グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:稲井 誠

氏名
稲井 誠(INAI Makoto)
出生年月
1981年8月
所属・職名
薬学部薬学科(医薬品製造化学分野) 講師
薬学研究院(医薬品製造化学研究室) 講師(兼務)
電話番号
054-264-5741
部屋番号
薬学部棟6511号室
Eメールアドレス
makinai(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://us-yakuzo.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/21kan.pdf

学歴

2004年3月 徳島文理大学薬学部薬学科卒業
2009年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科修了


学位

博士(薬学)(静岡県立大学・2009年)


専門分野

有機合成化学、医薬化学


担当科目

有機化学Ⅱ (機器分析)、有機化学Ⅲ、有機化学Ⅳ、化学系薬学実習、総合薬科学研究、基礎・医用工学実習


主要研究テーマ

・生物活性を有する天然物有機化合物の合成
・天然物の生合成経路解明を目的とした機能性分子の創製
・有用な新規合成反応の開発


所属学会

日本薬学会
有機合成化学協会


主な経歴

2009年4月 上原記念生命科学財団 海外留学ポストドクトラルフェローシップ研究員(コロラド州立大学 Robert M. Williams 研究室)
2010年4月 徳島文理大学薬学部 博士研究員
2011年4月 徳島文理大学薬学部 助教
2011年9月 静岡県立大学薬学部 助教
2016年10月 静岡県立大学薬学部 講師


主な社会活動

次世代を担う有機化学シンポジウム 世話人


主要研究業績

“Stereospecific Construction of 2-Vinyl 3-Hydroxybenzopyrane Rings: Total Synthesis of Teadenol A and B” Org. Biomol. Chem. 2016, 14, 10783–10786.
“Practical Total Syntheses of Acromelic Acids A and B” Chem. Pharm. Bull., 2016, 64, 723–732.
“Stereocontrolled Total Syntheses of Optical Active Furofuran Lignans” Synthesis 2015, 47, 3513–3521.
“Ecteinascidins. A Review of the Chemistry, Biology and Clinical Utility of Potent Tetrahydroisoquinoline Antitumor Antibiotics” Nat. Prod. Rep. 2015, 32, 328–347.
“Isolation and total syntheses of cytotoxic cryptolactone A1, A2, B1 and B2: α,β-unsaturated δ-lactones from the aphid Cryptomyzus sp.” J. Nat. Prod. 2014, 77, 2459−2464.
“Total Syntheses of (+)-Sesamin and (+)-Sesaminol” Chem. Lett. 2014, 43, 1572–1574. [Editor’s choice and open access article]
“Stereocontrolled total synthesis of Hedyotol A” Org. Lett. 2014, 16, 1980–1983.
“Practical Total Synthesis of Acromelic acid A and B” Org. Lett. 2014, 16, 1976–1979.
“Total Synthesis of (–)-SB-203207” Org. Lett. 2014, 16, 1646–1649.
“Practical Synthesis of Kainoids: A New Chemical Prove Precursor and a Fluorescent Probe” Org. Lett. 2014, 16, 564−567.
“Stereocontrolled total synthesis of sphingofungin E” Eur. J. Org. Chem. 2013, 6789–6792.
“Chemoselective Hydrogenation Reaction of Unsaturated Bonds in the Presence of o-Nitrobenzenesulfonyl Group” Org. Lett. 2013, 15, 1306–1309.
“Catalytic Desymmetrization of Cyclohexadienes by Asymmetric Bromolactonizatio” Org. Lett. 2012, 14, 6016–6019.
“Viridaphin A1 Glucoside, a Green Pigment Possessing Cytotoxicity and Antibacterial Activity from the Aphid Megoura crassicauda Mordvilko” J. Nat. Prod. 2011, 74, 1812–1816.
“Total Synthesis of (+)-Antimycin A Family” Eur. J. Org. Chem. 2011, 2719–2729.
“PET Imaging Investigation of Nobiletin Based on a Practical Total Synthesis” Chem. Commun. 2011, 47, 2868–2870.
“Synthetic Studies on Palau’amine Construction of the Cyclopentane Core via an Asymmetric 1,3-Dipolar Cycloaddition” Tetrahedron Lett. 2010, 51, 6557–6559.
“Concise Synthesis of Chafurosides A and B” Org. Lett. 2009, 11, 2233–2236.
“Stereocontrolled total synthesis of (–)-myriocin” Tetrahedron: Asymmetry 2008, 19, 2771–2773.


教育・研究に対する考え方

研究を進める上では、刻々と変わる状況を常に客観的に見極める観察力,粘り強く問題に立ち向かいそれを解決する実行力が必要です。天然物合成は、学生の知識,行動力を養うために最適の研究分野の一つであると考えており、これらを基盤として優秀な薬剤師,研究者の輩出に貢献したいと考えています。


研究シーズ集に関するキーワード

天然物全合成、アルカロイド、ポリフェノール、カテキン、ケミカルプローブ


モバイル表示

PC表示