グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:眞鍋 敬

氏名
眞鍋 敬(MANABE Kei)
所属・職名
薬学部薬科学科(医薬品化学分野) 教授
薬学研究院(薬化学研究室) 教授(兼務)
学生部長
部屋番号
薬学部棟6502号室
Eメールアドレス
manabe(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/yakka/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/36manabe.pdf

学歴

1988年3月 東京大学薬学部卒業
1993年3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了


学位

博士(薬学)(東京大学・1993年)


専門分野

有機化学


担当科目

化学入門、有機化学Ⅱ、有機反応論、有機化学演習 大学院:薬化学特論、薬化学演習、薬化学特別実験


主要研究テーマ

・新規化学合成法の開発研究
・触媒反応の研究
・機能性物質の合成研究


所属学会

日本薬学会
日本化学会
有機合成化学協会
アメリカ化学会


主な経歴

1993年 東京大学薬学部 助手
1993年~1995年 コロンビア大学化学科 博士研究員
1995年~2005年 東京大学大学院薬学系研究科 助手・講師・助教授
2005年~2009年 理化学研究所 独立主幹研究員
2009年4月 静岡県立大学薬学部教授


受賞歴

平成10年度 (第11回)有機合成化学協会 東レ研究企画賞
平成13年度 日本薬学会奨励賞


主な社会活動

日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員(平成18,19年度)
日本化学会 「化学と教育」誌編集委員(平成19,20年度)
有機合成化学協会 編集委員(平成18,19年度)
日本薬学会 薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に関する調査研究チーム委員(平成24年度)
静岡県労働基準協会連合会 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習講師(平成25年度~)
Chemistry Letters誌編集委員(平成25年度~)
大学入試センター 教科科目第一委員会委員(平成25,26年度)
日本薬学会 代議員(平成25年度~)
厚生労働省 薬剤師試験委員(平成25~28年度)
Editorial Board of Catalysts(平成26年~)
厚生労働省 医道審議会専門委員(平成28年~)


主要研究業績

Konishi, H.; Hoshino, F.; Manabe, K. “Practical Synthesis of Axially Chiral Dicarboxylates via Pd-Catalyzed External-CO-Free Carbonylation” Chem. Pharm. Bull. 2016, 64, 1438-1441.
Yamaguchi, M.; Akiyama, T.; Sasou, H.; Katsumata, H., Manabe, K. “One-Pot Synthesis of Substituted Benzo[b]furans and Indoles from Dichlorophenols/Dichloroanilines Using a Palladium-Dihydroxyterphenylphosphine Catalyst” J. Org. Chem. 2016, 81, 5450–5463.
Yamaguchi, M.; Higuchi, M.; Tazawa, K.; Manabe, K. “Three-Step Synthesis of Fluoranthenes through Pd-Catalyzed Inter and Intramolecular C−H Arylation” J. Org. Chem. 2016, 81, 3967-3974.
Konishi, H.; Nagase, H.; Manabe, K. “Concise Synthesis of Cyclic Carbonyl Compounds from Haloarenes Using Phenyl Formate as the Carbonyl Source” Chem. Commun. 2015, 51, 1854-1857.
Yamaguchi, M.; Manabe, K. “One-pot Synthesis of 2,4-Disubstituted Indoles from N-Tosyl-2,3-dichloroaniline Using Palladium-Dihydroxyterphenylphosphine Catalyst” Org. Lett. 2014, 16, 2386-2389.
Konishi, H.; Ueda, T.; Manabe, K. “Pd-Catalyzed External-CO-Free Carbonylation: Preparation of 2,4,6-Trichlorophenyl 3,4-Dihydronaphthalene-2-Carboxylate” Org. Synth. 2014, 91, 39-51.
Ueda, T.; Konishi, H.; Manabe, K. “Palladium-Catalyzed Fluorocarbonylation Using N-Formylsaccharin as CO Source: General Access to Carboxylic Acid Derivatives” Org. Lett. 2013, 15, 5370-5373.
Yamaguchi, M.; Katsumata, H.; Manabe, K. “One-Pot Synthesis of Substituted Benzo[b]furans from Mono- and Dichlorophenols Using Palladium Catalysts Bearing Dihydroxyterphenylphosphine” J. Org. Chem. 2013, 78, 9270-9281.
Ueda, T.; Konishi, H.; Manabe, K. “Palladium-Catalyzed Reductive Carbonylation of Aryl Halides with N-Formylsaccharin as a CO Source” Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 8611-8615.
Manabe, K.; Kimura, T. “Repetitive Synthetic Method for o,o,p-Oligophenylenes Using C−H Arylation” Org. Lett. 2013, 15, 374-377.
Ueda, T.; Konishi, H.; Manabe, K. “Trichlorophenyl Formate: Highly Reactive and Easily Accessible Crystalline CO Surrogate for Palladium-Catalyzed Carbonylation of Aryl/Alkenyl Halides and Triflates” Org. Lett. 2012, 14, 5370-5373.
Konishi, H.; Ueda, T.; Muto, T.; Manabe, K. “Remarkable Improvement Achieved by Imidazole Derivatives in Ruthenium-Catalyzed Hydroesterification of Alkenes Using Formates” Org. Lett. 2012, 14, 4722-4725.
Ueda, T.; Konishi, H.; Manabe, K. “Palladium-Catalyzed Carbonylation of Aryl, Alkenyl, and Allyl Halides with Phenyl Formate” Org. Lett. 2012, 14, 3100-3103.
Manabe, K.; Ohba, M.; Matsushima, Y. “A Repetitive One-Step Method for Oligoarene Synthesis Using Catalyst-Controlled Chemoselective Cross-Coupling” Org. Lett. 2011, 13, 2436-2439.
Ishikawa, S.; Manabe, K. “DHTP Ligands for the Highly Ortho-Selective, Palladium-Catalyzed Cross-Coupling with Grignard Reagents: A Conformational Approach for Catalyst Improvement” Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 772-775.


教育・研究に対する考え方

教育について:
学生たちが「化学の実力」を身につけられるように、効果的な指導法を追究していきたいと思っています。
「きびしく」かつ「愛情をもって」教育にあたりたいと考えています。
研究について:
私は、分子を思い通りに変換するような「高機能性触媒」を創り出したいと考えています。この触媒が将来、医薬品などの有用物質の合成法を根本的に改良することを期待していますし、さらに、この研究が、分子の性質・挙動の理解に大いに役立つと確信しています。
一緒に夢を追いかけませんか?


研究シーズ集に関するキーワード

有機合成化学、触媒、有機反応、遷移金属、配位子、選択的反応、人工酵素


モバイル表示

PC表示