantioenriched Synthesis of C1-Symmetric BINOLs: Iron-Catalyzed Cross-Coupling of 2-Naphthols and Some Mechanistic Insight” J. Am. Chem. Soc., 2010, 132, 13633-13635.
  • “Oxidation Catalysis of Nb(salan) Complexes: Asymmetric Epoxidation of Allylic Alcohols Using Aqueous Hydrogen Peroxide as Oxidant” J. Am. Chem. Soc., 2010, 132, 5886-5895.
  • “Iron-Catalyzed Asymmetric Aerobic Oxidation: Oxidative Coupling of 2-Naphthols” J. Am. Chem. Soc., 2009, 131, 6082-6083.
  • “Nb(salan)-Catalyzed Asymmetric Epoxidation of Allylic Alcohols with Hydrogen Peroxide” Angew. Chem. Int. Ed., 2008, 47, 5171-5174.
  • “Fe(salan)-Catalyzed Asymmetric Oxidation of Sulfides with Hydrogen Peroxide in Water” J. Am. Chem. Soc., 2007, 129, 8940-8941.

教育・研究に対する考え方

教育について: 最先端の研究を通して有機化学への意欲、興味を引き出すとともに問題解決に必要な「思考力」を育んでいきたいと考えています。
研究について: 生体酵素に学び、そのエッセンスを抽出することで、新しい触媒の開発に取り組み、これまでとは一線を画す有用な有機合成反応の開発を目指したいと考えています。

研究シーズ集に関するキーワード

分子触媒,不斉合成,フッ素化学,酸化反応,C-H変換反応,フロー化学,生体関連分子

モバイル表示

PC表示