グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:ディハーン ジョナサン ウィリアム

氏名
ディハーン ジョナサン ウィリアム(DEHAAN Jonathan William)
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 准教授
部屋番号
国際関係学部棟3505号室
Eメールアドレス
dehaan(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://sites.google.com/site/gamelabshizuoka/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/108dehan.pdf

学歴

1997年6月 ドート大学英文学科卒業
2002年12月 ミシガン州立大学TESOL修士課程修了
2008年8月 ニューヨーク大学教育学大学院教育コミュニケーション・教育工学学科博士課程修了


学位

Ph.D.(教育コミュニケーション・教育工学)(ニューヨーク大学・2008年)
M.A. (TESOL)(ミシガン州立大学・2002年)
B.A. (英文学) (ドート大学・1997年)


専門分野

教育ゲームとシミュレーション、 第二言語習得・教授法、ゲームデザイン、ゲーム文化、未来技術、教育心理、教育設計、教育改革、ゲームリテラシー


担当科目

【学部】英語プレゼンテーションA・B、原典講読ⅡB、英語コミュニケーションA・B、英語で読む英米文化入門B、Seminar Ⅰ・Ⅱ
【大学院】英語表現法研究


主要研究テーマ

ゲームと社会と学習の可能性


所属学会

 


主な経歴

2001年5月 ミシガン州立大学付属語学学校講師(米国)
2003年4月 神田外語大学講師
2004年9月 ニューヨーク大学特別研究員(米国)
2007年4月 会津大学准教授
2009年4月 静岡県立大学准教授


主な社会活動

 


主要研究業績

○Edited Books
deHaan, J. (Ed.) (2013). Game Camp: Out-of-School Language and Literacy Development. Common Ground Press: Chicago, USA.
deHaan, J. (Ed.) (2013). Video Games and Second Language Acquisition: 6 Case Studies. Common Ground Press: Chicago, USA.

○Book Chapters
deHaan, Jonathan & Johnson, N. (2012). Second language strategic interactions using emerging technologies and experiential learning. In J. Jia (Ed.) Educational Stages and Interactive Learning: From Kindergarten to Workplace Training, Chapter 18, pp. 306-330. IGI Group.
deHaan, J. (2005). Language learning through video games: A theoretical framework, an analysis of game genres and questions for future research. In S. Schaffer & M. Price (Eds.), Interactive Convergence: Critical Issues in Multimedia (vol. 10), Chapter 14, pp. 229-239. Interdisciplinary Press.

○Refereed Journal Articles
Sato, A. & deHaan, J. (2016). Applying an experiential learning model to the teaching of gateway strategy board games. International Journal of Instruction, 9(1), 1-16.
Masuda, R. & deHaan, J. (2015). Language in game rules and game play: A study of emergence in Pandemic. International Journal of English Linguistics, 5(6), 1-10.
deHaan, Jonathan & Aoki, Katsuto. (2013) University students' experiences of communicative TOEIC activities. The International Journal of Learning in Higher Education, Volume 19, 3, 43-53.
Rhoads, K., & deHaan, J. (2013). Enhancing student self-study attitude and activity with motivational techniques. Studies in Self-Access Learning Journal, 4(3), 175-195.
deHaan, Jonathan, Johnson, Neil H., Yoshimura, Noriko, Kondo, Takako. (2012). Wiki and digital video use in strategic interaction-based experiential EFL learning. CALICO Journal, Volume 29(2), 249-268.
deHaan, Jonathan & Johnson, N. (2012). Enhancing the scenario: Emerging technologies and experiential learning in second language instructional design. The International Journal of Learning, Volume 18(4), 321-334.
Johnson, Neil & deHaan, Jonathan. (2011). Second language development through technology mediated strategic interaction. Asian EFL Journal, Volume 14(4), Article 3.
deHaan, J. (2011). Teaching and learning English through digital game projects. Digital Culture & Education, 3:1, 66-75.
deHaan, J & Kono, F. (2010). The effect of interactivity with WarioWare minigames on second language vocabulary learning. Journal of Digital Games Research, Volume 4(2), 47-59.
deHaan, J., Reed, W.M., Kuwada, K. (2010). The effect of interactivity with a music video game on second language vocabulary recall. Language Learning and Technology, 14(2), 74-94.
deHaan, J. (2005). Acquisition of Japanese as a foreign language through a baseball video game. Foreign Language Annals, 38(2), 278-282.


教育・研究に対する考え方

第二外国語教育の向上に寄与すべく、教室で、地域社会で、家庭で、またテクノロジーにおいて、楽しく効果的に外国語を学習・指導する方法を研究し、その実践に取り組んでいます。


研究シーズ集に関するキーワード

教育ゲーム、ゲームデザイン、教授法、生涯学習、教育改革、コミュニティ(地域)、クリエイティビティ(創作性)、クリティカルシンキング(批判的思考法)、第二言語習得


モバイル表示

PC表示