グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:金澤 寛明

氏名
金澤 寛明(KANAZAWA Hiroaki)
出生年月
1961年2月
所属・職名
看護学部看護学科(専門基礎領域) 教授
看護学研究科(基礎医学領域) 教授(兼務)
看護学部長
電話番号
054-264-5464
部屋番号
看護学部棟(草薙キャンパス)13204号室
Eメールアドレス
kanazawa(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/137akanazawa.pdf

学歴

1987年3月 新潟大学医学部医学科卒業
1989年3月 新潟大学大学院医学研究科博士課程生理系専攻中途退学


学位

医学博士(新潟大学・1994年)


専門分野

解剖学・組織学


担当科目

機能形態学Ⅰ,Ⅱ(看護学部)、基礎健康科学実習(看護学部)、病理学(看護学部)、看護統合セミナー(看護学部)、生体構造機能論(看護院修士)、解剖生理学(食品栄養科学部栄養生命科学科)、解剖生理学実験(食品栄養科学部栄養生命科学科)


主要研究テーマ

・味蕾の超微形態-特に、細胞型、味覚受容と口腔内環境の関連等
・組織学
・解剖学全般


所属学会

日本解剖学会(評議員)
日本味と匂学会
日本循環器学会
日本放射線技術学会
日本両生類学会
日本生体医工学会


主な経歴

1989年3月 新潟大学医学部 助手(第3解剖)
1996年7月 新潟大学医学部 講師(第3解剖)
1998年4月 名古屋大学医学部保健学科 講師(放射線技術学専攻)
2002年4月 名古屋大学医学部保健学科 助教授(放射線技術学専攻)
2004年4月 富山医科薬科大学医学部医学科 助教授(解剖学)
2005年4月 静岡県立大学看護学部看護学科 教授(機能形態学)


主な社会活動

 


主要研究業績

○論文
1) Visualization of sialidase activity in Mammalian tissues and cancer detection with a novel fluorescent sialidase substrate. PLoS One, Vol.9(1): e81941, 2014.
2) Improvement of depression-like behavior and memory impairment with the ethanol extract of Pleurotus eryngii in ovariectomized rats. Vol.36(12), 1990-5, 2013.
3) Dysregulation of dimethylargininedimethylaminohydrolase/asymmetric dimethylarginine pathway in rat type II diabetic nephropathy. J Clin Biochem Nutr. Vol. 51 (2): 143-9, 2012.
4) The rational design of a synthetic polymer nanoparticle that neutralizes a toxic peptide in vivo. Proc. Natl. Acad. Sci., 109(1), 33-38, 2012.
5) Imaging of sialidase activity in rat brain sections by a highly sensitive fluorescent histochemical method. Neuroimage, 58(1), 34-40, 2011.
6) PET imaging of brain cancer with positron emitter-labeled liposomes. Int. J. Pharm., 403, 170-177, 2011.
7) Benefical Effects of Growth Hormone-Releasing Peptide on Myocardial Oxidative Stress and Left Ventricular Dysfunction in Dilated Cardiomyopathic Hamsters. Circ J., Vol. 74, No.1 p. 163-170, 2010.
8) Involvement of DNA fragmentation of enterocytes in mucosal injury to a mouse jejunum incubated in ussing chambers. Nagoya J Med Sci. Vol. 71 No.1-2 p.11-18, 2009.
9) Effect of the organophosphorus pesticide diazinon on glucose tolerance in type 2 diabetic rats. Toxicol Lett. Vol. 182, No. 1-3, p.42-47, 2008.
10) Metallothionein-3 is expressed in the brain and various peripheral organs of the rat. Neurosci Lett. Vol.438, No.1, p.54-58, 2008.
11) Growth hormone-releasing peptide can improve left ventricular dysfunction and attenuate dilation in dilated cardiomyopathic hamsters. Cardiovasc Res. Vol. 61, No. 1, p.30-38, 2004.
12) ラットの味蕾内におけるメタロチオネインの局在、日本味と匂学会誌Vol.9, No. 3, p.601-602, 2002.
13)The taste bud and its innervation in the rat as studied by immunohistochemistry for PGP9.5. Arch Histol Cytol.,Vol.59, No.4, p. 357-367, 1996.
14) 黄色ブドウ球菌エンテロトキシンAによる腸液分泌と腸クロム親和細胞(EC細胞)、消化管ホルモン XIII, p.73-80,1995.
15) Fine structure of the canine taste bud with special reference to gustatory cell functions. Arch Histol Cytol.,Vol.56, No.5, p. 533-548, 1993.

○著書
1) 人体の構造と機能 はじめての解剖生理学 —講義と実習— 南江堂 2013年
2) 新版 基礎からの臨床医学:第II部 第1章 病態の基礎、名古屋大学出版会、p.66-77、2013年
3) カラー基本解剖アトラス 西村書店〔翻訳〕 2011年
4) カラー人体図鑑―ビジュアル・アナトミー 西村書店〔翻訳〕2010年
5) ロス&ウイルソン健康と病気のしくみがわかる解剖生理学 改訂版 第10章 呼吸器系 上気道の疾患、西村書店、p.266-277、〔翻訳〕2008年
6) 組織細胞生物学:第IV部 消化器系、南江堂、p.391-474、〔翻訳〕2006年


教育・研究に対する考え方

教育:学生が常に「なぜ、どうして」という気持ちをもってヒトの体や現象を見られるようにしたい。
研究:個々の生命現象を常に、生命体、ひいては生物界の中での役割は何であるかということを考えながら探りたい。


研究シーズ集に関するキーワード

機能形態学、ミクロからマクロまで


モバイル表示

PC表示