グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
東野 定律(HIGASHINO Sadanori)
所属・職名
経営情報学部経営情報学科 准教授
経営情報イノベーション研究科 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5443
部屋番号
経営情報学部棟4403号室
Eメールアドレス
sadanori(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/135higashino.pdf

学歴

1997年3月 上智大学理工学部機械工学科卒業
1999年3月 日本大学理工学研究科医療・福祉工学専攻修士課程修了
2005年3月 淑徳大学社会学研究科社会福祉学専攻博士課程修了


学位

修士(工学:日本大学大学院理工学研究科医療福祉工学専攻)
博士(社会福祉学:淑徳大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻)


専門分野

介護保険、介護情報、社会福祉学


担当科目

介護福祉マネジメント論、基礎統計学Ⅰ、基礎統計学Ⅱ、基礎統計学演習、介護福祉マネジメント特論、介護福祉情報処理特論


主要研究テーマ

・地域包括ケアシステムにおける人材評価シートの開発に関する研究
・介護負担感を軽減するための福祉サービスの開発とその効果に関する研究
・介護保険施設における介護職員の労働環境改善に関する基礎的研究
・看護必要度評価者養成のための教育研修体系の開発に関する研究


所属学会

日本介護経営学会
日本介護情報学会
日本医療・病院管理学会 など


主な経歴

1999年 国立医療・病院管理研究所 非常勤職員および協力研究員
2001年 国立医療・病院管理研究所 医療経済研究部協力研究員
2002年 国立保健医療科学院 福祉サービス部協力研究員
2005年 国立保健医療科学院 福祉サービス部 福祉技術開発室 研究員(厚生労働技官)
2008年 静岡県立大学経営情報学部経営情報学科 講師
2015年 静岡県立大学経営情報学部経営情報学科 准教授


主な社会活動

国立保健医療科学院福祉サービス部 客員研究員
静岡県静岡市地域包括支援センター運営協議会委員
静岡県静岡市駿河区地域包括支援センター運営部会委員
介護職員の資質向上(キャリアパス)におけるスキルの評価等の有効性に関する調査研究事業に関する研究委員


主要研究業績

○学術論文
・東野定律,大夛賀政昭,筒井孝子;地域包括ケアシステムにおける認知症ケアの現状と課題,地域ケアリング,Vol.15,No6, 51-55p
・東野定律,筒井孝子,大夛賀政昭,筒井澄栄,小山秀夫,高橋紘士.介護保険実施状況の自治体格差を規定する要因に関する研究 介護経営.Vol.6(1), p78-90,2011
・筒井孝子,大夛賀政昭,東野定律,山内康弘,高橋紘士.地域包括ケアシステムの経年的な整備状況とその関連要因に関する研究-地域包括支援センターの整備実態と介護保険料の変動-.福祉情報研究8,2010
・東野定律,筒井孝子,大夛賀政昭.認知症対応型グループホーム入所高齢者のBPSD等の状態と提供されるケア内容の関連に関する研究.介護経営vol.5,no.1,p15-25,2010.11
・東野定律;地域における認知症高齢者の福祉用具サービス利用評価とその効果に関する研究。経営と情報Vol.23(1), p105-116,2011
・東野定律;在宅要援護高齢者の問題行動と主介護者の負担感の関係,日本保健科学学会誌,Vol.7,No.4,p 250-256,2005
・東野定律;要援護高齢者の家族員における介護負担感の測定,厚生の指標,Vol.51,No4, p 18-23, 2004

○著書
・看護必要度-看護サービスの新たな評価基準 第4版,日本看護協会出版会,東京,p132
-157,p174-184,2010
・マネジメントツールとしての看護必要度―エビデンスに基づく看護配置―第2版,中山書店, p 51-93,2008


教育・研究に対する考え方

臨床現場で得た知識や発見を問題解決に利用するために分析を行い、分析で得た内容をわかりやすく伝え、なおかつ現場の方々に活かせる方法を提案することを共に学びたいと考えています。


研究シーズ集に関するキーワード

介護保険、地域包括ケアシステム、介護人材の確保


モバイル表示

PC表示