グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:中村 順行

氏名
中村 順行(NAKAMURA Yoriyuki)
出生年月
1953年2月
所属・職名
食品栄養環境科学研究院・食品栄養科学部 特任教授
食品栄養環境科学研究院附属茶学総合研究センター長
電話番号
054-264-5822
部屋番号
食品栄養科学部棟5221号室
Eメールアドレス
yori.naka222(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/tsc/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/85nakamura.pdf

学歴

1975年3月 岩手大学農学部蔬菜花卉園芸学科卒業
1977年3月 岩手大学大学院農学研究科修士課程修了


学位

農学博士(岐阜大学・2005年)


専門分野

育種学、作物学、茶学


担当科目

茶学入門


主要研究テーマ

・緑茶の機能性及び疫学移に関する研究
・県内産茶葉及び茶飲料の嗜好特性の解析と高付加価値化


所属学会

日本茶業技術協会
茶学術研究会


主な経歴

2004年4月 静岡県茶業試験場富士分場長
2006年4月 静岡県農林技術研究所企画部長
2007年4月 静岡県茶業研究センター長
2013年5月 静岡県立大学 特任教授


主な社会活動

日本茶アワード審査委員長
日本茶新評価運営委員会委員
静岡抹茶研究会外部アドバイザー
日本茶インストラクター認定委員
静岡県産抹茶ブランド戦略策定委員会委員
香り緑茶協議会委員
世界和紅茶会議実行委員会委員
日本茶アワード実行委員会委員
お茶の郷運営委員会委員
地域結集型研究開発プログラム事業化推進協議会委員
茶産地確立支援事業推進委員
全国手もみ保存会全国手もみ茶品評会審査委員
農業・工業原材料生産と光技術研究会企画委員


