グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:田中 紫茉子

氏名
田中 紫茉子(TANAKA Shimako)
出生年月
1984年7月
所属・職名
薬学部薬学科(実践薬学分野) 助教
薬学研究院(実践薬学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5234
部屋番号
一般教育棟2405号室
Eメールアドレス
tanaka@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/jissen/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_01_040.pdf

学歴

2007年3月 静岡県立大学薬学部薬学科卒業
2009年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士前期課程修了

学位

薬学博士(静岡県立大学・2014年)

専門分野

薬物動態学、臨床薬物動態学、臨床薬理学

担当科目

実務事前実習、臨床薬学演習、医療とコミュニケーション学

主要研究テーマ

  • 医薬品の個別適正使用を目指した薬物動態・薬物作用解析研究
  • 食品と医薬品および医薬品同士の相互作用に関する研究

所属学会

日本薬学会
日本薬剤学会
日本TDM学会
日本医療薬学会
日本臨床薬理学会
生薬学会

主な経歴

2009年6月 静岡県立大学薬科学科薬品資源学分野助教
2010年12月 静岡県立大学薬学科実践薬学分野助教

受賞歴

2007年 第3回O-CHA国際学会 優秀演題賞
2011年 第32回日本臨床薬理学会年会 優秀演題賞
2013年 11th Conference of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics(EACPT)若手研究者奨励賞
2015年 第36回日本臨床薬理学会年会 優秀演題賞
2017年 小児臨床薬理学会 ポスター賞

主な社会活動

トランスポーター研究会 幹事

主要研究業績

○原著論文
  • Citric acid suppresses the bitter taste of olopatadine hydrochloride orally disintegrating tablets. Biol Pharm Bull, 40, 451-457 (2017).
  • Evaluation of the usability of a newly developed tablet container to aid medication intake for the enhancement of patient adherence. Japanese Journal of Medicine and Pharmaceutical Science, 74, 1071-1078 (2017).
  • Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Comparison of Sildenafil-Bosentan and Sildenafil-Ambrisentan Combination Therapies for Pulmonary Hypertension. Clin Transl Sci. 9(1), 29-35 (2016).
  • Improved palatability of orally disintegrating tablets of mitiglinide calcium hydrate (GLUFAST OD) by combined masking of organoleptic taste and physical taste, and assessment of clinical pharmaceutics. 医学と薬学,73:1-9、(2016).
  • Clinical efficacy of levothyroxine suppository in patients with hypothyroidism and its pharmacokinetics. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 37, 666-670 (2014).
  • Simultaneous and comprehensive in vivo analysis of cytochrome P450 activity by using a cocktail approach in rats. Biopharmaceutics and Drug Disposition, 35, 228-236 (2014).
  • Simultaneous LC-MS/MS analysis of the plasma concentrations of a cocktail of 5 cytochrome P450 substrate drugs and their metabolites. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 37, 18–25 (2014).
  • Chronological effects of rifampicin discontinuation on cytochrome P450 activity in healthy Japanese volunteers, using the cocktail method. Clinical Pharmacology and Therapeutics, 94, 702–708 (2013).
  • Comparison of inhibitory duration of grapefruit juice on organic anion-transporting polypeptide and CYP3A4. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 36, 1936-1941 (2013).
  • Short-term drug-drug interaction between sildenafil and bosentan under long-term use in patients with pulmonary arterial hypertension. Pharmacology and Pharmacy, 4, 542-548 (2013).
  • フェキソフェナジン塩酸塩DS6%「トーワ」と飲食物との配合における服用感の検討. アレルギーの臨床, 33, 71-75 (2013).
  • Quantitation of chafurosides A and B in tea leaves and isolation of prechafurosides A and B from oolong tea leaves. Journal of Agricultural and Food Chemistry, 57, 6779-6786 (2009).

○総説
  • 1滴の血で薬物代謝酵素活性を評価. ファルマシア, 51, pp.163 (2015).
  • カクテル試験を用いた薬物相互作用の網羅的解析法の確立と応用、PROGRESS IN DRUG DELIVERY SYSTEM, XXIII, 21-26 (2014).
  • 薬物相互作用検出のためのin vivoでのラットおよび健常人対象試験、Jpn. J. Clin. Pharmacol. Ther.、43、263-264 (2012).

教育・研究に対する考え方

教育:学生と考え、問題を解決し発見をすることで、共に成長していきたい。また、自ら問題を提起し、解決しようという意欲を持てるようにする。
研究: 医薬品と食品の相互作用を解明し、副作用の発現や不必要な薬物・食品の使用制限の回避につながるような、臨床の場に応用できる研究をしていきたい。

研究シーズ集に関するキーワード

薬物動態,臨床効果,副作用,PK/PD解析,薬物相互作用,バイオアベイラビリティ,代謝酵素,トランスポーター,カクテル試験

モバイル表示

PC表示