グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
坂巻 静佳(SAKAMAKI Shizuka)
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 准教授
国際関係学研究科 准教授(兼務)
Eメールアドレス
sakamaki(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/95asakamaki.pdf

学歴

2002年3月 東京大学法学部卒業
2009年3月 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得満期退学


学位

法学博士(東京大学・2010年)(特別優秀賞)


専門分野

国際法


担当科目

国際関係法入門、国際法ⅠA、国際法ⅠB、国際法Ⅱ、国際政治経済特殊研究X、演習ⅠA、演習ⅠB、演習Ⅱ、演習ⅡB、国際法研究I


主要研究テーマ

・国際法上の免除
・海洋法


所属学会

国際法学会
国際法協会日本支部
世界法学会
日本海洋政策学会


主な経歴

2009年4月~9月 東京大学グローバルCOE特任研究員
2009年10月~2017年9月 静岡県立大学国際関係学部講師
2017年10月~ 静岡県立大学国際関係学部准教授


主な社会活動

 


主要研究業績

「重大な人権侵害行為に対する国家免除否定論の展開」『社会科学研究』(東京大学社会科学研究所)第60巻2号(2008年)33~60頁。
「契約における国家の同意にもとづく裁判権免除の否定」『国際法外交雑誌』第108巻1号(2009年)42~65頁。
「不動産に関する裁判手続における国家の裁判権免除」『国際関係・比較文化研究』 (静岡県立大学)第10巻2号(2012年)363~381頁。
「国際司法裁判所『国家の裁判権免除』事件判決の射程と意義」『国際法研究』第1号(2013年)113~141頁。
「軍艦その他の政府公船に対し保護権の行使としてとりうる措置」『日本海洋政策学会誌』第5号(2015年)48~60頁。


教育・研究に対する考え方

教育:自らをはなれてものを見る視点と、自分で考え自分で解決までもっていく力を身につけるための一助となることを目標としています。
研究:当たり前のことを当たり前と思わず、確かめもせずに鵜呑みにせず、常に問いなおしていく姿勢を持ち続けたいと思います。


研究シーズ集に関するキーワード

外国国家、民事裁判手続、商業的取引、労働契約、国連国家免除条約


モバイル表示

PC表示