グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
新井 映子(ARAI Eiko)
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(調理科学研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
電話番号
054-264-5823
部屋番号
食品栄養科学部棟5226号室
Eメールアドレス
earai(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/cooksci/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/73earaiito.pdf

学歴

1978年3月 東京学芸大学教育学部卒業
1980年3月 東京学芸大学教育学研究科修士課程修了


学位

博士(歯学)(長崎大学・1993年)
博士(農学)(東京大学・1994年)


専門分野

調理科学、食品加工学


担当科目

【学部】調理科学、調理科学実験、食材学、食品生命科学実験、静岡地域食材学A、静岡地域食材学B
【大学院】調理科学特論


主要研究テーマ

・穀類の調理特性改変に関する研究
・機能性成分を付加した食物の開発と特性評価に関する研究
・高齢者食や介護食の開発と特性評価に関する研究


所属学会

日本調理科学会(理事) 
日本家政学会
日本咀嚼学会(常任理事,評議員・編集委員会査読委員,学術委員会副委員長)
日本応用糖質科学会(中部支部長,評議員,編集委員会委員)
日本食品科学工学会(中部支部評議員)
日本農芸化学会
日本食物繊維学会
基礎歯科医学会
日本レオロジー学会


主な経歴

1980年4月 東京学芸大学教育学部 助手
1995年4月 島根大学教育学部 助教授
1998年4月 静岡大学教育学部 助教授
2001年4月 静岡大学教育学部 教授
2010年10月 静岡県立大学食品栄養科学部 教授


主な社会活動

2008年~ 静岡市食育推進会議委員


主要研究業績

・Effect of ovalbumin on the quality of gluten-free rice flour bread made with soymilk. LWT - Food Science and Technology, 66, 598-605, 2016.
・Effects of soymilk on rising of gluten-free rice flour bread. Food Sci. Techonol. Res., 20, 1063~1070, 2014
・グルテン構成タンパク質組成がパンの咀嚼・嚥下特性に与える影響.日本調理科学会誌,47, 305~311, 2014
・米ペースト乾燥粉末の性状と米粉部分置換食パンへの利用, 日本食品科学工学会誌,60,425~433,2013
・米粉パンの老化に及ぼすイモ類粉末の影響,日本調理科学会誌,46,254~261,2013
・Soluble fiber viscosity affects both goblet cell number and small intestine mucin secretion in rats: J. Nutr., 139, 1640~1647, 2009
・クッキーの咀嚼・嚥下特性に与えるグルテン構成たんぱく質組成の影響,摂食・嚥下リハ学会誌,10,.142~151,2006
・Effects of harvesting time on sweetness of cooked rice and activity of starch-degradation enzymes of rice grains: Food Sci. Technol. Res., 10, .282~289, 2004
・Effects of weakly electrolyzed water on properties of tofu (soybean curd): Food Sci. Technol. Res., 9, 332~337, 2003
・Effects of weakly electrolyzed water on properties of Japanese wheat noodles (udon): Food Sci. Technol. Res., 9, 320~326, 2003
・Comparison of physical properties of agar, low gel strength agar and gelatin, as supplementary food for people with swallowing difficulty: J. Texture Std., 33, 285~295, 2002
・Effects of early harvesting of grains on taste characteristics of cooked rice: Food Sci. Technol. Res., 6, 252~256, 2000
・嚥下のX線透過測定(ビデオフルオログラフィ):『レオロジーデータハンドブック』,丸善,東京,431~434,2006
・Video-fluorographyを応用した咀嚼中食物の動的解析:『老化抑制と食品=抗酸化・ 脳・咀嚼=』,アイピーシー,東京,339~348,2002


教育・研究に対する考え方

教育:調理・加工の科学を探求することのおもしろさ伝えたい。
研究:嗜好性を備えた機能性食物の開発に力を注ぎたい。


研究シーズ集に関するキーワード

調理・加工、米、米粉、澱粉、パン、粥、咀嚼・嚥下、高齢者食、介護食


モバイル表示

PC表示