グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
影山 葉子(KAGEYAMA Yoko)
所属・職名
看護学部看護学科(成人看護学) 助教
Eメールアドレス
y-kageya(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1990年3月 神奈川県立衛生短期大学卒業
2001年3月 フェリス女学院大学国際交流学部国際交流学科卒業
2004年3月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科国際関係学専攻国際行動分野修了
2017年3月 名古屋大学大学院医学系研究科博士課程後期課程看護学専攻修了


学位

国際関係学修士(静岡県立大学・2004年)
看護学博士(名古屋大学・2017年)


専門分野

家族看護学、成人看護学


担当科目

成人看護学演習、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ


主要研究テーマ

・代理意思決定者としての家族に関するテーマ
・看護師の家族の捉えかたに関するテーマ
・退院支援に関するテーマ


所属学会

国際看護研究会
日本家族看護学会
日本家族社会学会
日本看護学教育学会
日本看護医療学会
日本看護研究学会
日本看護科学学会


主な経歴

1990年4月~1995年3月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院勤務
1995年6月~1995年12月 県西部浜松医療センター勤務
1997年3月~2001年3月 恩賜財団済生会横浜市南部病院勤務
2001年4月~2001年9月 藤沢市立看護専門学校非常勤講師
2004年4月~2009年4月 静岡県立総合病院勤務
2009年5月~2016年3月 静岡県立大学短期大学部看護学科 助教
2016年4月~  静岡県立大学看護学部 助教


主な社会活動

静岡県看護協会学術研究推進委員会委員(2007年4月~2009年4月)


主要研究業績

・影山葉子:家族の意思決定を支援する退院調整看護師の「折り合いをつける」実践知の記述的研究、博士学位論文:2017
・影山葉子:看護におけるshared decision-makingの実践とその責任-代理意思決定者としての家族への支援を通して-、同志社アメリカ研究、(in press)
・Yoko Kageyama and Midori Asano. Thinking about the patient’s wishes: practical wisdom of discharge planning nurse in assisting surrogate decision-making. Scandinavian Journal of Caring Sciences (early view) doi: 10.1111/scs.12399
・影山葉子,浅野みどり:家族への退院支援に関する国内文献レビュー(第1報)-退院における家族への意思決定支援に焦点を当てて-,家族看護学研究,20(2):93-105,2015
・影山葉子,浅野みどり:家族への退院支援に関する国内文献レビュー(第2報)-退院調整看護師に関するこれまでの研究と家族への退院支援に関する今後の研究課題-,家族看護学研究,20(2):106-116,2015
・杉本なおみ,野村亨,影山葉子,大西弘高:Pelangi:異文化協働準備教育用シリアスゲーム,医療職の能力開発,2(1):55-68,2013
・影山葉子:看護学生が感じる患者の家族との関わりの難しさ,静岡県立大学短期大学部研究紀要,25:1-14,2012
・影山葉子:看護学生の家族の捉え方からみえてきたもの-病院実習で訴える家族との関わりの難しさに注目して-,2011年度フェリス女学院大学学内研究 労働とジェンダー-「再帰的近代化」の視点から- 報告書:5-12,2012
・影山葉子:看護実践の中のキテイのエッセンス,2011年度フェリス女学院大学学内研究 労働とジェンダー-「再帰的近代化」の視点から- 報告書:43-57,2012
・影山葉子:高齢者在宅介護における介護保険制度の介入-コミュニケーションに困難を伴う高齢者の身体をみつめる介護する家族のまなざしから-,修士学位論文:2004
・影山葉子:第Ⅱ章 診療の補助に必要な数値,(恩賜財団済生会横浜市南部病院看護部 編),NEWベッドサイドの数値表,22-27,学習研究社,東京,2000(新訂版)


教育・研究に対する考え方

教育:今までの臨床経験を生かして、いろいろな意味での“リアル”な看護を伝えたい。
研究:学生・現場の看護師・患者さん・ご家族と共に、楽しく看護を探求してゆきたい。


モバイル表示

PC表示