グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
笠原 民子(KASAHARA Tamiko)
所属・職名
経営情報学部経営情報学科 講師
経営情報イノベーション研究科 講師(兼務)
部屋番号
経営情報学部棟4305号室
Eメールアドレス
kasahara(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/132akasahara.pdf

学歴

1999年3月 創価大学 経営学部 経営学科卒業
2002年3月 神戸商科大学大学院経営学研究科博士前期課程修了
2008年3月 神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程修了


学位

経営学博士(神戸商科大学・2008年)


専門分野

国際経営、国際人的資源管理、グローバル人的資源管理


担当科目

企業論、国際経営論、国際人的資源管理論
国際経営特論、多国籍企業特論


主要研究テーマ

・グローバル人的資源管理研究
・知識集約型企業を対象としたグローバル人的資源管理研究
・グローバルタレントマネジメント


所属学会

国際ビジネス研究学会(2016年4月~中部部会幹事)
多国籍企業学会 理事(2017年7月~)
アジア経営学会
東アジア経営学会国際連合
異文化経営学会
日本経営学会
Academy of International Business
The Association of Japanese Business Studies
Euro-Asia Management Studies Association
The European International Business Academy
European Group for Organizational Studies


主な経歴

2005年4月~2006年5月 株式会社社会経済基礎研究所 研究員
2006年9月~2008年3月 財団法人尼崎地域産業活性化機構尼崎市中小企業センター事業課 調査担当員
2006年10月~2008年3月 流通科学大学商学部 非常勤講師
2007年4月~2013年3月 阪南大学経営情報学部 非常勤講師
2008年4月~2013年3月 四国大学経営情報学部 専任助教
2010年9月~2011年3月 同志社女子大学 現代社会学部 非常勤講師
2013年4月 静岡県立大学 経営情報学部 専任講師


受賞歴

1. 第8回(2015年度)多国籍企業学会 単行本の部 『学術研究奨励賞』 受賞、2015年7月
2. EAMSA (Euro-Asia Management Studies Association), the 29th Annual Conference, Best Reviewer Award finalist, November, 2012.


主な社会活動

2012年4月~2014年3月 徳島県環境影響評価審査会委員会

対外活動
静岡県企画広報部地域外交局多文化共生課主催外国人の雇用を考えるセミナー、「外国人とともにつくる地域の職場―多文化共生、グローバル化時代の雇用と持続可能なしごとづくり・地域づくり―」、基調講演講師(2014)


主要研究業績

著書
1. 笠原民子(2016)「国際人材育成」『国際人的資源管理』関口倫紀、竹内規彦、井口知栄編著、中央経済社、第7章、pp.104-120。
2. 笠原民子(2016)「国際報酬」『国際人的資源管理』関口倫紀、竹内規彦、井口知栄編著、中央経済社、第8章、pp.121-136。
3. 笠原民子(2016)「国際労使関係」『国際人的資源管理』関口倫紀、竹内規彦、井口知栄編著、中央経済社、第10章、pp.152-168。
4. 笠原民子(2014)「日本企業のグローバル人的資源管理」白桃書房。
5. 笠原民子(2008)「企業の人的資源管理」『現代企業論』、関 智宏、中條良美編著、実教出版、第8章、pp.123-142。
6. 笠原民子(2007)「日本企業へのグローバル化のインパクト」『新グローバル経営論』、安室憲一編著、白桃書房、第3章、pp.43-57。

学位請求論文
笠原民子(2008a)「日系多国籍企業におけるグローバルHRMシステムに関する一考察」2007年度 神戸商科大学 博士(経営学)学位請求論文、2008年3月。

査読付き研究論文
1. 笠原民子(2013)「日本企業における経営現地化の諸課題:HRMシステム改革の重要性」『アジア経営研究』 No.19、pp.99-110。(査読付き)
2. 笠原民子・西井進剛(2013)「知識集約型企業のグローバル人的資源管理」『多国籍企業研究』 第6号、pp.19-41。(査読付き)
3. Kasahara, T. and Nishii, S. (2013a) “What is Global Strategy and HRM for KIFs” European Journal of Business Research, Vol.13, No.1, pp.61-76.

