グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:三浦 進司

氏名
三浦 進司(MIURA Shinji)
出生年月
1967年2月
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(栄養化学研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
食品栄養科学部 副学部長
部屋番号
食品栄養科学部棟5509号室
Eメールアドレス
miura(ここに@をいれてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/nutrbioc/index3.html/Home.html
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/62miura.pdf

学歴

1989年3月 京都薬科大学薬学部製薬化学科卒業
1991年3月 京都薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
1996年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士後期課程修了


学位

博士(薬学)(静岡県立大学・1996年)


専門分野

運動生理学、運動生化学、エネルギー代謝、栄養化学、分子栄養学


担当科目

栄養科学概論、基礎栄養学、栄養学総論、栄養機能論、栄養化学、栄養化学実験、栄養科学特論、栄養化学特論


主要研究テーマ

1. 運動や不活動による筋線維特性変化の脂質生化学的解析 〜骨格筋のリポクオリティー〜
2. 筋萎縮を予防する物質の探索とその作用機序の解析
3. 筋線維特性変化が疾病発症におよぼす影響
4. 長期的な食事履歴を反映する血中リン脂質分子種の解析
5. Glycerol-3-phosphate dehydrogenase 1 (GPD1) の栄養素代謝における役割


所属学会

日本体力医学会
日本栄養・食糧学会(中部支部参与)
日本脂質生化学会
American Society for Biochemistry and Molecular Biology


主な経歴

1991年4月 第一製薬株式会社
1998年1月 National Institutes of Health, Visiting Fellow(日本学術振興会海外特別研究員)
2001年5月 国立健康・栄養研究所生活習慣病研究部任期付研究員
2004年4月 国立健康・栄養研究所生活習慣病研究部主任研究員
2006年4月 国立健康・栄養研究所基礎栄養プログラム
       脂質・糖代謝プロジェクトリーダー
2010年6月 首都大学東京客員准教授
2011年4月 国立健康・栄養研究所基礎栄養研究部脂質・糖代謝研究室長
2012年4月 静岡県立大学食品栄養科学部准教授
2014年12月 静岡県立大学食品栄養科学部教授
2015年4月 首都大学東京客員教授


主な社会活動

日本栄養・食糧学会 中部支部参与
静岡県環境衛生科学研究所 研究アドバイザー(顧問)会議委員
静岡県環境衛生科学研究所 倫理審査委員会委員


主要研究業績

最近5年間の業績です。
それ以前の研究業績は栄養化学研究室のホームページを参照してください。
○原著論文
1) Ishikawa, T., Kitaura, Y., Kadota, Y., Morishita, Y., Ota, M., Yamanaka, F., Xu, M., Ikawa, M., Inoue, N., Kawano, F., Nakai, N., Murakami, T., Miura, S., Hatazawa, Y., Kamei, Y., and Shimomura, Y., Muscle-specific deletion of BDK amplifies loss of myofibrillar protein during protein undernutrition. Sci Rep, 7, 39825 (2017).
2) Hatazawa, Y., Minami, K., Yoshimura, R., Onishi, T., Manio, M.C., Inoue, K., Sawada, N., Suzuki, O., Miura, S., and Kamei, Y., Deletion of the transcriptional coactivator PGC1α in skeletal muscles is associated with reduced expression of genes related to oxidative muscle function. Biochem Biophys Res Commun, 481, 251-258 (2016).
3) Sato, T., Yoshida, Y., Morita, A., Mori, N., and Miura, S., Glycerol-3-phosphate dehydrogenase 1 deficiency induces compensatory amino acid metabolism during fasting in mice. Metabolism, 65, 1646-1656 (2016).
4) Yoshimura, R., Minami, K., Matsuda, J., Sawada, N., Miura, S., and Kamei, Y., Phosphorylation of 4EBP by oral leucine administration was suppressed in the skeletal muscle of PGC-1α knockout mice. Biosci Biotech Biochem, 80, 288-290 (2016).
5) Senoo, N., Miyoshi, N., Goto-Inoue, N., Minami, K., Yoshimura, R., Morita, A., Sawada, N., Matsuda, J., Ogawa, Y., Setou, M., Kamei, Y., and Miura, S., PGC-1α-mediated changes in phospholipid profiles of exercise-trained skeletal muscle. J Lipid Res, 56, 2286-2296 (2015).
6) Hatazawa, Y., Senoo, N., Tadaishi, M., Ogawa, Y., Ezaki, O., Kamei, Y., and Miura, S., Metabolomic analysis of the skeletal muscle of mice overexpressing PGC-1α. PLoS ONE, 10(6): e0129084 (2015).
7) Sato, T., Morita, A., Mori, N., and Miura, S., Glycerol 3-phosphate dehydrogenase 1 deficiency enhances exercise capacity due to increased lipid oxidation during strenuous exercise. Biochem Biophys Res Commun, 457, 653-658 (2015).
8) Kano, Y., Miura, S., Eshima, H., Ezaki, O., and Poole, D.C., The effect of PGC-1α on control of microvascular PO2 kinetics following onset of muscle contractions. J Appl Physiol, 117, 163-170 (2014).
9) Sato, T., Morita, A., Mori, N., and Miura, S., The role of glycerol-3-phosphate dehydrogenase 1 in the progression of fatty liver after acute ethanol administration in mice. Biochem Biophys Res Commun, 444, 525-530 (2014).
10) Hatazawa, Y., Tadaishi, M., Nagaike, Y., Morita, A., Ogawa, Y., Ezaki, O., Takai-Igarashi, T., Kitaura, Y., Shimomura, Y., Kamei, Y., Miura, S., PGC-1α-mediated branched-chain amino acid metabolism in the skeletal muscle. PLoS ONE, 9(3): e91006 (2014).
11) Miura, S., Kai, Y., Tadaishi, M., Tokutake, Y., Sakamoto, K., Bruce, C.R., Febbraio, M.A., Kita, K., Chohnan, S., and Ezaki, O., Marked phenotypic differences of endurance performance and exercise-induced oxygen consumption between AMPK and LKB1 deficiency in mouse skeletal muscle – changes occurring in the diaphragm. Am J Physiol Endocrinol Metab, 305, E213-E229 (2013).

