グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:伊藤 圭祐

氏名
伊藤 圭祐(ITO Keisuke)
出生年月
1979年8月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品化学研究室) 准教授
食品栄養環境科学研究院 准教授(兼務)
部屋番号
食品栄養科学部棟5403号室
Eメールアドレス
sukeito(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/foodchem/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/401.pdf

学歴

2003年3月 日本獣医畜産大学応用生命科学部食品科学科卒業
2008年3月 東京大学農学生命科学研究科博士課程修了


学位

博士(農学)(東京大学・2008年)


専門分野

食品機能開発化学、ペプチド機能工学、味覚科学


担当科目

食品学総論、食品化学Ⅰ、食品化学Ⅱ、食品化学実験、食品化学特論、食品科学特論(分担)、食品栄養環境科学概論(分担)、食品科学英語II(分担)、バイオインフォマティクス(分担)


主要研究テーマ

・おいしさの分子設計と科学的評価技術の開発
・機能性食品分子の探索・創製技術の開発


所属学会

日本農芸化学会
日本生物工学会
日本食品科学工学会
日本栄養・食糧学会


主な経歴

2008年4月 東京大学 農学生命科学研究科 特任研究員
2009年4月 日本学術振興会 特別研究員PD
2010年4月 静岡県立大学 食品栄養科学部 助教
2016年4月 静岡県立大学 食品栄養科学部 准教授


主な社会活動

 


主要研究業績

1. M. Ohno et al. Peptides 2015 in press
2. VT Lan et al. Food Chem. 2015 15(175) 66-73.
3. VT Lan et al. Peptides 2014 54 166-170.
4. K. Kurose et al. J. Biosci. Bioeng. 2014 in press
5. K. Ito et al. Nature Commun. 2013 4(2502).
6. M. Hoshi et al. BMC Biochemistry 2013 14(16).
7. A. Hikida et al. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2013 430(4) 1217-1222.
8. K. Ito. et al. Biosci. Biotechnol. Biochem. 2012 76(3) 628-631.
9. K. Kimata et al. J. Biosci. Bioeng. 2012 113(2) 154-159.
10. A. Koizumi et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2011 108(40) 16819-16824.
11. K.I. Nakajima et al. Biosci. Biotechnol. Biochem. 2011 75(8) 1600-1602.
12. H. Asada et al. Microb. Cell Fact. 2011 22(10) 24.
13. K.I. Nakajima et al. PLoS ONE 2011 6(4) e19448.
14. N. Tokuda et al. Protein Expr. Purif. 2011 79(1) 81-87.
15. T. Asakura et al. Flav. Fragr. J. 2011 26(4) 274-278.
16. K. Ito et al. J. Mol. Biol. 2011 408(2) 177-186.
17. K. Ito et al. Biotechnol. Lett. 2011 33(1)103-107.
18. K. Ito et al. Biochim. Biophys. Acta - General Subjects 2010 1800(9) 986-992.
19. T. Sakurai et al. J. Biol. Chem. 2010 285(36) 28373-28378.
20. K. Ito et al. Acta Crystallogr. Sect. F Struct. Biol. Cryst. Commun. 2010 66(9) 1086-1088.
21. M. Miyano et al. J. Agric. Food Chem. 2010 58(22)11870-11875.
22. T. Yurugi-Kobayashi et al. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2009 380(2) 271-276.
23. T. Sugawara et al. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2009 382(4) 704-710.
24. Y. Morita et al. Biosci. Biotechnol. Biochem. 2009 73(11) 2552-2555.
25. K.I. Nakajima et al. FASEB J. 2008 22(7) 2323-2330.
26. K. Ito et al. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2008 371(4) 841-845.
27. K. Ito et al. Biochim. Biophys. Acta - Proteins and Proteomics 2007 1774(4) 443-449.
28. A. Koizumi et al. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2007 358(2) 585-589.
29. K. Ito et al. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2007 360(2) 407-411.


教育・研究に対する考え方

教育:専門的な知識・技術の習得に加え、社会に出てからも成長し続けることができる人間基盤の形成をサポートしたい。
研究:食品を分子レベルで捉え、科学と技術、また学術と産業(食生活)の両面を意識した質の高い研究を推進したい。


研究シーズ集に関するキーワード

味覚、苦味マスキング、ペプチドアレイ、客観的な味の評価、味覚受容体、機能性ペプチド、ハイスループット解析、コンビナトリアル化学、分子間相互作用


モバイル表示

PC表示