研究論文(査読なし)
1. 笠原民子(2012a)「グローバル人的資源管理の検討課題:国際人的資源管理研究の発展系譜を踏まえて」『四国大学紀要・人文社会編38号』、pp.113-137。
2. Kasahara, T. and Nishii, S. (2012a) “The Fitted Relationship between HRM and the Global Strategy:” Institute for Policy Analysis and Social Innovation, University of Hyogo, Discussion Paper, No.49 (Rev version), pp.1-20.
3. Kasahara, T. and Nishii, S. (2011) “Toward Operating Global HRM Systems: From a Perspective of HRM system Reform” Institute for Policy Analysis and Social Innovation, University of Hyogo, Discussion Paper, No.32, pp.1-18. 担当執筆:pp.1-18.
4. 笠原民子(2008b)「日系多国籍企業の経営幹部層を対象としたグローバルHRMシステムに関する実証研究」『Annual Report of Murata Science Foundation』、No.22、pp.550-566。

研究報告(国際学会発表論文・プロシーディング:査読付き)
1. Kasahara, T. (2017) “Global Talent management in meganational MNCs: the role of RHQs in talent identification”, p.1-40, presented at the 33th EGOS Colloquium, Copenhagen Business School, Copenhagen, Denmark, 8 July 2017.
2. Kasahara, T. (2017) “Global Talent management in meganational MNCs: the role of RHQs in talent identification”, p.1-40, presented at the 33th EGOS Pre-colloquium, Copenhagen Business School, Copenhagen, Denmark, 4 July 2017.
3. Kasahara, T. (2016) “How do Japanese MNCs identify their talent?: The neglected role of RHQs in GTM”p.1-43, presented at the 5th Workshop on Talent Management, Copenhagen Business School, Copenhagen, Denmark, 3 October 2016.
4. Kasahara, T. (2016) “Omission from Talent Pool? Challenges in Japanese Companies’ Global Talent Management” pp.1-42, presented at the Annual Conference of AIB (Academy of International Business), Sheraton New Orleans, Louisiana, USA, 29 June 2016.
5. Kasahara, T. (2016) “Omission from Talent Pool? Challenges in Japanese Companies’ Global Talent Management” pp.1-40, presented at the 29th Annual Conference of AJBS (The Association of Japanese Business Studies), Sheraton New Orleans, Louisiana, USA, 25 June 2016.
6. Kasahara, T. (2014) “Global Human Resource Management in Professional Service Firms” pp.1-24, presented at the Knowledge Transfer and Cultural Diversity in MNCs, HEG Arc (Haute Ecole de Gestion), Neuchâtel, Switzerland, 2 July 2014.
7. Kasahara, T. (2014) “Managing Global Human Resource Management in Professional Service Firms: A Mechanism for Global Integrated Networking”, pp.314-337, presented at the 27th Annual Conference of AJBS (The Association of Japanese Business Studies), Westin Bayshore, Vancouver, Canada, 22 June 2014.
8. Kasahara, T. (2013) “What is the Role of Global Human Resource Management in KIFs”, pp.1-38, presented at 39th Annual Conference of EIBA (The European International Business Academy), University of Bremen, Bremen, Germany, 14 December, 2013.
9. Kasahara, T. (2013) “What is Global Strategy and HRM for KIFs”, pp.61-76, presented at IABE (International Academy of Business and Economics) 2013 Winter Conference, International Palms Resort Hotel, Florida, USA, 16 March, 2013.
10. Kasahara, T. (2012) “Global Integration between Strategy and HRM: An Exploratory Case Study in KIFs”, pp.1-29, presented at EIBA (The European International Business Academy) the 38th Annual Conference on 9 December 2012 at University of Sussex, Brighton, UK.
11. Kasahara, T. (2012) “Global Integration between Strategy and HRM: An Exploratory Case Study in KIFs”, pp.1-29, presented at 29th Annual Conference of EAMSA (Euro-Asia Management Studies Association), National University of Singapore, Singapore, 2 November, 2012.
12. Kasahara, T. (2012) “GHRM for Knowledge-Intensive Firms: An Exploratory Case Study”, pp.94-127, presented at 25th Annual Conference of AJBS (The Association of Japanese Business Studies), George Washington University, Washington, D. C., USA, 29 June, 2012.
13. Kasahara, T. (2012) “Global Integration between strategy and HRM”, pp.63-72, presented at 11th Conference of IFEAMA (International Federation of East Asian Management Associations), Hohai University, Nanjing, China, 27 October, 2012.
14. Kasahara, T. (2010) “Issues of IHRM in Japanese Multinational Corporations: From a Perspectives of HRM Systems Reform”, pp.112-120, presented at 10th Conference of IFEAMA (International Federation of East Asian Management Associations), Hanyang University, Seoul, Korea, 22 October, 2010.

