グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:山口 深雪

氏名
山口 深雪(YAMAGUCHI Miyuki)
所属・職名
薬学部薬科学科(医薬品化学分野) 助教
薬学研究院(薬化学教室) 助教(兼務)
部屋番号
薬学部棟6504号室
Eメールアドレス
yamaguchim(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/yakka/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/37ayamaguchi.pdf

学歴

2003年3月 東京理科大学理学部応用化学科卒業
2008年3月 東京理科大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程修了


学位

理学博士(東京理科大学・2008年)


専門分野

有機合成化学


担当科目

化学系薬学実習、基礎・医用工学実習、科学演習Ⅱ、薬学英語


主要研究テーマ

・効率的かつ高選択的な新規触媒反応の開発


所属学会

日本化学会
日本薬学会
有機合成化学協会


主な経歴

2008年4月 科学技術振興機構 研究員
2008年9月 東京大学大学院理学系研究科 特任研究員
2011年3月 東京大学大学院理学系研究科 特任助教
2012年6月 静岡県立大学薬学部 助教


主な社会活動

 


主要研究業績

1) Yamaguchi, M.; Akiyama, T.; Sasou, H.; Katsumata, H.; Manabe, K. One-Pot Synthesis of Substituted Benzo[b]furans and Indoles from Dichlorophenols/Dichloroanilines Using a Palladium-Dihydroxyterphenylphosphine Catalyst. J. Org. Chem., 81, 5450 (2016)
2) Yamaguchi, M.; Higuchi, M.; Tazawa, K.; Manabe:, K. Three-Step Synthesis of Fluoranthenes through Pd-Catalyzed Inter and Intramolecular C-H Arylation. J. Org. Chem., 81, 3967 (2016)
3) Yamaguchi, M.; Manabe, K. Ligand-Controlled Site-Selective Cross-Coupling. In Site-Selective Catalysis, Kawabata, T. Ed.: Springer International Publishing: Switzerland, 1 (2016)
4) Yamaguchi, M.; Suzuki, K.; Manabe, K. Scalable Synthesis of Dihydroxyterphenylphosphine Ligands. Tetrahedron, 71, 2743 (2015).
5) Konishi, H.; Muto, T.; Ueda, T.; Yamada, Y.; Yamaguchi, M.; Manabe, K. Imidazole Derivatives as Accelerators for Ruthenium-Catalyzed Hydroesterification and Hydrocarbamoylation of Alkenes: Extensive Ligand Screening and Mechanistic Study. ChemCatChem, 7, 836 (2015).
6) Manabe, K.; Yamaguchi, M. Catalyst-Controlled Site-Selectivity Switching in Pd-Catalyzed Cross-Coupling of Dihaloarenes. Catalysts, 4, 307 (2014).
7) Yamaguchi, M.; Manabe, K. One-pot Synthesis of 2,4-Disubstituted Indoles from N-Tosyl-2,3-dichloroaniline Using Palladium-Dihydroxyterphenylphosphine Catalyst. Org. Lett, 16, 2386 (2014).
8) Yamaguchi, M.; Kimura, T.; Shinohara, N.; Manabe, K. Repetitive Two-Step Method for o,o,p- and o,p-Oligophenylene Synthesis through Pd-Catalyzed Cross-Coupling of Hydroxyterphenylboronic Acid. Molecules 18, 15207 (2013).
9) Yamaguchi, M.; Katsumata, H.; Manabe, K. One-Pot Synthesis of Substituted Benzo[b]furans from Mono- and Dichlorophenols Using Palladium Catalysts Bearing Dihydroxyterphenylphosphine. J. Org. Chem. 78, 9270 (2013).
10) Kobayashi, S.; Kiyohara, H.: Yamaguchi, M. Catalytic Silicon Mediated Carbon-Carbon Bond-Forming Reactions of Unactivated Amides. J. Am. Chem. Soc., 133, 708 (2011).
11) Yamaguchi, M.; Morita, N.; Schneider, U.; Kobayashi, S. Catalytic Use of a Soluble Organoindium(III) Species for Allylation and Crotylation of Ketones with Boronates. Adv. Synth. Catal., 352, 1461 (2010).
12) Chakrabarti, A.; Konishi, H.; Yamaguchi, M.; Schneider, U.; Kobayashi, S. Indium(I)-Catalyzed Asymmetric Allylation, Crotylation, and alpha-Chloroallylation of Hydrazones with Rare Constitutional and High Configurational Selectivities. Angew. Chem. Int. Ed., 49, 1838 (2010).
13) Kobayashi, S.; Yamaguchi, M.; Agostinho, M., Schneider, U. Catalytic Use of Strontium Hexamethyldisilazide in the Asymmetric Michael Addition of Malonate to Chalcone Derivatives. Chem. Lett., 38, 296 (2009).
14) Ueki, M.; Yamaguchi, M. Analysis of Sulfo- and Phospho-Peptides as Tetrabutylammonium Salts by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry. Res. Commun. Biochem. Cell Mol. Biol., 12, 37 (2008).
15) Yamaguchi, M.; Ohmori, T.; Sakata, Y.; Ueki, M. Oligo(tyrosine sulfate)s as Heparin Pentasaccharide Mimic: Evaluation by Surface Noncovalent Affinity Mass Spectrometry. Bioorg. Med. Chem. 16, 3342 (2008).
16) Ueki, M.; Yamaguchi, M. Enhanced Detection of Sulfo-peptides as Onium Salts in Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry. Rapid Commun. Mass Spectrom. 20, 1615 (2006).
17) Ueki, M.; Yamaguchi, M. Analysis of Acidic Carbohydrates as Their Quaternary Ammonium or Phosphonium Salts by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry. Carbohydr. Res. 340, 1722 (2005).


教育・研究に対する考え方

(教育について) 実習や研究などを通して有機化学の面白さを伝えるとともに、十分な化学の素養を持つ人材の育成に当たりたいと考えています。
(研究について) 有機合成反応は医薬品をはじめとする化学品の合成の基盤となるものです。私は、新しい反応の開発やそれらの反応機構の解明を通して、広く社会の役に立ちたいと考えています。また、新しい発見をした時の達成感は格別です。そのような気持ち(研究を楽しむ気持ち)を忘れずに日々取り組んでいきたいと思います。そして、自分の研究分野だけではなく関連する分野についても積極的に学び、視野の広い研究者でありたいと思います。


研究シーズ集に関するキーワード

クロスカップリング、配位子、パラジウム、位置選択的反応、多置換化合物


モバイル表示

PC表示