○総説など
1) 亀井康富、畑澤幸乃、三浦進司:「食品に秘められたサイエンス第7回:アミノ酸による骨格筋機能の制御」実験医学、35 (3), 495-499 (2017).
2) 佐藤友紀、三浦進司:「糖尿病の療養指導Q&A、“経口摂取したアルコール(エタノール)の吸収、分解、代謝の過程と、エタノールによる脂肪蓄積の仕組みについて教えてください”」、プラクティス, 33 (1), 93-95 (2016).
3) Kamei, Y., Hatazawa, Y., Yoshimura, R., and Miura, S.: PGC-1α, a stimuli-inducible nuclear receptor coactivator: structural features and role in skeletal muscle metabolism gene regulation. RNA and Transcription, 1, 6-9 (2015).
4) 妹尾奈波、三浦進司:「AMPKを介したミトコンドリア活性化のメカニズム」、Anti-Aging Medicine, 11 (3), 371-377 (2015).
5) 三浦進司:運動と体の不思議を探るプロの知識・プロの技術「運動の分子生物学」、健康づくり, 440, 12-15 (2014).
6) Miura, S., Tadaishi, M., Kamei, Y., and Ezaki, O.: Mechanisms of exercise- and training-induced fatty acid oxidation in skeletal muscle. J Phys Fitness Sports Med, 3, 43-53 (2014).
7) 三浦進司:トピックス「Sirt4によるマロニルCoAデカルボキシラーゼの調節が脂質代謝を制御する」、ファルマシア, 50 (4), 347 (2014).
8) 三浦進司:「骨格筋AMPKと糖代謝」、Diabetes Frontier, 24(2), 155-61 (2013).

○書籍
1) 三浦進司:「コンパクト基礎栄養学」近藤雅雄、松崎広志編、朝倉書店 2013; pp 126-139のエネルギー代謝


教育・研究に対する考え方

教育:栄養学は、誰もが平等にその研究成果を享受できる、享受できていることを認識できる学問である。そのため、社会的な関心も高く、その一方で誤った情報が一人歩きしやすい分野でもある。そこで、健康科学に関する正確な情報を得て、その情報が何を意味しているのかを正しく理解し、「誰もが広く、正しく理解できるように」発信できる人材の育成を目指し、健康・長寿社会実現の担い手として社会に貢献してもらうことを目標としている。
研究:遺伝子改変動物などのモデルを用いて、運動や食生活改善がどうしてメタボリックシンドロームなどの疾病発症を予防するのか解明し、各個人に適した運動・食生活改善方法を開発することを目指している。研究室では、自由闊達なディスカッションをし、互いの意見を尊重して研究を進める。その他、プレゼンテーション、コミュニケーション、マネジメントのスキルが身に付くよう心がけている。


研究シーズ集に関するキーワード

ロコモティブシンドローム、筋萎縮、寝たきり、メタボリックシンドローム、骨格筋機能、代謝、食肉、リン脂質


モバイル表示

PC表示