グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:渡辺 賢二

氏名
渡辺 賢二(WATANABE Kenji)
出生年月
1969年10月
所属・職名
薬学部薬学科(生薬学分野) 教授
薬学研究院(生薬学教室) 教授(兼務)
電話番号
054-264-5662
部屋番号
薬学部棟6206号室
Eメールアドレス
kenji55(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sweb.u-shizuoka-ken.ac.jp/~kenji55-lab
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/22watanabe.pdf

学歴

1996年3月 北海道大学農学部生物機能化学科卒業
1998年3月 北海道大学大学院農学研究科博士前期課程修了
2000年6月 北海道大学大学院農学研究科博士後期課程修了


学位

博士(農学)(北海道大学・2000年)


専門分野

天然物有機化学


担当科目

二次代謝産物の生合成


主要研究テーマ

・有用天然物の生合成


所属学会

日本薬学会
日本農芸化学
日本化学会
アメリカ薬学会
アメリカ化学会


主な経歴

2000年 ウイスコンシン大学マディソン校薬学部 博士研究員
2001年 スタンフォード大学化学部 博士研究員
2003年 北海道大学大学院農学研究科応用生命科学専攻 助手
2004年 南カリフォルニア大学薬学部 Research Assistant Professor
2008年 北海道大学大学院理学研究院化学専攻 特任助教
2008年 岡山大学異分野融合先端研究コア 特任助教
2009年 静岡県立大学薬学研究科 准教授
2016年 静岡県立大学薬学部 教授
現在に至る


受賞歴

2014年 公益財団法人 日本感染症医薬品協会 住木・梅澤記念賞
「抗生物質の化学構造多様性を生み出す酵素の発見とそれら酵素による生物的全合成」
2014年 日本薬学会 学術振興賞
「生物のゲノム情報を活用した有用天然物生合成機構の解明および生物合成」
2009年 日本農芸化学会BBB論文賞(共著)
2008年 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞
「生合成機能の高度異種発現に基づく次世代物質生産」
2006年 第3回 日本農芸化学会 研究企画賞
「生合成工学を用いた抗腫瘍性抗生物質テトラヒドロイソキノリン類の創薬」
2005年 第47回 天然有機化合物討論会 奨励賞
「抗腫瘍性抗生物質echinomycinの酵素的全合成」
2005年 有機合成化学協会 研究企画賞
「天然物生合成を利用したキノキサリン型抗生物質合成システムの構築」
2004年 第4回 天然物化学談話会 奨励賞
「大腸菌によるアンサマイシン型ポリケタイド前駆体の生合成」


主な社会活動

 


主要研究業績

1. Winter, J. M., Cascio, D., Dietrich, D., Sato, M., Watanabe, K., Sawaya, M., Vederas, J. C., Tang, Y. Biochemical and structural basis for controlling chemical modularity in fungal polyketide biosynthesis. J. Am. Chem. Soc., 137, 9885-9893, 2015.
2. Zou, Y., Zhan, Z., Li, D., Tang, M., Watanabe, K., Tang, Y. Tandem prenyltransferases catalyze isoprenoid elongation and complexity generation in biosynthesis of quinolone alkaloids. J. Am. Chem. Soc., 137, 4980-4983, 2015.
3. Wong, F. T., Hotta, K., Chen, X., Fang, M., Watanabe, K., Kim, C. Y. Epoxide hydrolase–lasalocid A structure provides mechanistic insight into polyether natural product biosynthesis. J. Am. Chem. Soc., 137, 86-89, 2015.
4. Ishikawa, N., Tanaka, H., Koyama, F., Noguchi, H., Wang, C. C., Hotta, K., Watanabe, K. Non-heme dioxygenase catalyzes atypical oxidations to form the 6,6-quinolone core of viridicatin-type fungal alkaloid. Angew. Chem. Int. Ed., 53, 12880-12884, 2014.
5. Tsunematsu, Y., Fukutomi, M., Saruwatari, T., Noguchi, H., Hotta, K., Tang, Y., Watanabe, K. Elucidation of pseurotin biosynthetic pathway points to trans-acting C-methyltransferase: generation of chemical diversity. Angew. Chem. Int. Ed., 53, 8475-8479, 2014.
6. Lin, H., Tsunematsu, Y., Dhingra, S., Xu, W., Fukutomi, M., Chooi, Y. H., Cane, D. E., Calvo, A. M., Watanabe, K., Tang, Y. Generation of complexity in fungal terpene biosynthesis: discovery of a mutifunctional cytochrome P450 in the fumagillin pathway. J. Am. Chem. Soc., 136, 4426-4436, 2014.
7. Hotta, K., Keegan, R. M., Ranganathan, S., Fang, M., Bibby, J., Winn, M. D., Sato, M., Lian, M., Watanabe, K., Rigden, D. J., Kim, C. Y. Conversion of a disulfide bond to a thioacetal group during echinomycin biosynthesis. Angew. Chem. Int. Ed., 53, 824-828, 2014.
8. Tsunematsu, Y., Ishikawa, N., Wakana, D., Goda, Y., Noguchi, H., Moriya, H., Hotta, K., Watanabe, K. Distinct mechanisms for spiro-carbon formation reveal biosynthetic pathway crosstalk. Nature Chemical Biology, 9, 818-825, 2013.
9. Nakazawa, T., Ishiuchi, K., Sato, M., Tsunematsu, Y., Sugimoto, S., Gotanda, Y., Noguchi, H., Hotta, K., Watanabe, K. Targeted disruption of transcriptional regulators in Chaetomium globosum activates biosynthetic pathways and reveals transcriptional regulator-like behavior of aureonitol. J. Am. Chem. Soc., 135, 13446-13455, 2013.
10. Ishiuchi, K., Nakazawa, T., Yagishita, F., Mino, T., Noguchi, H., Hotta, K., Watanabe, K.* Combinatorial generation of complexity by redox enzymes in the chaetoglobosin A biosynthesis. J. Am. Chem. Soc., 135, 7371-7377, 2013.
11. Winter, J. M., Sato, M., Sugimoto, S., Chiou, G., Garg, N. K., Tang, Y., Watanabe, K. Identification and characterization of the chaetoviridin and chaetomugilin gene cluster in Chaetomium globosum reveals dual functions of an iterative highly-reducing polyketide synthase. J. Am. Chem. Soc., 134, 17900-17903, 2012.
12. Hotta, K., Chen, X., Paton, R. S., Minami, A., Li, H., Swaminathan, K., Mathews, I. I., Watanabe, K., Oikawa, H., Houk, K. N., Kim, C. Y. Enzymatic catalysis of anti-Baldwin ring-closure in polyether biosynthesis. Nature, 483, 355-359, 2012.


教育・研究に対する考え方

メリハリを持って取り組む


研究シーズ集に関するキーワード

天然物化学、シンセティックバイオロジー、大腸がん原因物質、コリバクチン、大腸がん診断バイオマーカー


モバイル表示

PC表示