グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
佐藤 道大(SATO Michio)
出生年月
1983年1月
所属・職名
薬学部薬学科(生薬学分野) 助教
薬学研究院(生薬学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5912
部屋番号
薬学部棟6202号室
Eメールアドレス
michio(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sweb.u-shizuoka-ken.ac.jp/~kenji55-lab/

学歴

2006年3月 北海道大学農学部生物機能化学科卒業
2011年3月 北海道大学大学院農学院博士後期課程修了


学位

博士(農学)(北海道大学・2011年)


専門分野

天然物化学、生物有機化学


担当科目

 


主要研究テーマ

・有用天然物の生合成機構の解明


所属学会

日本農芸化学会
日本薬学会
日本生薬学会


主な経歴

2011年4月 静岡県立大学 客員共同研究員
2012年4月 静岡県立大学 特任助教
2014年8月 カリフォルニア大学バークレー校 博士研究員
2015年8月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員
2017年4月 静岡県立大学薬学部 助教


受賞歴

2016年 日本薬学会生薬天然物部会奨励研究


主な社会活動

 


主要研究業績

1. Sato, M., Dander, J. E., Sato, C., Hung, Y., Gao, S-S, Tang, M-C, Hang, L., Winter, J. M., Garg, N. K., Watanabe, K., Tang, Y., “Collaborative Biosynthesis of Maleimide- and Succinimide-Containing Natural Products by Fungal Polyketide Megasynthases.” J. Am. Chem. Soc. 2017, in press.
2. Sato M., Winter J.M., Kishimoto S., Noguchi H., Tang Y., Watanabe K. “Combinatorial generation of chemical diversity by redox enzymes in chaetoviridin biosynthesis.” Org. Lett., 2016, 18, 1446-1449.
3. Sato M., Yagishita F., Mino T., Uchiyama N., Patel A., Chooi Y.H., Goda Y., Xu W., Noguchi H., Yamamoto T., Hotta K., Houk K.N., Tang Y., Watanabe K. “Involvement of lipocalin-like CghA in decalin-forming stereoselective intramolecular [4+2] cycloaddition.” ChemBioChem, 2015, 16, 2294-2298.
4. Winter J.M., Cascio D., Dietrich D., Sato M., Watanabe K., Sawaya M.R., Vederas J.C., Tang Y. “Biochemical and structural basis for controlling chemical modularity in fungal polyketide biosynthesis.” J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 9885-9893.
5. Sato M., Yamada H., Hotta K., Noguchi H., Watanabe K. “ Identification and characterization of shanorellin biosynthetic pathway.” MedChemComm, 2015, 6, 425-430.
6. Hotta K., Keegan R.M., Ranganathan S., Fang M., Bibby J., Winn M.D., Sato M., Lian M., Watanabe K., Rigden D.J., Kim C.Y. “Conversion of a disulfide bond into a thioacetal group during echinomycin biosynthesis.” Angew. Chemie. Int. Ed. Engl., 2014, 86, 242-248.
7. Nakazawa T., Ishiuchi K., Sato M., Tsunematsu Y., Sugimoto S., Gotanda Y., Noguchi H., Hotta K., Watanabe K. “Targeted disruption of transcriptional regulators in Chaetomium globosum activates biosynthetic pathways and reveals transcriptional regulator-like behavior of aureonitol.” J. Am. Chem. Soc., 2013, 135, 13446-13455.
8. Winter J.M., Sato M., Sugimoto S., Chiou G., Garg N.K., Tang Y., Watanabe K. “Identification and characterization of the chaetoviridin and chaetomugilin gene cluster in Chaetomium globosum reveal dual functions of an iterative highly-reducing polyketide synthase.” J. Am. Chem. Soc., 2012, 134, 17900-17903.
9. Sato M., Takahashi K., Ochiai Y., Hosaka T., Ochi K., Nabeta K. “Bacterial alarmone, guanosine 5'-diphosphate 3'-diphosphate (ppGpp), predominantly binds the β'subunit of plastid-encoded plastid RNA polymerase in chloroplasts.” ChemBioChem, 2009, 10, 1227-1233.


教育・研究に対する考え方

小さなことからこつこつと。


モバイル表示

PC表示