主要研究業績

○学術論文(2001以降)
・X線照射時における核小体の数的変化―第2報―、茶業研究報告,No.92(別),pp.40-41.(2001)
・X線照射によるチャの高カテキン・低カフェイン系統の選抜、茶業研究報告,No.92(別),pp.48-49.(2001)
・近赤外法によるチャ単葉中のカテキン類含量の定量、茶業研究報告,No.92(別),pp.116-117.(2001)
・チャの挿し木育苗法や育苗期間の違いにより異なる苗の生育に応じたペーパーポットの大きさ、静岡県茶業試験場報告,No.23,pp.37~42.(2001)
・チャのペーパーポット育苗における挿し土の崩壊防止に関する研究、日本作物学会記事、第70巻、第1号、pp.28~33.(2001)
・A new cultivar ‘Tsuyuhikari’ for green tea. Proceedings of 2001 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka. pp.144-146.(2001)
・Aluminum accumulation in the plants of genus Camellia. Proceedings of 2001 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka. pp.300-302.(2001)
・耐虫性・耐寒性チャ品種“さやまかおり”の花粉親は現存しない可能性が高い,育種学研究,3,pp.43~48.(2001)
・新しい煎茶用品種“つゆひかり”、茶業研究報告、No.95,1~15.(2003)
・チャ品種の育成年度に応じた茶葉中の各種成分含量の変化,育種学研究,6,pp.1~9.(2004)
・チャのペーパーポット育苗時におけるせん枝処理が苗の分枝数増加と定植後の初期生育に及ぼす影響、日本作物学会記事、第75巻、第3号、pp.289~295.(2006)
・チャの組織培養による大量増殖法とポット育苗技術に関する研究、静岡県茶業試験場特別報告、第4号,pp.1~84.(2007)
・ Influences of light emitting diodes irradiation and shade treatment on volatile profiles and related metabolites of leaves of tea (Camellia sinensis) plants and freshly picked tea leaves. 9th Warturg Symposium on Flavor Chemistry & Biology(2010)
・日本における茶の機能性を活用した商品開発の現状、「韓国・中国・日本」茶学術シンポジウム、韓国賽城市.(2009)
・ Profile of Japanese Green Tea, Korea-Japan Joint Symposium and Graduate Students Forum, Kyungpook Natl. Univ. Korea(2009)
・緑鮮やかな多収性のチャ新品種候補「86-7-1」、茶業研究報告,(2009)
・技術史を中心とした茶業発展の百年、観光文化(日本交通公社編)、Vol.195、pp.6~10.(2009)
・ Polyphenol biofortification of tea leaves by exposure to light-emitting diode (LED), Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka.(2010)
・Influence of Strong Shading by Direct Covering on the Color and the Ingredients of Tea Leaves.  Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka(2010)
・Chemical composition of the first crop of "white leaf tea" plants in Japan. Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka(2010)
・The effect of light condition on ascorbate content of tea plant (Camellia sinensis L.).. Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka(2010)
・Mechanism of accumulation of taste constituents in tea leaves by light shading,  Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka(2010)
・Effects of photo-selective sheets covering culture on growth and catechins content of tea plant (Camellis sinensis L.).Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka(2010)
・Effects of light period and intensity on photomorphogenesis and constituents in new shoots of tea plant (Camellia sinensis L.), Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka(2010)
・Regulation of volatile formation in tea (Camellia sinensis) leaves by light conditions, Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka(2010)
・光強度がチャ新芽の生育に及ぼす影響、茶業研究報告、No.112(別),pp.36-37.(2011)
・光強度がチャ新芽の葉色及び成分に及ぼす影響、茶業研究報告、No.111,pp.39-50.(2011)
・光照射がチャ培養細胞のアスコルビン酸含量及び抗酸化系酵素活性に及ぼす影響、茶業研究報告、No.111,pp.51-62.(2011)
・日本で栽培されている白葉茶の一番茶新芽の化学成分含量、茶業研究報告、No.111,pp.63-72.(2011)
・強遮光処理によるチャ新芽白葉化技術の各品種への適用、茶業研究報告、No.111,pp.77-82.(2011)
・Hikaru Sato, Hideyuki Katai, Yoriyuki Nakamura, Yoichi Aoshima, Yasutaka Suzuki,(2013): The cultivation of ‘Yumesuruga’ for green tea which has excellent green color of made tea and liquor, Proceedings of 2013 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka
・Yasuo Niwa, Shoko Watanabe, Takeshi Ogawa, Hideki Nagasaki, Yasukazu Nakamura, Hideki Nishimura, Takashi Hirayama, Eiji Kobayashi, Yoriyuki Nakamura, Hirokazu Kobayashi(2013): Establishment of a tea custom array based on EST data obtained with next-generation sequencing, Proceedings of 2013 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka
・Aya kunihiro, Megumi Ohshio, Takashi Ikka, Eiji Kobayashi, Toshikazu Suzuki, Yutaka Koizumi, Yoriyuki Nakamura, Akio Morita(2013):Characteristics of chemeical composition and arginine metabolism in ‘white leaf tea’, Proceedings of 2013 International Conference on O-CHA(tea) Culture and Science in Shizuoka
・Ai Yoto, Hidehiko Yokogoshi, Tsuyoshi Moriyama, Yoriyuki Nakamura, Tsuyoshi Katsuno, and Tsutomu Nakayama, (2013):Effect of smelling green tea rich in aroma components on EEG ativity and memory task performance、International Conference on Biometrics and Kansei Engineering CD proceedings, 2013 IEEE DOI 10.1109/ICBAKE.2013.15, 76-81
・中村順行(2013):白い芽のお茶、茶学術研究会公開シンポジウム、pp.9-12.
・中村順行(2013):茶の品種改良とその増殖技術~新品種に期待する大きな可能性~、第28回茶学術研究会講演会、pp.61-65.
・中村順行(2013):食生活(緑茶消費)とがんおの関係を統計学的に考える、茶学術公開シンポジウム
・中村順行、森田明雄、一家崇志、大塩恵、西野鋭一、佐次本金義、大石久泰(2014):熱水シャワー方式によるカフェインの溶出特性、茶業研究報告、第118号、pp114-115.
・大塩恵、一家崇志、小林栄人、鈴木利和、小泉豊、中村順行、丹羽康夫、小林裕和、森田明雄(2014):白葉茶系統・品種の葉位別化学成分特性とアルギニン集積機構の解明、茶業研究報告、第118号、pp112-113.
・中村順行、小林栄人(2014):「静岡発世界を結ぶ新世代茶飲料と素材の開発」事業から開発された白葉茶、食品と開発、Vol49,No.9、pp.82-84.
・中村順行・小林栄人(2014):静岡発!!白葉茶の開発、ソフト・ドリンク技術資料、No.174.Vol.3、pp.43-56.
・伊勢村護、鈴木拓史、中村順行(2014):緑茶カテキンの血管系疾患予防効果―疫学研究を中心に、Functional Food、第25号,Vol.8.No.1、pp16-20.
・海野けい子、住吉 晃、野中博意、小西智一、原 文音、中川愛美、井口和明、武田厚司、川島隆太、林美智子、中村順行:社会心理的ストレスによる脳の老化促進とその予防 日本基礎老化学会第37回大会(大府)、抄録集、p.66、2013年6月26日
・原文音、住吉 晃、野中博意、小西智一、中川愛美、井口和明、武田厚司、川島隆太、林美智子、中村順行、海野けい子:社会心理的ストレスによる脳の萎縮とテアニンによる予防 第29回老化促進モデルマウス (SAM) 研究協議会(東京)、抄録集、 p.28、 2014年7月6日
・Ayane Hara, Akira Sumiyoshi, Hiroi Nonaka, Tomokazu Konishi, Kazuaki Iguchi, Ryuta Kawashima, Michiko Hayashi, Yoriyuki Nakamura, Hiroshi Yamada, and Keiko Unno: Anti-stress effect of theanine: Prevention of adrenal hypertrophy and brain atrophy in mice, and suppression of salivary α-amylase activity and subjective stress in students. The 2nd International Conference on Farma and Food (Shizuoka), p. 107, 2014年11月6日
・斎藤貴江子,亀谷秀樹,古江健二,池田雅彦,佐野満昭,中村順行: 茶樹の水耕栽培による根の抽出物が老化ラットの脳機能を改善する効果について, 第21回日本未病システム学会(大阪),2014年11月1日.
・Saito K., Ikeda M., Kametani H., Nakamura Y.: Effect of the extract of tea roots (Camellia sinensis) hydroponically cultured on the recognition memory of a rat. The 2nd International Conference on Pharma and Food, Shizuoka, Japan, Nov 6 (2014).
・Saito K., Ishikawa M., Nakamura Y.: Development and function of post-fermented tea. Shizuoka Forum on Health and Longevity, Nov 7 (2014).
・Monira Pervin, Yu Koyama, Mamoru Isemura, Yoriyuki Nakamura: Plant Lectins in Therapeutic and Diagnostic Cancer Research. International Jpurnal of Plant Biology & Research 3(2):1030 (2015).
・Monira Pervin, Yu Koyama, Mamoru Isemura and Yoriyuki Nakamura. Plant Lectins in
Therapeutic and Diagnostic Cancer Research. Intern. J. Plant Biol. Res., (2015)
・Noriyuki Miyoshi, Monira Pervin, Takuji Suzuki, Keiko Unno, Mamoru Isemura and Yoriyuki Nakamura. Green tea catechins for well-being and therapy:prospects and opportunities. Botanics: Targets and Therapy, 5, 1-12 (2015)
・Noriyuki Miyoshi, Monira Pervin, Takuji Suzuki, Keiko Unno, Mamoru Isemura, Yoriyuki Nakamura: Green tea catechins for well-being and therapy: prospects and opportunities. Botanics: Targets and Therapy 5, 85-96 (2015).
・中村順行:静岡茶の現況と新たな取り組み、ジャパンフードサイエンス、Vol.54、No.3、pp.16-22.(2015).
・Yoriyuki Nakamura :Characteristics of Japanese Green Tea , “Scientific Evidence for the Health Benefits of Green Tea”. Eds. Hideo Eto, et al. pp. 14-24 (2015) Nobunkyo Production Ltd., Tokyo, Japan

