グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
小郷 尚久(OGO Naohisa)
出生年月
1973年5月
所属・職名
薬学研究院(創薬探索センター) 講師
薬学部 講師(兼務)
電話番号
054-264-5235
部屋番号
一般教育棟2308号室
Eメールアドレス
ogo(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/tansaku/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/47aasai.pdf

学歴

1996年3月 京都薬科大学薬学部生物薬学科卒業
1999年3月 京都大学大学院薬学研究科修士課程修了
2008年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士課程修了


学位

博士(薬学)(静岡県立大学・2008年)


専門分野

創薬化学、ケミカルバイオロジー、化合物ライブラリー


担当科目

創薬科学、創薬探索学特論、化学系薬学実習、創薬探索学演習・特別実験


主要研究テーマ

・新規分子標的抗がん剤の創出を目的としたリード探索と構造最適化研究
・医薬品や候補物質の作用機序解析とバイオマーカーの探索
・低分子化合物を用いた細胞内ネットワークの解析と人工的制御


所属学会

日本薬学会
日本ケミカルバイオロジー学会
日本薬学会 医薬化学部会
日本癌学会


主な経歴

1999年4月 (株)サントリー生物医学研究所・研究員
2003年1月 (株)第一サントリー生物医学研究所・研究員(サントリーより会社分割、現アスビオファーマ株式会社)
2004年4月 静岡県環境衛生科学研究所・技師
2008年4月~2012年11月 静岡県立大学創薬探索センター客員共同研究員(兼務)
2012年4月 静岡県環境衛生科学研究所・主査
2012年11月 静岡県環境衛生科学研究所客員研究員(兼務~現在)


主要研究業績

○原著論文
1. Fluvoxamine, an anti-depressant, inhibits human glioblastoma invasion by disrupting actin polymerization. Sci. Report, in press (2016)
2. Discovery and synthesis of heterocyclic carboxamide derivatives as potent anti-norovirus agents. Chem. Pharm. Bull., in press (2016)
3. Structure-guided design of novel L‑cysteine derivatives as potent KSP inhibitors. ACS Med. Chem. Lett., 6, 1004-1009 (2015)
4. Structural basis of new allosteric inhibition in kinesin spindle protein Eg5. ACS Chem. Biol., 10, 1128-1136 (2015)
5. Ureido-pyridazinone derivatives: Insights into the structural and conformational properties for STAT3 Inhibition. Eur. J. Org. Chem., 22, 4907-4912, (2015)
6. N'-[4-(dipropylamino)benzylidene]-2-hydroxybenzohydrazide is a dynamin GTPase inhibitor that suppresses cancer cell migration and invasion by inhibiting actin polymerization. Biochem. Biophys. Res. Commun., 443, 511-517 (2014)
7. Novel multiplexed assay for identifying SH2 domain antagonists of STAT family proteins. PLOS ONE, Aug 16, 8, e71646 (2013)
8. Effect of the STAT3 inhibitor STX-0119 on the proliferation of cancer stem-like cells derived from recurrent glioblastoma. Int. J. Oncol., 43, 219-227 (2013)
9. Identification of novel kynurenine production-inhibiting benzenesulfonamide derivatives in cancer cells. Biochem. Biophys. Res. Commun., 419, 556-561 (2012)
10. Novel candesartan derivatives as indoleamine-2,3-dioxygenase inhibitors. Med Chem Commun., 3, 475-479 (2012)
11. Antitumor activity of a novel small molecule STAT3 inhibitor against a human lymphoma cell line with high STAT3 activation. Int. J. Oncol., 38, 1245-1252 (2011)
12. S-trityl-L-cysteine derivative induces caspase-independent cell death in K562 human chronic myeloid leukemia cell line. Cancer Lett., 298, 99-106 (2010)
13. Identification of a new series of STAT3 inhibitors by virtual screening. ACS Med. Chem. Lett., 1, 371-375 (2010)
14. Biochemical analysis of cellular target of S-trityl-L-cysteine derivatives using affinity matrix. Bioorg. Med. Chem. Lett., 20, 1578-1580 (2010)
15. Identification of a small-molecule inhibitor of the interaction between Survivin and Smac/DIABLO. Biochem. Biophys. Res. Commun., 393, 253-258 (2010)
16. Study on construction and the use of Shizuoka chemical library for the drug discovery in Fuji pharma valley. Bulletin of Shizuoka Institute of Environment and Hygiene., 53, 53-57 (2010)
17. Bis(hetero)aryl derivatives as unique kinesin spindle protein inhibitors. Bioorg Med Chem Lett., 19, 1058-1061 (2009)
18. Identification of aminotadalafil and its stereoisomers contained in health foods using liquid chromatography-mass spectrometry. J. Health Sci., 54, 310-314 (2008)
19. Synthesis and biological evaluation of l-cysteine derivatives as mitotic kinesin Eg5 inhibitors. Bioorg. Med. Chem. Lett., 17, 3921-3924 (2007)

○総説・著書
1. 小郷尚久、浅井章良「新規KSP阻害剤の創製‐システイン誘導体の合成と構造活性相関‐」
MEDCHEM NEWS, 25, No.2, 88-94 (2015)
2. 浅井章良、小郷尚久 「創薬研究における点と線 ドラッグライクとドラッガブルの接点を探る」
細胞工学, Vol.32, No.6, 644-648 (2013)
3. 小郷尚久 「次世代有糸分裂阻害剤:CENP-E阻害剤の創製と抗腫瘍効果」
ファルマシア, Vol.47, No.2, 166-167 (2011)


教育・研究に対する考え方

教育:創薬とは、薬学領域全般の幅広い知識と専門技術の集結と言えると思います。私はこれまでの企業・公的機関での経験を基に、実践的な創薬に関する知識や技術を教育現場で伝え活かし、世界にインパクトを与えるような新薬の研究開発に携わる創薬研究者を育てたいと考えています。
研究:静岡県では産学官が協働し創薬を目指すファルマバレープロジェクトに携わってきました。そこで構築した静岡化合物ライブラリーを活用し、創薬に関連したタンパク質に作用する新規化合物の創出を目指した研究を進めていきたいと思います。


研究シーズ集に関するキーワード

低分子医薬シード、分子標抗がん剤、探索研究、スクリーニング、化合物デザインと合成、構造活性相関、構造最適化、作用機序解析


モバイル表示

PC表示