研究報告(国際学会発表論文・プロシーディング:査読なし)
1. Kasahara, T. (2014) “Global Talent Management in Professional Service Firms: How one global consulting firm manages its talent”, presented at the IFSAM (International Federation of Scholarly Associations of Management) 2014 Conference, Meiji University, Tokyo, Japan, 4 September 2014.

研究報告(国内学会)
1. 多国籍企業学会第50回東部部会、笠原民子、「新興国における日系企業のグローバルタレントマネジメント」、2015年10月10日、於立教大学池袋キャンパス。
2. 国際ビジネス研究学会第26回中部部会、笠原民子、“Managing Global Human Resource Management in Professional Service Firms: A Mechanism for Global Integrated Networking”、2014年4月19日、於名城大学名古屋駅前サテライト。
3. 国際ビジネス研究学会第20回全国大会、笠原民子・西井進剛、「ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズのグローバル戦略とグローバル人的資源管理の適合性に関する縦断的事例研究」、2013年10月27日、於近畿大学。
4. 多国籍企業学会 第5回全国大会、笠原民子・西井進剛、「知識集約型企業のグローバル人的資源管理:A社の探索的ケーススタディ」、2012年7月8日、於創価大学。
5. 多国籍企業学会 第15回西部部会例会、笠原民子・西井進剛「人事制度改革に関する今後の研究課題についての一考察」、2010年6月5日、於淡水サロン。

その他(調査研究報告書)
1. 南あわじ市商工会、兵庫県立大学経営学部「広域観光の調査・研究事業成果報告書」、2012年2月、pp.1-110。
2. 徳島県中小企業家同友会、「第1回四国大学・徳島県中小企業家同好会景況調査報告書」、2010年9月、pp.1-11。
3. 地域活力創出研究事業成果報告書:神河町におけるクラスター戦略の推進-観光クラスター形成実現に向けて、2009年3月、pp.1-49。
4. 平成17年度神戸ブレイン研究支援事業採択研究、中小企業のビジネスモデル革新と地域経済活性化~神戸市の中小企業を対象として~、2007年4月、pp.1-2(概要版)。
5. 財団法人尼崎・地域産業活性化機構、「尼崎製造業の経営革新のための企業行動に関する調査」、2006年3月、pp.1-50。

研究費
1. 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究B・研究分担者)「多国籍企業における研究開発戦略と国際人的資源管理の統合的研究」2017年度~2020年度
2. 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B・研究代表者)「グローバルタレントマネジメント研究の理論化:本社及び新興国海外子会社を対象として」2015年度~2017年度
3. 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C・研究分担者)「知識集約型企業のグローバル化の現状と課題:戦略と国際人的資源管理の整合性」2015年度~2017年度
4. 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究B・研究分担者)「グローバル・イノベーション創出型の国際人的資源管理に関する研究」2014年度~2016年度
5. 文部科学省科学研究費補助金(研究成果公開促進費学術図書・研究代表者)「日本企業のグローバル人的資源管理」白桃書房、20013年度
6. 文部科学省科学研究費補助金(若手研究・研究代表者)「多国籍企業における人材の創造的開発・活用を促す人的資源管理に関する比較研究」2008年度~2010年度
7. 村田学術振興財団(研究助成・研究代表者)「日系多国籍企業の経営幹部層を対象としたグローバルHRMシステムに関する実証研究」2007年度


教育・研究に対する考え方

教育:学問は、人生を豊かにする基礎となるものであると考えています。教員・学生が対等な立場で、企業が直面しているプラクティカルな問題について国際経営の視点から議論し、各学生の「自らの考え」を構築するサポートをしたいと考えています。
研究:企業活動のグローバル化に伴い、多国籍企業の人的資源管理のあり方がどのような影響を受け、また人的資源管理がどのように各多国籍企業グループの競争優位構築に貢献しているのか、について研究をしています。


研究シーズ集に関するキーワード

国際経営、国際人的資源管理、グローバルタレントマネジメント


モバイル表示

PC表示