○著書
・村松敬一郎編;茶の科学;朝倉書店発行、茶の品種と栽培、pp.11-20(1991)
・岩浅潔編;チャの栽培と利用加工;養賢堂発行、バイオテクノロジーの利用、pp.217-223(1994)
・O-CHA学構想会編;お茶なんでも小辞典;講談社(2000)
・小国伊太郎編;緑茶革命;女子栄養大学出版部(2001)
・武田善行監修;茶の品種;静岡県茶業会議所発行(2003)
・中村順行;日本茶の起源を探る;茶学の会、お茶の郷博物館発行(2003)
・小国伊太郎編;心と体に効くお茶の科学;ナツメ出版(2004)
・此本晴夫編;図解茶生産の最新技術―栽培編;静岡県茶業会議所発行、チャの分類と品種など(2006)
・富士のお茶天下一品茶の再現;静岡県茶業試験場富士分場発行(2007)
・農山漁村文化協会編;茶大百科;農文協発行、茶の増殖法の種類と方法など(2008)
・国産紅茶を語る「日本における紅茶品種の系譜」;世界緑茶協会発行(2010)
・森田明雄編;茶の科学 朝倉書店(2013)
・農文協編;地域食材大百科 第12巻 茶;農文協(2013)


教育・研究に対する考え方

教育:幅広い視野に立ち、何事にも前向きでチャレンジする心を持たせたい。茶の文化、生産、加工、機能性、経営を通して茶の魅力と奥深さを伝えたい
研究:茶は嗜好品でありながら、世界の歴史をも動かす飲料である。その力を科学的にフォローし、世界展開を視野に入れた研究を目指したい


研究シーズ集に関するキーワード

茶、連携、機能性、人材育成、経営、マーケティング、多用途利用、嗜好特性、需要開拓


モバイル表示

PC表示