グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
遠藤 香(ENDOH Kaori)
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(公衆衛生学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
Eメールアドレス
kendoh(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/phealth/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/69kuriki.pdf

学歴

2003年3月 共立女子大学家政学部食物学科卒業
2008年3月 共立女子大学大学院家政学研究科博士課程修了


学位

学術博士(共立女子大学・2008年)


専門分野

栄養学など


担当科目

【学部】公衆衛生学実験、情報科学
【大学院】公衆衛生学特論、栄養科学特論


主要研究テーマ

・日本多施設共同(分子疫学) コーホート研究(J-MICC Study)
・葉酸


所属学会

日本疫学会
日本栄養・食糧学会
日本栄養改善学会
日本ビタミン学会
日本公衆衛生学会
International Epidemiological Association


主な経歴

2008年4月 国立健康・栄養研究所 特別研究員
2009年4月 新潟県立大学人間生活学部 助手


主な社会活動

 


主要研究業績

・Impact of Interactions Between Self-Reported Psychological Stress and Habitual Exercise on the Dietary Intake of Japanese Men and Women: a Large-Scale Cross-Sectional Study
Asian Pac J Cancer Prev, 2016, 17, 2007-17.
・Interactions between self-reported psychological stress and habitual exercise on the dietary intake of Japanese men and women: a large-scale cross-sectional study. Asian Pac J Cancer Prev, in press.
・Association between Smoking Status and Food and Nutrient Consumption in Japanese: a Large-Scale Cross-Sectional Study. Asian Pac J Cancer Prev, 2015, 16, 6527-34.
・Interactions between Psychological Stress and Drinking Status in Relation to Diet among Middle-Aged Men and Women: A Large-Scale Cross-Sectional Study in Japan. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo), 2015, 61, 64-72.
・Green Tea Is a Poor Contributor to Tissue Folate in a Folate Depletion-Repletion Rat Model, Food and Nutrition Sciences, 2013, 4, 136-143.
・鉄過剰負荷ならびにX線全身照射が低タンパク質食摂取マウスの骨髄と肝臓の酸化障害に及ぼす影響,鉄過剰負荷ならびにX線全身照射が低タンパク質食摂取マウスの骨髄と肝臓の酸化障害に及ぼす影響, 2008, 5, 241-245.
・Vulnerability of folate in plasma and bone marrow to total body irradiation in mice, Int J Radiat Biol, 2007, 83, 65-71.
・Low folate status enhanced benzene-induced cytogenetic damage in bone marrow of mice: a relationship between dietary intake and tissue levels of folate, Nutr Cancer, 2007, 59, 99-105.
・Low folate status increases chromosomal damage by X-ray irradiation, Int J Radiat Biol, 2006, 82, 223-30.


教育・研究に対する考え方

教育:食や栄養の専門家を育成するお手伝いをしたいと考えております。
研究:研究活動を通じ、社会に貢献したいと考えております。


研究シーズ集に関するキーワード

血液・尿のバイオバンク、生活習慣病の一次予防、健康寿命の延伸、健康障害の早期発見、バイオマーカーの開発


モバイル表示

PC表示