グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:若林 敬二

氏名
若林 敬二(WAKABAYASHI Keiji)
出生年月
1949年3月
所属・職名
食品栄養環境科学研究院 特任教授
食品栄養環境科学研究院附属食品環境研究センター長
電話番号
054-264-5784
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12503号室
Eメールアドレス
kwakabayashi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/86wakabayashi.pdf

学歴

1971年3月 静岡薬科大学薬学部卒業
1977年3月 静岡薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了


学位

薬学博士(静岡薬科大学・1977年)


専門分野

環境発がん、がん予防


担当科目

化学環境特論


主要研究テーマ

・環境中の発がんを促進する化学物質の検索
・環境中の発がんを予防する要因の探索とその応用
・食品の機能性に関する文献検索及び評価


所属学会

日本環境変異原学会(評議員)
日本癌学会
日本生化学会(評議員)
日本がん予防学会
日本薬学会
American Association for Cancer Research


主な経歴

1979年9月~  国立がんセンター研究所集団検診研究部 研究員
1983年4月~  同センター研究所生化学部代謝研究室 研究員
1985年11月~ 同センター研究所発がん研究部発がん促進物質研究室 室長
1994年3月~ 同センター研究所生化学部 部長
1997年4月~ 同センター研究所がん予防研究部 部長
2002年4月~ 同センター研究所副所長
2002年9月~ 同センター研究所がん予防基礎研究プロジェクトリーダー(併任)
2007年4月~ 同センター研究所 所長
2010年5月~ 静岡県立大学食品栄養科学部 客員教授
2011年4月 静岡県立大学環境科学研究所 教授
2014年4月 静岡県立大学 特任教授


主な社会活動

厚生労働省 薬事・食品衛生審議会委員(食品衛生分科会員、添加物部会員)
厚生労働省 化学物質リスク研究事業企画運営委員会委員
厚生労働省 食品の安全確保推進研究事業 中間・事後評価委員会委員
静岡県健康福祉部 静岡県地域がん登録推進委員会委員


主要研究業績

1) Wakabayashi, K., Ochiai, M., Saito, H., Tsuda, M., Suwa, Y., Nagao, M. and Sugimura, T. Presence of 1-methyl-1,2,3,4-tetrahydro-β-carboline-3-carboxylic acid, a precursor of a mutagenic nitroso compound, in soy sauce. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 80: 2912-2916 (1983).
2) Wakabayashi, K., Nagao, M., Esumi, H. and Sugimura, T. Food-derived mutagens and carcinogens. Cancer Res. (Suppl.), 52: 2092s-2098s (1992).
3) Nukaya, H., Yamashita, J., Tsuji, K., Terao, Y., Ohe, T., Sawanishi, H., Katsuhara, T., Kiyokawa, K., Tezuka, M., Oguri, A., Sugimura, T. and Wakabayashi, K. Isolation and chemical-structural determination of a novel aromatic amine mutagen in water from the Nishitakase river in Kyoto. Chem. Res. Toxicol., 10: 1061-1066 (1997).
4) Watanabe, M., Kono, T., Matsushima-Hibiya, Y., Kanazawa, T., Nishisaka, N., Kishimoto, T., Koyama, K., Sugimura, T. and Wakabayashi, K. Molecular cloning of an apoptosis-inducing protein, pierisin, from cabbage butterfly: Possible involvement of ADP-ribosylation in its activity. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 96: 10608-10613 (1999).
5) Watanabe, K., Kawamori, T., Nakatsugi, S., Ohta, T., Ohuchida, S., Yamamoto, H., Maruyama, T., Kondo, K., Ushikubi, F., Narumiya, S., Sugimura, T. and Wakabayashi, K. Role of the prostaglandin E receptor subtype EP1 in colon carcinogenesis. Cancer Res., 59: 5093-5096 (1999).
6) Niho, N., Takahashi, M., Kitamura, T., Shoji, Y., Itoh, M., Noda, T., Sugimura, T. and Wakabayashi, K. Concomitant suppression of hyperlipidemia and intestinal polyp formation in Apc-deficient mice by peroxisome proliferator-activated receptor ligands. Cancer Res., 63: 6090-6095 (2003).
7) Nakano, T., Matsushima-Hibiya, Y., Yamamoto, M., Enomoto, S., Matsumoto, Y., Totsuka, Y., Watanabe, M., Sugimura, T. and Wakabayashi, K. Purification and molecular cloning of a DNA ADP-ribosylating protein, CARP-1, from the edible clam Meretrix lamarckii. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 103: 13652-13657 (2006).
8) Totsuka, Y., Higuchi, T., Imai, T., Nishikawa, A., Nohmi, T., Kato, T., Masuda, S., Kinae, N., Hiyoshi, K., Ogo, S., Kawanishi, M., Yagi, T., Ichinose, T., Fukumori, N., Watanabe, M., Sugimura, T. and Wakabayashi, K. Genotoxicity of nano/microparticles in in vitro micronuclei, in vivo comet and mutation assay systems. Part. Fibre. Toxicol., 6: 23 (2009).
9) Mutoh, M., Teraoka, N., Takasu, S., Takahashi, M., Onuma, K.,Yamamoto, M., Kubota, N., Iseki, T., Kadowaki, T., Sugimura, T., Wakabayashi, K. Loss of adiponectin promotes intestinal carcinogenesis in Min and wild-type mice. Gastroenterology, 140:2000-8 (2011).
10) Ishikawa, H., Mutoh, M., Suzuki, S., Tokudome, S., Saida, Y., Abe, T., Okamura, S., Tajika, M., Joh, T., Tanaka, S., Kudo, S., Matsuda, T., Iimuro, M., Yukawa, T., Takayama, T., Sato, Y., Lee, K., Kitamura, S., Mizuno, M., Sano, Y., Gondo, N., Sugimoto, K., Kusunoki, M., Goto, C., Matsuura, N., Sakai, T., Wakabayashi, K. The preventive effects of low-dose enteric-coated aspirin tablets on the development of colorectal tumors in Asian patients (Randomized Trial). Gut, 63:1755-1759 (2014).


教育・研究に対する考え方

・学生は教科書から学ぶのではなく、人から学ぶこと、すなわち本学の理念である「個を拓き、強い絆で知を発信」を再認識することが重要である。特色ある教育、研究を行い、「あの研究が行なわれている研究室」、「この人がいる研究室」と国内外から知られる場所に人は自ずと集まるものと確信している。
・「健康長寿」、「環境」、「食品栄養」の3つのキーワードを融合した研究を進め、国内のみならず国際的にも注目に値する成果をあげることを目指す。


研究シーズ集に関するキーワード

「食と健康」,「環境と健康」に関連した研究の推進、地域の人達への教育・啓発活動


モバイル表示

PC表示