グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
鈴木 和香子(SUZUKI Wakako)
所属・職名
看護学部看護学科(小児看護学) 講師
電話番号
054-202-2917
部屋番号
看護学部棟(小鹿キャンパス)14417号室
Eメールアドレス
wakako-s(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1992年3月 信州大学医療技術短期大学部看護学科卒業
2012年3月 浜松医科大学医学系研究科修士課程修了


学位

看護学修士(浜松医科大学・2012年)


専門分野

小児看護学


担当科目

小児看護学、小児看護学演習、小児看護学実習、チーム医療演習


主要研究テーマ

特別支援学校の教員と看護師の協働


所属学会

日本小児看護学学会
日本小児がん看護学会
日本重症心身障害学会
日本育療学会


主な経歴

1992年4月 静岡県立こども病院
2004年5月 静岡県立藤枝養護学校
2008年4月 静岡県立大学・静岡県立大学短期大学部 実習指導非常勤
2009年4月 静岡市立静岡看護専門学校 非常勤実習指導教師


主な社会活動

リレー・フォー・ライフ・ジャパン静岡 実行委員


主要研究業績

特別支援学校の看護師の役割遂行上の困難感とその対処―医療的ケアにおける教員との協働確立に向けた検討―、浜松医科大学修士論文、2012
特別支援学校の看護師の役割遂行上の困難感とその対処―医療的ケアにおける教員との協働確立に向けた検討―、鈴木和香子、大見サキエ、坪見利香、日本小児看護学会誌、24(1)、8-14、2014
自閉症児を抱える母親の気持ち(共著)、愛知きわみ看護短期大学紀要、第11巻,2015
ハイリスク児をもつ母親の気持ち(共著)、愛知きわみ看護短期大学紀要、第11巻,2015
特別支援学校における医療的ケアの現状―養育者の語りから―、日本小児看護学会誌、25(1),2016


教育・研究に対する考え方

疾患や障がいを抱える子どもたちの医療的ケアや、医療現場で生じやすい問題について、学生の皆さんと考えていきたいと思います。主に在宅で暮らす障がいを抱える子どもの将来に関する研究をしていきたいと考えています。


モバイル表示

PC表示