グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:小西 英之

氏名
小西 英之(KONISHI Hideyuki)
出生年月
1979年10月
所属・職名
薬学部薬科学科(医薬品化学分野) 講師
薬学研究院(薬化学教室) 講師(兼務)
部屋番号
薬学部棟6505号室
Eメールアドレス
konishi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/yakka/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/37konishi.pdf

学歴

2003年3月 東京大学薬学部薬学科卒業
2008年3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了


学位

薬学博士(東京大学・2008年)


専門分野

有機合成化学、医薬化学


担当科目

有機化学V、薬学英語、科学演習、基礎医用工学実習、化学系薬学実習、実務実習事前学習


主要研究テーマ

・新規毒性ガス等価体の創出
・効率的新規有機合成反応の開発
・簡便さ、実用性を志向した有機合成プロセスの開発
・化学反応機構の解明に関する研究


所属学会

日本薬学会
日本化学会
有機合成化学協会
日本プロセス化学会


主な経歴

2006年4月 日本学術振興会特別研究員
2008年4月 東京大学大学院理学系研究科 博士研究員
2008年6月 米国シカゴ大学化学科 博士研究員
2009年8月 静岡県立大学薬学部 助教
2017年4月 静岡県立大学薬学部 講師


受賞歴

2010年2月 第22回有機合成化学協会富士フイルム研究企画賞
2013年8月 IUPAC Poster Prize
2016年7月 平成28年度有機合成化学協会東海支部奨励賞
2017年3月 平成29年度日本薬学会奨励賞


主な社会活動

次世代を担う有機化学シンポジウム 世話人(2015年~)
ファルマシア トピックス小委員(2017年~)


主要研究業績

Pd-Catalyzed Selective Synthesis of Cyclic Sulfonamides and Sulfinamides Using K2S2O5 as a Sulfur DioxideSurrogate. Org. Lett. 2017, 19, in press.
Practical Synthesis of Axially Chiral Dicarboxylates via Pd-Catalyzed External-CO-Free Carbonylation. Chem. Pharm. Bull. 2016, 64, 1438–1441.
ギ酸誘導体を一酸化炭素源として用いる実用的有機合成、有機合成化学協会誌 2015, 73, 911-922.
Imidazole Derivatives as Accelerators for Ruthenium-Catalyzed Hydroesterification and Hydrocarbamoylation of Alkenes: Extensive Ligand Screening and Mechanistic Study. ChemCatChem 2015, 7, 836-845.
Concise Synthesis of Cyclic Carbonyl Compounds from Haloarenes Using Phenyl Formate as the Carbonyl Source. Chem. Commun. 2015, 51, 1854-1857.
Formic Acid Derivatives as Practical Carbon Monoxide Surrogates for Metal-Catalyzed Carbonylation Reactions. Synlett 2014, 25, 1971-1986. (Account)
毒性の一酸化炭素ガスを使わない化学合成法、ファルマシア 2014, 50, 310-314.
Pd-Catalyzed External-CO-Free Carbonylation: Preparation of 2,4,6-Trichlorophenyl 3,4-Dihydronaphthalene-2-Carboxylate. Org. Synth. 2014, 91, 39-51.
Palladium-Catalyzed Fluorocarbonylation Using N-Formylsaccharin as CO Source: General Access to Carboxylic Acid Derivatives. Org. Lett. 2013, 15, 5370-5373.
Palladium-Catalyzed Reductive Carbonylation of Aryl Halides with N-Formylsaccharin as a CO Source. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 8611-8615.
Trichlorophenyl Formate: Highly Reactive and Easily Accessible Crystalline CO Surrogate for Palladium-Catalyzed Carbonylation of Aryl/Alkenyl Halides and Triflates. Org. Lett. 2012, 14, 5370–5373.
Remarkable Improvement Achieved by Imidazole Derivatives in Ru-Catalyzed Hydroesterification of Alkenes Using Formates. Org. Lett. 2012, 14, 4722–4725.
Preparation of α,β-Unsaturated Esters and Amides via External-CO-Free Palladium-Catalyzed Carbonylation of Alkenyl Tosylates. Tetrahedron Lett. 2012, 53, 5171–5175.
Palladium-Catalyzed Carbonylation of Aryl, Alkenyl, and Allyl Halides with Phenyl Formate. Org. Lett. 2012, 14, 3100–3103.
オリゴアレーンを骨格とする新規触媒の開発研究、化学工業 2010, 61, 679–684.
Site-Selective Cross-Coupling of Dichlorinated Benzo-Fused Nitrogen-Heterocycles with Grignard Reagents. Chem. Pharm. Bull. 2010, 58, 1255-1258.
Enantioselective Alpha-Amination of 1,3-Dicarbonyl Compounds Using Squaramide Derivatives as Hydrogen Bonding Catalysts. Org. Lett. 2010, 12, 2028-2031.
Indium(I)-Catalyzed Asymmetric Allylation, Crotylation, and Alpha-Chloroallylation of Hydrazones with Rare Constitutional and High Configurational Selectivities. Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 1838-1841.
Indium(I) Iodide-Catalyzed Regio- and Diastereoselective Formal Alpha-Addition of an Alpha-Methylallylboronate to N-Acylhydrazones. Chem. Commun. 2008, 2313-2315.
Cyanation of N-Acylhydrazones with Trimethylsilyl Cyanide Promoted by a Brønsted Base and a Lewis Acid. Adv. Synth. Catal. 2005, 347, 1899-1903.
Phosphine Oxides as Efficient Neutral Coordinate-Organocatalysts for Stereoselective Allylation of N-Acylhydrazones. Org. Biomol. Chem. 2004, 2, 446-448.
Chiral Sulfoxides as Neutral Coordinate-Organocatalysts in Asymmetric Allylation of N-Acylhydrazones Using Allyltrichlorosilanes. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 6610-6611.


教育・研究に対する考え方

教育:学習と研究の両面において学生の意欲や興味を伸ばす指導を心がけ、基礎学力、判断力、問題解決能力を備えた優れた研究者・薬剤師を輩出したい。
研究:常に新しいアイデアの模索と吟味を繰り返し、分野を問わず様々な人と議論を積み重ねながら、創薬および合成化学の分野で誰もが使いたいと思うような効率的かつ実用的な有機合成反応の開発に取り組みたい。


研究シーズ集に関するキーワード

ギ酸、ギ酸誘導体、パラジウム、カルボニル化、一酸化炭素、CO、実用的


モバイル表示

PC表示