グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:三宅 祐一

氏名
三宅 祐一(MIYAKE Yuichi)
出生年月
1978年1月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(大気環境研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5789
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12509号室
Eメールアドレス
y-miyake(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/atmos/lab-01.htm
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/75miyake.pdf

学歴

2000年3月 横浜国立大学工学部物質工学科卒業
2005年3月 横浜国立大学大学院環境情報学府博士後期課程修了


学位

博士(工学)(横浜国立大学・2005年)


専門分野

環境動態解析、環境影響評価、環境政策、分析化学、環境安全工学など


担当科目

環境分析・評価特論(分担)


主要研究テーマ

・有害化学物質の環境動態解析と曝露評価
・有害大気汚染物質の分析法開発と実態評価
・残留性有機汚染物質のリスク評価


所属学会

Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC)
室内環境学会(理事)
環境科学会(幹事)
日本環境化学会(編集副委員長、評議員)
日本水環境学会(水環境保全の国際協力研究委員会 委員)
大気環境学会(室内環境分科会 幹事)
日本分析化学会
廃棄物資源循環学会
環境情報科学センター


主な経歴

2005年5月 独立行政法人産業技術総合研究所 産総研特別研究員
2007年12月 横浜国立大学安心・安全の科学研究教育センター 特任教員(研究教員)
2013年9月~12月 米国Wadsworth Center客員研究員


受賞歴

2011年 公益社団法人 環境科学会 優秀研究企画賞
2013年 公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団 クリタ水・環境科学研究優秀賞
2016年 公益財団法人 鉄鋼環境基金 技術委員長賞


主な社会活動

環境省委託「リスクコミュニケーションのための化学物質ファクトシートの作成検討会」委員(代理)、2007年
経済産業省委託「新規POPs候補物質の分析法の標準化運営委員会」事務局、2007年


主要研究業績

(1) 三宅祐一, 孫 琿玢, 雨谷敬史, ピネン類の個人曝露/室内外濃度とその初期リスク評価, 環境科学会誌, 28, 283-290, 2015.
(2) Amagai T, Bai H, Wang Q, Miyake Y, Noguchi M, Nakai S, Determination of Nicotine Exposure Using Passive Sampler and High Performance Liquid Chromatography, Pharmaceutica Analytica Acta, 6, 339, 2015.
(3) Miyake Y., Kobayashi T., Kameya T., Managaki S., Amagai T., Masunaga S., Comparison study on observed and estimated concentrations of perfluorooctane sulfonate using a fate model in Tokyo Bay of Japan, Journal of Environmental Science and Health, Part A, 49, 770–776, 2014.
(4) Miyake Y., Kobayashi T., Kameya T., Amagai T., Design and Development of Comprehensive Exposure Scenarios to Chemicals, Environment and Natural Resources Journal, 11, 12-20, 2013.
(5) Sakurai K., Miyake Y., Amagai T., Reliable passive-sampling method for determining outdoor 1,3-butadiene concentrations in air, Atmospheric Environment, 80, 198-203, 2013.
(6) Pan J., Yang Y., Zhu X., Yeung L.W.Y., Taniyasu S., Miyake Y., Falandysz J., Yamashita N., Altitudinal distributions of PCDD/Fs, dioxin-like PCBs and PCNs in soil and yak samples from Wolong high mountain area, eastern Tibet-Qinghai Plateau, China, Science of the Total Environment, 444, 102-109, 2013.
(7) Kishida M., Kato Y., Takanashi H., Nakajima T., Ohki A., Miyake Y., Kameya T., Production of Trichloromethylphenol from Organo-phosphorus Pesticide Fenitrothion by Chlorination, Journal of Water and Environment Technology, 8, 185-191, 2010.
(8) Kishida M., Kumabe T., Takanashi H., Nakajima T., Ohki A., Miyake Y., Kameya T., Chlorination by-products of fenitrothion, Water Science & Technology 62, 85-91, 2010.
(9) Miyake Y., Kobayashi T., Inaba K., Watabe I., Kasuya N., Kameya T., Comparison of observed and estimated concentrations of volatile organic compounds using a Gaussian dispersion model in the vicinity of factories: An estimation approach to determine annual average concentrations and human health risks, Journal of Environmental Science and Health, Part A, 45, 527-533, 2010.
(10) Yeung LYW., Miyake Y., Taniyasu S., Wang Y., Yu H., So MK., Jiang G., Wu Y., Li J., Giesy JP., Yamashita N., Lam PKS., Perfluorinated compounds, and total and extractable organic fluorine in human blood samples from China, Environmental Science & Technology, 42, 8140–8145, 2009.
(11) Miyake Y., Jiang Q., Hanari N., Okazawa T., Wyrzykowska B., So MK., Lam PKS., Yamashita N., Preliminary health risk assessment for polybrominated diphenyl ethers, polybrominated biphenyls, and polybrominated dibenzo-p-dioxins/furans in seafood from Guangzhou and Zhoushan, China, Marine Pollution Bulletin, 57, 357-364, 2008.
(12) Miyake Y., Yamashita N., Rostkowski P., So MK., Taniyasu S., Lam PKS., Kannan K., Determination of Trace Levels of Total Fluorine in Water Using Combustion Ion Chromatography for Fluorine: A Mass Balance Approach to Determine Individual Perfluorinated Chemicals in water, Journal of Chromatography A, 1143, 98-104, 2007.
(13) Miyake Y., Yamashita N., So MK., Rostkowski P., Taniyasu S., Lam PKS., Kannan K., Trace analysis of total fluorine in human blood using combustion ion chromatography for fluorine : A mass balance approach for the determination of known and unknown organofluorine compounds, Journal of Chromatography A, 1154, 214-221, 2007.
(14) Miyake Y., Kato M., Urano K., A Method for Measuring Semi- and Non-Volatile Organic Halogens (SNVOXs) by Combustion Ion Chromatography, Journal of Chromatography A, 1139, 63-69, 2007.


教育・研究に対する考え方

社会、他の大学等と積極的に連携して、化学物質の総合的なリスク評価・管理に資する研究・教育活動を行いたい。


研究シーズ集に関するキーワード

化学物質、リスク評価、室内環境、廃棄物管理・処理、PRTR法対応


モバイル表示

PC表示