グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
恒松 雄太(TSUNEMATSU Yuta)
出生年月
1983年8月
所属・職名
薬学部薬学科(生薬学分野) 講師
薬学研究院(生薬学教室) 講師(兼務)
電話番号
054-264-5912
部屋番号
薬学部棟6202号室
Eメールアドレス
tsunematsu(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://www015.upp.so-net.ne.jp/kenji55-lab/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/465.pdf

学歴

2006年3月 名古屋大学理学部化学科卒業
2008年3月 名古屋大学大学院理学研究科博士前期課程修了
2011年3月 京都大学大学院薬学研究科博士後期課程修了


学位

薬科学博士(京都大学・2011年)


専門分野

天然物有機化学


担当科目

 


主要研究テーマ

・遺伝子情報を活用した新規生物活性物質の獲得


所属学会

日本薬学会
日本農芸化学会
日本放線菌学会
アメリカ化学会
糸状菌分子生物学研究会


主な経歴

2011年4月 静岡県立大学薬学部 客員共同研究員(日本学術振興会特別研究員・PD)
2012年4月 静岡県立大学薬学部 特任助教
2014年8月 静岡県立大学薬学部 助教
2014年9月~2015年8月 Leibniz Institute for Natural Product Research and Infection Biology – Hans Knöll Institute (Prof. Christian Hertweck) 客員研究員
2017年7月 静岡県立大学薬学部 講師


受賞歴

2010年 第52回天然有機化合物討論会奨励賞受賞
2012年 第10回リバネス研究費 ヘルスケア部門賞受賞
2013年 平成25年度日本薬学会生薬・天然物部会 奨励研究賞
2014年 平成26年度天然物化学談話会奨励賞
2016年 Best Poster Award, Biosystems Design 2.0 Symposium
2016年 新規素材探索研究会最優秀ポスター賞


主な社会活動

 


主要研究業績

16. Yamamoto, T.; Tsunematsu. Y.; Noguchi H.; Hotta K.; Watanabe K. Elucidation of Pyranonigrin Biosynthetic Pathway Reveals a Mode of Tetramic Acid, Fused γ-Pyrone and exo-Methylene Formation. Org. Lett. 17, 4992-4995, 2015.
15. Medema, M. H.; Tsunematsu, Y.; Hertweck, C. et al. Minimum Information about a Biosynthetic Gene cluster. Nat. Chem. Biol. 11, 625-631. 2015.
14. Tsunematsu Y.; Nishimura S.; Hattori A.; Oishi S.; Fujii N.; Kakeya H. Isolation, structure elucidation, and total synthesis of tryptopeptins A and B, new TGF-β signaling modulators from Streptomyces sp. Org. Lett. 17, 258-261, 2015.
13. Zou, Y.; Xu, W.; Tsunematsu, Y.; Tang, M. C.; Watanabe, K.; Tang, Y. Methylation-dependent acyl transfer between polyketide synthase and nonribosomal peptide synthetase modules in fungal natural product biosynthesis. Org. Lett. 16, 6390-6393, 2014.
12. Tsunematsu, Y.; Fukutomi, M.; Saruwatari, T.; Noguchi, H.; Hotta, K.; Tang, Y.; Watanabe, K. Elucidation of pseurotin biosynthetic pathway points to trans-acting C-methyltransferase: generation of chemical diversity. Angew. Chem. Int. Ed. 53, 8475-8479, 2014. (The paper was highlighted in Nat. Chem. Biol. 10, 2014.)
11. Sugiyama, R.; Nishimura, S.; Matsumori, N.; Tsunematsu, Y.; Hattori, A.; Kakeya, H. Structure and biological activity of 8-deoxyheronamide C from a marine-derived Streptomyces sp.: heronamides target saturated hydrocarbon chains in lipid membranes. J. Am. Chem. Soc. 136, 5209-5212, 2014.
10. Lin, H.-C.; Tsunematsu, Y.; Dhingra, S.; Xu, W.; Fukutomi, M.; Chooi, Y.-H.; Cane, D. E.; Calvo, A. M.; Watanabe, K.; Tang, Y. Complexity generation in fungal terpene biosynthesis: discovery of a multifunctional cytochrome P450 in the fumagillin pathway. J. Am. Chem. Soc. 136, 4426-4436, 2014.
9. Tsunematsu, Y.; Ishikawa, N.; Wakana, D.; Goda, Y.; Noguchi, H.; Moriya, H.; Hotta, K.; Watanabe, K. Distinct mechanisms for spiro-carbon formation reveal biosynthetic pathway crosstalk. Nat. Chem. Biol. 9, 818-825, 2013.
8. Nakazawa, T.; Ishiuchi, K.; Sato, M.; Tsunematsu, Y.; Sugimoto, S.; Gotanda, Y.; Noguchi, H.; Hotta, K.; Watanabe, K. Targeted disruption of transcriptional regulators in Chaetomium globosum reveals transcriptional regulator-like behavior of aureonitol. J. Am. Chem. Soc. 135, 13446-13455, 2013.
7. Sato, M.; Nakazawa, T.; Tsunematsu, Y.; Hotta, K.; Watanabe, K. Echinomycin biosynthesis. Curr. Opin. Chem. Biol. 17, 537-545, 2013.
6. Tsunematsu, Y.; Ishiuchi, K.; Hotta, K.; Watanabe, K. Yeast-based genome mining, production and mechanistic studies of biosynthesis of fungal polyketide and peptide natural products. Nat. Prod. Rep. 30, 1139-1149, 2013.
5. Tsunematsu, Y.; Ichinoseki, S.; Nakazawa, T.; Ishikawa, N.; Noguchi, H.; Hotta, K.; Watanabe, K. Overexpressing transcriptional regulator in Chaetomium globosum activates a silent biosynthetic pathway: Evaluation of shanorellin biosynthesis. J. Antibiot. 65, 377-380, 2012.
4. Kishimoto, S.; Tsunematsu, Y.; Nishimura, S.; Hayashi, Y.; Hattori, A.; Kakeya, H. Tumescenamide C, an antimicrobial cyclic lipodepsipeptide from Streptomyces sp. Tetrahedron 68, 5572-5578, 2012.
3. Ishiuchi, K.; Nakazawa, T.; Ookuma, T.; Sugimoto, S.; Sato, M.; Tsunematsu, Y.; Ishikawa, N.; Noguchi, H.; Hotta, K.; Moriya, H.; Watanabe, K. Establishing a new methodology for genome mining and biosynthesis of polyketides and peptides through yeast molecular genetics. ChemBioChem 13, 846-854, 2012.
2. Tsunematsu, Y.; Ohno, O.; Konishi, K.; Yamada, K.; Suganuma, K.; Uemura, D. Symbiospirols: novel long carbon-chain compounds isolated from symbiotic marine dinoflagellate Symbiodinium sp. Org. Lett. 11, 2153-2156, 2009.
1. Kita, M.; Tsunematsu, Y.; Hayakawa, I.; Kigoshi, H., Structure of zamamistatin - a correction. Tetrahedron Lett. 49, 5383-5384, 2008.


教育・研究に対する考え方

教育:努力した人が報われる場を提供する。
研究:困難な課題に挑戦する。一方、既成概念にとらわれない新しい研究を意識し、少しずつ挑戦していきたい。


研究シーズ集に関するキーワード

天然物化学、生合成遺伝子、微生物(糸状菌,酵母,大腸菌など)、ゲノム、二次代謝、生物活性物質、酵素機能


モバイル表示

PC表示