グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
奥薗 秀樹(OKUZONO Hideki)
所属・職名
国際関係学研究科 准教授
国際関係学部国際言語文化学科 准教授(兼務)
Eメールアドレス
okuzono(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1988年3月 広島大学文学部哲学科卒業
1993年3月 広島大学大学院社会科学研究科博士課程前期修了
2001年3月 九州大学大学院比較社会文化研究科博士後期課程単位修得退学


学位

学術修士(広島大学・1993年)


専門分野

現代韓国政治外交,朝鮮半島をめぐる国際関係


担当科目

アジア地域研究,韓国朝鮮現代史,現代韓国朝鮮論,アジア国際関係論,原典講読(韓国語)


主要研究テーマ

・韓国にとって「民主化」とは何か
・韓国にとっての米国,日本,中国
・韓国による「自主」と「自立/自律」の追求


所属学会

日本国際政治学会
現代韓国朝鮮学会
アジア政経学会


主な経歴

1993年4月 日本放送協会(NHK) 記者
1997年8月 朝日新聞 記者
1999年4月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科 助手
2005年4月 広島国際学院大学現代社会学部 助教授
2009年3月 大韓民国東西大学校国際学部 助教授


主な社会活動

 


主要研究業績

○「韓国司法が揺るがす日韓関係」(『東亜』第559号,2014年1月,霞山会)
○「朴槿恵政権と日韓関係の隘路」(『国際関係・比較文化研究』第12巻第1号,2013年9月,静岡県立大学国際関係学部)
○「内憂外患―試練の韓国朴槿恵政権」(『改革者』第54巻第6号,2013年6月,政策研究フォーラム)
○「朴槿恵政権と日韓関係―その現状と展望」(『インテリジェンス・リポート』第55号,2013年4月,インテリジェンス・クリエイト)
○「李明博大統領竹島訪問の背景と思惑」(『改革者』第53巻第11号,2012年11月,政策研究フォーラム)
○「第18代大統領選挙と韓国政治の新たな潮流」(『インテリジェンス・リポート』第48号,2012年9月,インテリジェンス・クリエイト)
○連載「2012年韓国―総選挙・大統領選挙に向けて」(霞山会ホームページ,2011年6月①~2013年1月⑳,霞山会)
○「盧武鉉政権と米韓同盟の再編」(『国際安全保障』第33巻第3号,2005年12月,国際安全保障学会)
○「盧武鉉政権の二年と米韓同盟の課題」(『東亜』第455号,2005年5月,霞山会)
○「韓国の『核開発疑惑』が投じる波紋」(『東亜』第449号,2004年11月,霞山会)
○「済州島日韓首脳会談と日韓関係の展開」(『東亜』第447号,2004年9月,霞山会)
○「在韓米軍の再編・削減問題と盧武鉉政権」(『東亜』第445号,2004年7月,霞山会)
○「韓国軍のイラク派兵問題と盧武鉉政権」(『東亜』第443号,2004年5月,霞山会)
○「『北朝鮮問題』と日本外交―小泉訪朝をめぐって」(菅英輝編『朝鮮半島―危機から平和構築へ』,2004年4月,社会評論社)
○「朴正煕のナショナリズムと対米依存―『軍事革命政府』による『自立』の追求」(『国際政治』第126号,2001年2月,日本国際政治学会)
○「朝鮮戦争と李承晩―軍部の膨張と政軍癒着」(静岡県立大学国際関係学部編『制度と逸脱』,2000年3月,静岡県立大学国際関係学部)


教育・研究に対する考え方

教育: 歴史の経験から「変わるもの」と「変わらないもの」を認識することができれば,それは現在を理解し将来を見通すうえで大きな力となり得る。歴史を「現在的視点」から見ることで,刻々と変動する「今」を複眼的に捉える目を養いたい。
研究: 現代史を学ぶことで「現在」が抱える問題をあぶり出し,それを整理分析しながら解決策を見出していく。そうした作業を通して,最終的には,時代を超えイデオロギーを超えて,朝鮮半島の歴史の底流に流れ続ける「朝鮮的なるもの」に迫ることができたらと考えている。


モバイル表示

PC表示