グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:稲井 誠

氏名
稲井 誠(INAI Makoto)
出生年月
1981年8月
所属・職名
薬学部薬学科(医薬品製造化学分野) 講師
薬学研究院(医薬品製造化学研究室) 講師(兼務)
電話番号
054-264-5741
部屋番号
薬学部棟6511号室
Eメールアドレス
makinai@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://us-yakuzo.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_01_021.pdf

学歴

2004年3月 徳島文理大学薬学部薬学科卒業
2009年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科修了

学位

博士(薬学)(静岡県立大学・2009年)

専門分野

有機合成化学、医薬化学

担当科目

有機化学Ⅱ (機器分析)、有機化学Ⅲ、有機化学Ⅳ、化学系薬学実習、総合薬科学研究、基礎・医用工学実習

主要研究テーマ

  • 生物活性を有する天然物有機化合物の合成
  • 天然物の生合成経路解明を目的とした機能性分子の創製
  • 有用な新規合成反応の開発

所属学会

日本薬学会
有機合成化学協会

主な経歴

2009年4月 上原記念生命科学財団 海外留学ポストドクトラルフェローシップ研究員(コロラド州立大学 Robert M. Williams 研究室)
2010年4月 徳島文理大学薬学部 博士研究員
2011年4月 徳島文理大学薬学部 助教
2011年9月 静岡県立大学薬学部 助教
2016年10月 静岡県立大学薬学部 講師

主な社会活動

次世代を担う有機化学シンポジウム 世話人

主要研究業績

  • “Stereospecific Construction of 2-Vinyl 3-Hydroxybenzopyrane Rings: Total Synthesis of Teadenol A and B” Org. Biomol. Chem. 2016, 14, 10783–10786.
  • “Practical Total Syntheses of Acromelic Acids A and B” Chem. Pharm. Bull., 2016, 64, 723–732.
  • “Stereocontrolled Total Syntheses of Optical Active Furofuran Lignans” Synthesis 2015, 47, 3513–3521.
  • “Ecteinascidins. A Review of the Chemistry, Biology and Clinical Utility of Potent Tetrahydroisoquinoline Antitumor Antibiotics” Nat. Prod. Rep. 2015, 32, 328–347.
  • “Isolation and total syntheses of cytotoxic cryptolactone A1, A2, B1 and B2: α,β-unsaturated δ-lactones from the aphid Cryptomyzus sp.” J. Nat. Prod. 2014, 77, 2459−2464.
  • “Total Syntheses of (+)-Sesamin and (+)-Sesaminol” Chem. Lett. 2014, 43, 1572–1574. [Editor’s choice and open access article]
  • “Stereocontrolled total synthesis of Hedyotol A” Org. Lett. 2014, 16, 1980–1983.
  • “Practical Total Synthesis of Acromelic acid A and B” Org. Lett. 2014, 16, 1976–1979.
  • “Total Synthesis of (–)-SB-203207” Org. Lett. 2014, 16, 1646–1649.
  • “Practical Synthesis of Kainoids: A New Chemical Prove Precursor and a Fluorescent Probe” Org. Lett. 2014, 16, 564−567.
  • “Stereocontrolled total synthesis of sphingofungin E” Eur. J. Org. Chem. 2013, 6789–6792.
  • “Chemoselective Hydrogenation Reaction of Unsaturated Bonds in the Presence of o-Nitrobenzenesulfonyl Group” Org. Lett. 2013, 15, 1306–1309.
  • “Catalytic Desymmetrization of Cyclohexadienes by Asymmetric Bromolactonizatio” Org. Lett. 2012, 14, 6016–6019.
  • “Viridaphin A1 Glucoside, a Green Pigment Possessing Cytotoxicity and Antibacterial Activity from the Aphid Megoura crassicauda Mordvilko” J. Nat. Prod. 2011, 74, 1812–1816.
  • “Total Synthesis of (+)-Antimycin A Family” Eur. J. Org. Chem. 2011, 2719–2729.
  • “PET Imaging Investigation of Nobiletin Based on a Practical Total Synthesis” Chem. Commun. 2011, 47, 2868–2870.
  • “Synthetic Studies on Palau’amine Construction of the Cyclopentane Core via an Asymmetric 1,3-Dipolar Cycloaddition” Tetrahedron Lett. 2010, 51, 6557–6559.
  • “Concise Synthesis of Chafurosides A and B” Org. Lett. 2009, 11, 2233–2236.
  • “Stereocontrolled total synthesis of (–)-myriocin” Tetrahedron: Asymmetry 2008, 19, 2771–2773.

教育・研究に対する考え方

研究を進める上では、刻々と変わる状況を常に客観的に見極める観察力,粘り強く問題に立ち向かいそれを解決する実行力が必要です。天然物合成は、学生の知識,行動力を養うために最適の研究分野の一つであると考えており、これらを基盤として優秀な薬剤師,研究者の輩出に貢献したいと考えています。

研究シーズ集に関するキーワード

天然物全合成,アルカロイド,ポリフェノール,カテキン,ケミカルプローブ

モバイル表示

PC表示