グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
吉田 卓矢(YOSHIDA Takuya)
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(臨床栄養学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
Eメールアドレス
t-yoshida(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/clncnutr/index.html

学歴

2006年3月 愛知学泉大学家政学部卒業
2008年3月 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科食品栄養科学専攻博士前期課程修了


学位

博士(食品栄養科学)(静岡県立大学・2015年)


専門分野

臨床栄養学


担当科目

臨床栄養学実験、臨床栄養学実習、生化学実験


主要研究テーマ

・妊娠ホルモンRelaxinによる急性腎不全抑制効果に関する研究
・慢性腎臓病における食事療法と運動療法に関する研究
・食餌中の脂質が慢性腎臓病に及ぼす影響について


所属学会

日本病態栄養学会
日本腎臓リハビリテーション学会


主な経歴

2008年4月 磐田市立総合病院 管理栄養士
2011年6月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教


主な社会活動

 


主要研究業績

Yoshida T, Kumagai H, Kohsaka T, Ikegaya N: Protective effects of relaxin against cisplatin-induced nephrotoxicity in rats. Nephron Exp Nephrol., 128, 9-20, 2014
Yoshida T, Sakuma K, Kumagai H: Nutritional and taste characteristics of low-potassium lettuce developed for patients with chronic kidney diseases. Hong Kong J Nephrol., 16, 42-45, 2014
Yoshida T, Kumagai H, Kohsaka T, Ikegaya N: Relaxin protects against renal ischemia-reperfusion injury. Am J Physiol Renal Physiol. 305: 1169-76, 2013
Shioya M, Yoshida T, Kasai K, Furuya R, Kato A, Mori N, Matsumoto Y, Kumagai H: Inflammatory factors for hypoalbuminemia in Japanese peritoneal dialysis patients. Nephrology (Carlton). 18, 539-44, 2013
Ohkawa S, Yanagida M, Uchikawa T, Yoshida T, Ikegaya N, Kumagai H: Attenuation of the activated mammalian target of rapamycin pathway might be associated with renal function reserve by a low-protein diet in the rat remnant kidney model. Nutr Res. 33:761-71, 2013
Yoshida T, Kumagai H, Suzuki A, Kobayashi N, Ohkawa S, Odamaki M, Kohsaka T, Yamamoto T, Ikegaya N. Relaxin ameliorates salt-sensitive hypertension and renal fibrosis. Nephrol Dial Transplant., 27, 2190-2197, 2012
Ikegaya N, Yoshida T, Kohsaka T, Suzuki A, Kobayashi N, Yamamoto T, Fujigaki Y, Hishida A, Kumagai H: Effects of relaxin of mesangial proliferative nephritis. Ann NY Acad Sci. 1160:300-303, 2009


教育・研究に対する考え方

教育:向上心を持って積極的に学び、そこで得た知識を用いて社会で活躍できる人材を育成したい。
研究:基礎研究から臨床研究まで繋げられる研究をしたい。また学生には研究のおもしろさを伝えたい。


モバイル表示

PC表示