グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
今磯 純子(IMAISO Junko)
所属・職名
看護学部看護学科(公衆衛生看護学) 准教授
看護学研究科(地域看護学) 准教授(兼務)
Eメールアドレス
junko(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1990年3月 神戸大学文学部西洋比較文学科卒業
1998年3月 大分医科大学(現 大分大学) 医学部看護学科卒業
2008年3月 名古屋大学医学系研究科博士前期課程修了
2012年3月 金沢大学医学系研究科博士後期課程修了


学位

看護学修士(名古屋大学・2008年)
保健学博士(金沢大学・2012年)


専門分野

地域看護学


担当科目

【学部】公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護活動論Ⅰ・Ⅱ、公衆衛生看護管理活動論、公衆衛生看護活動展開の方法演習、公衆衛生基礎実習、公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ、発展看護実習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究
【研究科】研究法Ⅰ、地域看護学特論、地域看護学演習、地域看護学応用実習


主要研究テーマ

・地域における看護職と他職種との連携のあり方に関する研究
・介護者に関する研究


所属学会

日本公衆衛生学会
日本地域看護学会
日本赤十字看護学会
全国高齢者ケア協会
Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing
International Network for Doctoral Education in Nursing, Asian American Pacific Islander Nurses Association


主な経歴

2002年4月 三重県立看護大学 助手
2004年4月 日本赤十字豊田看護大学 助手
2008年4月 石川県立看護大学 講師
2010年4月 石川県立看護大学 准教授
2012年4月 静岡県立大学看護学部 准教授


主な社会活動

 


主要研究業績

○論文
・病院看護師の訪問看護師との連携に関する意識状況分析、病院、66(1)、55-58、2007.
・メンタルヘルスの保健指導に関わる産業保健師の対応に関する考察、日本赤十字豊田看護大学紀要、3(1)、21-25、2007.
・Collaboration between nurses and professional caregivers to provide medical care in Japan, Journal of Community Health Nursing, 26(2), 54-63, 2009.
・Caregiver suctioning education for Japanese patients with an invasive home ventilator, Nursing and Health Sciences, 11, 422-429, 2009.
・Influential factors of long-term care in a Japanese rural community examined through interviews of family caregivers, Journal of Community Health Nursing, 27(1), 23-31, 2010.
・Differences in home-based family caregiving appraisal for caregivers of the elderly in rural and urban Japanese communities. Journal of Community Health Nursing, 29, 25-38, 2012.
・Negative/positive home-based caregiving appraisals by informal carers of the elderly in Japan. Primary Health Care Research & Development, 16, 167-178, 2015.


教育・研究に対する考え方

将来、自律した看護職者として、多様な場で活動できる基盤の育成に努め、共に勉強したいと思っています。


モバイル表示

PC表示